□■ top > SFC DATA > □■

ドラッケン

RPG   1991年5月24日発売    ケムコ

・ドラゴンの一族”ドラッケン”に支配された世界が舞台。滅亡の危機に瀕している人類の生存をかけて立ち上がる4人の勇者が主人公。フィールド画面がポリゴンを使用した3D画面で、360度の方向転換が可能だ。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

ドラッケン 情報

レビュー
銀雨さんのレビュー 投稿ありがとうございます

人間が滅びるとき新世界は誕生し、人間は滅ぶ……
神の忠告を聞かず人間はドラゴンを絶滅させてしまった。
神はドラゴン人間「ドラッケン」による新世界を創った。新世界ドラッケン島は空・水・大地・炎の地域に分けられた。
それぞれの地域は2匹のドラッケンが支配していた
このままでは人間の世界はドラッケンによって滅ぼされてしまう。
しかし神は人間に最後のチャンスを与えた!
ドラッケン島にある「8つの涙」を手に入れることが出来れば、滅ぼさないと約束したのだ……

悪名高き?ケムコ発SFC最初のRPG。
もとはフランス生まれらしいです。
さて、このRPG第一に、操作が非常に難しい(というかややこしい)です
とりあえず始めてみると、プレイヤー達はいきなりフィールドに放り出されます。操作も覚束ないままにふらつき、やがて夜に。
夜には強敵が出る……等という情報もこの時点では知り得ません。
よって、いきなり強敵に遭遇・瞬殺。

歯ごたえのある(有りすぎ?)RPGを探している方は是非に。
私は中盤で投げました


雇われなかった遊撃隊さんのレビュー 投稿ありがとうございます

当時、3Dだー!すげー!みたいな感動があったのを覚えています。
どうやってクリアしたかわかりませんが、エンディングでの流れ星が綺麗だったというのが、一番印象に残っています。まさに記録より記憶な作品です。


ルート16さんのレビュー 投稿ありがとうございます

何の説明もなく、いきなり草原から始まる、いかにも洋ゲーらしいゲーム。
横一直線に並んで歩くのだが、フィールドには堀か川のようなものがあり、何と全員泳げないので、一番端っこの奴が水に触らないように注意して歩かないと死にますw。
フィールドは見えない壁で区切られていますが、ステータス画面を出すか何かして(良く覚えていない)抜けられるため、序盤で中盤の町へ行き、良い武器を手に入れるので、戦闘が非常に楽になります。
正攻法だと厳しかったと記憶しています。


ナクトケンさんのレビュー 投稿ありがとうございます

フランスのDraconianが開発し、インフォグラムよりAmiga用にリリースされた本作は、その後Atari ST、PC/AT互換機版を経て、コトブキシステム(KEMCO)によってSFCソフト用にゲームバランスと内容を調整し発売されました。
この過程で、プレイヤーにヒントを与える役割を持っていた酒場は削除され、酒場のあった場所には道具屋が配置されています(本来の道具屋は削除されました)。

酒場ではドラッケンの兄弟姉妹たちのうわさ、注意すべき困難な敵の存在(鮫など)、ゲームの進捗にあわせて有益な情報を得ることができましたが、SFC版ではそれらの情報を得られなくなりました。
よって、身体で覚えなければいけません。
ただし数多くの即死トラップと難解な謎が削除されていますので、SFC版で理不尽を感じる場面は少ないです。むしろ物足りないほどです。

戦闘バランスがとても大味で、パワーの呪文を使えばとんでもない力が得られます。
場合によっては、最も強力なドラッケンの兄弟をも瞬殺するでしょう。
キャラクター作成時のステータス以上に、装備品の性能が大きく影響します。
武器は職業による制限がなく、強力な防具の多くが魔法使いには装備できません。
さらに防具は頻繁に壊れて所持品から失われます。
知る限りSFC版のみの特徴で、他機種ではそう簡単に壊れません。
武器・防具は1名につき8つまで所持できます。予備を用意するといいでしょう。

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■