□■ top > ゲームレビューの殿堂 > た行 □■

☆投稿する☆

TRICK×LOGIC(トリックロジック) PSP


推理小説を読んで犯人を当てるゲーム。
シーズン1(1〜5話)と2(5〜10話)の2つのパッケージに分かれていますが、前後編で分かれているだけなので、ここではまとめて述べます。

ゲームの流れとしては、小説中に散らばったキーワードを組み合わせて新たな推理ワードを作り、そこから犯人の行動などを明らかにして犯人を探し出します。
キーワードにはもちろんフェイクも多く、一度間違った方法に舵を切ると、そっちを追いかけて失敗します。
実際の捜査もこんな感じなんでしょうか?

難しくて最初はサッパリ分かりませんが、しつこくキーワードを組み合わせていくと、「あっ」とひらめく時が来ます。
そこからバラバラだったパーツが繋がっていく快感はかなりのもので、名探偵になった気分で鼻高々です。

ただ、それでもやっぱり難しいです。
中盤以降は文章が長く、キーワードも膨大なので、推理ワードを見つけるのに一苦労です。
分からないので、総当りで試して作業感満載だったりもしました。
逆に、犯人もトリックも判ってるのに、推理ワードが見つからなくて総当りするときもありました。

10話ありますが、個人的には「目の壁の密室」が事件の背景が上手くまとめられて、良く出来ていると思います。
逆に「Yの標的」は、ちょっとどうよ…。

中盤以降は難しくてキツかったですが、面白い試みで楽しめたので、何かの形で次回作に繋がって欲しいものです。

【ゲームクリアー】

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > た行 □■

☆投稿する☆

◆SFC DATA

◆私のゲーム紹介