□■ top > SFC DATA > □■

ライトファンタジー

RPG   1992年7月3日発売    トンキンハウス
・気の弱い勇者を一人前の男に育て上げるのがプレイヤーの務めという、ほのぼのとした雰囲気のRPG。戦闘も敵を倒す=殺すのではなく、ツボに閉じ込めるというもので、シミュレーションのようなマップ上で行われる。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

ライトファンタジー 情報

レビュー
忍者さんのレビュー 投稿ありがとうございます

ライトファンタジー、RPGです。

ストーリーは闇の王にさらわれた光の国の姫を、ちょっと頼りない勇者が救い出すというもの。

ほのぼのとしたグラフィックや可愛らしいキャラクターとはうってかわって、戦闘がものすごくシビアです。

エンカウント率が高い上、敵は大勢で出てくる事が多い。
さらに戦闘はマップ移動型の戦略戦闘です。
ついでに、かなり多くの敵が「状態異常」の魔法を仕掛けてくるので、かなり時間がかかります。

状態異常は種類が多いし、治すのにはそれに応じたアイテムが必要、さらにアイテムは持てる数が限られている。
これでは状態攻撃をしてくる敵が出るたび逃げたくなります。

イベント数はかなり少ないですが、戦闘システムの為、クリアに時間がかかります。

戦闘も、敵は上から、味方は下から攻めるだけで戦略性が乏しい気がせんでもないですが、まあ魔法や武器の効果範囲や、移動などは少し考えないと主人公やイベントキャラが死んだ時点でゲームオーバーなんで、結構気をつかいます。
戦闘以外は、敵や村人など色ンなキャラを仲間に出来たり、魔法を好きなキャラに装備させたりとイイとこもあります。

キツイゲームなんで、正直色んなRPGが出てる中でこれを選ぶ必要は無いかなあ、と思いますけど、挑戦してみてもいいかもしれませんよ。
ラスボスもそれなりに強かったですし。

ゲーム後半で物価が一気に上がったときはやめようかと思いましたけど…

それでは。


アカさんのレビュー 投稿ありがとうございます

見た目がとっつきやすいが、中身はシビア。
こう言うと硬派ゲームに思う人もいるだろうが、それは違う。
ただ単に調整を手抜きしたク○ゲーなだけである。
ミスしまくる攻撃、1回15分程かかる戦闘などブチギレ必至の一作。
やるなら裏技を使う事をオススメする。


メカしをんさんのレビュー 投稿ありがとうございます

全体を通してのプレイ時間の比率は戦闘70%移動27%ストーリー3%ぐらいキツく数歩歩けば5分長の戦闘を強いられると考えても良いです
戦闘はマニュアルとオートがありますがオートで楽をしようとすることそのものが罠であることは疑いようがなく

と、中には当時のシステムにしては光るものもある
…のだが如何せんバランスが壊滅的で主人公のレベルに併せて敵は強くなるっていってしまうので育成に難が出てしまうことも(まぁあの戦闘システムで好きなキャラクターのために経験値稼ぎを敢行できるかは疑問符がつくが)
なお裏技が存在しており、それをフル活用したバランスなのではないか?と目されているほど。15000円のエリクサーがモリモリ貰えたりデバッグモードでエンカウントなしとか移動速度アップなど
とにかく世間一般の評価は正しいと思われるためはけたれいこ氏の絵がどうしても見たいと言うなら実際にプレイ…することはお勧めしない。本当に

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■