□■ top > SFC DATA > □■

ナグザットスーパーピンボール 邪鬼破壊

ピンボール   1992年12月18日発売    ナグザット
・オドロオドロしい日本の妖怪たちを画面上に配した、ピンボールゲーム。特定の鬼の口にボールを入れると、ボーナスステージに突入する。画面が縦にスクロールする以外、普通のピンボールとルールはほぼ同じだ。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

ナグザットスーパーピンボール 邪鬼破壊 情報

レビュー
日本海さんのレビュー 投稿ありがとうございます

前作に当たる「デビルクラッシュ(註:MD版基準)」に比べて球の動きが不自然で、フィールドも上・中・下段がはっきりしていた前作とは違い、中段の存在意義がぐっと減っている上、上段まで上がることも上段に上がってもその状態を維持するのが難しい。
結界(前作ではボーナスステージ)も前作の6個から5個に減っただけではなく、入るのが難しくなっている(代わりに結界自体の難易度は下がっている)。このゲームの取り得は音楽。


加山雄三さんのレビュー 投稿ありがとうございます

基本的には一人プレイ専用ですが、二人交互プレイは可能です。対戦と言うか得点を競うモードもありますが、それもやはり交互プレイとなります。

オプションではボタン配置やボールのスピードを設定出来ますので不慣れな内は助かりましたね。

スコアや残機数等を常に画面へ表示するか.させないかは、ゲーム中 自由に変更が可能です。

ゲーム自体はオーソドックスなピンボールですので誰でもプレイする分には戸惑う事が無いハズ。
…ですが、このシリーズは世界観が独特なので敬遠されがちかもしれません。

今作の見た目は和風な雰囲気を醸し出しておりますが、音楽に和を感じる事はなかったです。

前作となるPCエンジンのデビルクラッシュやエイリアンクラッシュと比べてミスしやすく、そこまでハマれなかったかな。

それでも、このような雰囲気に抵抗が無ければ、スーファミのピンボール系ゲームの中では面白く遊べる部類だと思います。

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■