□■ top > ゲームレビューの殿堂 > た行 □■

☆投稿する☆

デビルサマナー ソウルハッカーズ 3DS


1997年にセガサターンで発売された3DダンジョンRPGを、2012年に3DSでリメイク。

現在の基準に合わせて調整がなされており、一度仲魔にした悪魔は、対価を払うことで再度仲魔に入れることができます。
これがあると無いとじゃ全然違いますからね。今更無しには戻れないです。
また、いつでも難易度変更が可能だったりして、この手のゲームが初めての人でもクリアできるレベルかと思います。

『真・女神転生デビルサマナー』の続編で、ストーリー的にも多少繋がりがあります。
ただ、無理やり感がありありで、お世辞にも上手く繋がっているとは言えませんので、特に前作を遊んでいなくても問題ないかと思います。

システム的には前作の不満点がほぼ全て改善されています。
マップがややこしすぎる、仲魔になりづらい、忠誠度が上がりづらい、お店巡りが面倒、アイテム所持数(種類)が少ない、クリアしたダンジョンに行けなくなる、等々、前作は色々と面倒で遊びづらい部分があったのですが、今作は遊びやすさが格段に改善され、ゲームに集中して楽しく遊ぶことができます。
また、3DSに移植された事により、下画面にマップが表示されるのも大きいですね。
やはり、2画面とダンジョンRPGの相性はピッタリです。

前作の様な意地悪マップではないので、下画面のマップをチクチク埋めながら仲魔を集めて合体させ、散策・収集・育成といった、このシリーズの楽しさを存分に味わうことができます。
属性の有利不利によって、あっという間に勝ったり負けたりするシリーズなので、いつでもセーブできる様になったのも嬉しい限りです。(少し進行してから)
このいつでもセーブは、ゲーム内のコンピュータに領域を割り当てる事で使用出来るので、ここに別の機能を割り当てるなど、熟練者は違ったアプローチが出来るのも上手い作りです。

ただ、3DS移植に際して、スライドパッドが一部でしか使用できないのは大いに不満です。
十字キーとスライドパッドの使い分けもややこしいし、このキー割り当てを考えた人に小一時間問い詰めたい気分でいっぱいです。
今作に限らず、3DSで十字キーを強制的に使わせるゲームがありますが、3DSは本体を持った時にスライドパッドに指を置く構造になっているので、十字キーばかり使わせる事が、まずストレスになるんですよね。
何十時間も遊べば、そりゃあ慣れますが、そういう問題じゃ無いんで。
難易度変更とか以前に、根本的な遊びやすさをもっと考えて欲しいものです。
それとも、ハード的な問題なんかなぁ?
ん〜…。

細かいことで付け加えると、戦闘後に自動で銃を装填して欲しかったですね。いちいちメニューを開いて装填するのは面倒臭いので。
あとは、合体する時に魔法や特技をタッチすることで、説明文を表示して欲しかったです。

少し厳し目に書いてしまいましたが、現在(2012年)の基準で見ても良く出来ているので、1997年にこれを作り上げたのは称賛に値します。(当時はスライドパッドとか関係無いですしね)
3DダンジョンRPGの入門編としても適しているので、ペルソナシリーズしか遊んだことがない人が入るのにもってこいと言えるでしょう。

【ゲームクリアー:次幻の回廊クリアー】

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > た行 □■

☆投稿する☆

◆SFC DATA

◆私のゲーム紹介