□■ top > SFC DATA > □■

ドラえもん3 のび太と時の宝玉

アクション   1994年12月16日発売    エポック社
・人気のシリーズ3作目。ドラえもんを始めとする5人の仲間達が、現在・過去・未来の世界を舞台に、歴史を変えようと企む悪の組織ジョーカー団をやっつけていく。各キャラの声は、テレビと同じ声優が担当している。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報
レビュー
S・Wさんのレビュー 投稿ありがとうございます

’’ドラえもん,,なのに、こんな結末アリ!!?
と言いたくなるゲームです。
ドラえもん好き!! という気持ちと、使用できるスーファミ本体がある人は是非プレイしてみてください。
突っ込み所もあるといえばありますが、私的にはとても面白いです。今でもプレイしてます


takさんのレビュー 投稿ありがとうございます

過去のSFCドラえもんシリーズからガラッとイメージを変えた作品。
ストーリーは大山のぶ代ドラ後期の映画を彷彿させる。個人的には前2作の説教臭さが無い分好き。
アクション面では重量感が増した他、各々の運動能力や専用の武器・アクション・通行可能領域などキャラクターの個性がより強調されている。
コアなサブキャラやマイナーな秘密道具が多く登場しており、ドラファンはニヤリとくる。
全体的に見てSFCドラえもんシリーズ最高のグラフィック・システム・ネタを盛り込んだ良作。その代わり、その場復帰等システム的に難易度は低め。

SFC時代この作品を何度も繰り返し遊びました。しかしドラえもん4でまったく受け継がれなかったのが残念でした。


加山雄三さんのレビュー 投稿ありがとうございます

おそらくスーファミのドラえもんで一番やりやすいのがコレかもしれません。簡単過ぎず、難しすぎない。それでも小さい お子さんには難しいでしょう。
難易度を易しいレベルに設定すれば、お金を集めるのも そこまで苦労しないハズ。

最大HPが増える“ ハートの器 ”を全て集め、回復アイテムをしっかり備えておけば簡単にやられる事も無くなると思います。
アクションの各ステージは横スクロール、のび太の町では ちょっとしたRPGのように進んでいきます。ジャイアン、スネ夫、しずかちゃん…おなじみのメンバーは最初から選択出来ず、ドラえもんならではの方法で仲間にしていくタイプです。ドラミちゃんは使用出来ません。

一つのステージでも、各キャラで入れる場所があったりする為、やりがい.新しい発見等ありますし。もし間違えたステージへ行ってしまってもタイムマシンゾーンで抜けられるので無駄にプレイする必要も無い。

一人プレイ専用、パスワード式( パスワードが やたら長いのは難点でしょうか。)

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■