□■ top > ゲームレビューの殿堂 > た行 □■

☆投稿する☆

デビル・メイ・クライ PS2


ミツヤさんのレビュー 投稿ありがとうございます

剣による格闘と銃による射撃を駆使しながら戦うアクションゲームです。

『移動アクション』
歩き、走り:左スティックをちょっと倒して歩き、いっぱい倒して走ります。
ジャンプ:普通のジャンプとキックジャンプ(壁を使った三角飛び)と二段ジャンプの三種類あります。
回避行動:緊急回避に使います。これを上手く使えないと高い難易度では厳しくなります。
『攻撃アクション』
体術攻撃:斬ったり殴ったりします。ボタン入力の間隔などで状況に合わせた様々な連続攻撃が繰り出せます。
射撃攻撃:銃で撃ちます。ボタンを連打すれば連射になります。遠距離攻撃って便利ですよね。
デビルトリガー:魔人化します。あらゆる能力が格段に上がり、圧倒的な強さになります。

敵は悪魔です。下級の悪魔は実体化できないらしいですので人形などに憑依して襲ってきます。
プレイヤーのダンテは、伝説の魔剣士スパーダの息子で、悪魔倒しを生きがいとする悪魔です。
過去にスパーダが倒した悪魔の親玉が復活するからそれを阻止しよう、というのがだいたいのストーリーです。

デビル・メイ・クライの醍醐味は『カッコよく戦うこと』です。
上に挙げているのはほんの一部で、実際は書ききれないほどの攻撃アクションがあります。
剣で打ち上げ銃で追撃、落ちてきた敵を殴って吹き飛ばし別の銃に持ち替えてトドメの一発!!
このようなコンボを組み合わせて高いコンボ評価を狙います。まぁこんなのやんなくてもクリアは出来ますけどね。

デビル・メイ・クライのいいところは、バランスが抜群だということです。
敵は強すぎず弱すぎず、プレイヤーが不快になるような理不尽な攻撃も無く、それでいて手応え十分な難易度です。
アクションもメチャメチャ多く、それでいて操作は簡単です。
難易度は「EASY」「NOMAL」「HARD」「Dante Must Die」の四段階です。
「Dante Must Die」では雑魚敵がデビルトリガーを使ってきたりと、シャレになってない超高難易度です。
隠し要素も充実しています。最高難易度である「Dante Must Die!」をクリアすると・・・!?

難易度がやや高め、「HARD」「Dante Must Die」だと地獄・・・。
アクションが得意で、自由でスタイリッシュな戦い方がしたい人にオススメです。


管理人レビュー

洋風鬼武者ともいえるアクションアドベンチャー。
洋風なので銃もあります。

特徴を一言で言うと、「派手」ですね。
鬼武者の「バッサリ感」に対して、このゲームは「スタイリッシュ」をセールスポイントにしている事からも分ると思います。
発売からかなり経ってから遊びましたが、それでも派手だな〜って印象ですので、発売当初は余計にそう映ったでしょうね。

剣や銃でガンガン敵を倒しまくって、ストレス解消、気分スッキリというのがこのゲームのポイントです。
途中でやられるとイージーモードが選択できるようになるなど、とりあえず楽しんでもらおうって姿勢が伺えます。
また、音楽のタイミングが良かったですね。(楽曲そのものは普通ですが)

ただ、カメラ見づらく、3Dゲームにありがちな、ジャンプの距離感が掴みづらい部分がありましたね。

細かいミッションに区切られていて、それぞれ評価が出るので、目標を立てながらゲームする人には向いていると思います。
【難易度イージー:クリアー】

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > た行 □■

☆投稿する☆

◆SFC DATA

◆私のゲーム紹介