ロストオデッセイ Xbox360


タイトル
クリックで画像拡大します

2007年にXbox360で発売されたRPG。

2019年に遊んだのですが、想像以上にクオリティが高くて驚きました。
グラフィックはかなりのもの。

オープニングから戦闘までの流れはしびれました。
登場する兵器もオリジナリティがあって良いですね。
海外ドラマ「24」みたいに、画面分割の演出も面白いです。

また、ゲーム後半のジェットコースターな展開が非常に良いですね。
あの展開は先が気になるし、いろんなキャラクターを使えて新鮮味があって、本当に良かったです。
バトル面ではなかなか苦戦しましたけどね(笑)

戦闘
クリックで画像拡大します

記憶を失った千年を生きる不死者が主人公です。
旅の途中で過去を思い出し、ちょっとした物語がいくつも挿入されるのも新しい試みですね。
物語も楽しめました。

不死の設定は戦闘にも生きていて、一風変わった立ち回りをすることもあります。
ボス戦はなかなか手応えがあって、この設定を生かして戦ったりもします。

また、寄り道が非常に豊富なのも特徴的です。
あんまり気付かないようなところにまで、アイテムやらイベントやらがあったりします。

システム的にこなれていない感じはありますが、FF10を進化させたイメージで、かなりよくできたRPGです。
ここでの経験、ノウハウを他の作品で生かして欲しかったのですが、どうなんでしょうね?
『ラストストーリー』はちょっと毛色が違うし…。
また、国産の大規模なRPGが発売されて欲しいな…。

【ゲームクリアー】

イベント
クリックで画像拡大します

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > ら行 □■