□■ top > SFC DATA > □■

餓狼伝説SPECIAL

格闘アクション   1994年7月29日発売   タカラ
・NEO・GEO版からの移植。前作のキャラ8人とボス4人に加え『餓狼伝説』のキャラ3人の15人が使えるようになった。前作に比べて、連続技が入るようになった。超必殺技も健在で、各キャラに1つずつある。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

餓狼伝説SPECIAL 情報

虎煌拳下、右下、右+YかX
飛燕疾風脚左下に溜めて右+BかA
ビルドアッパー右、下、右下+YかX
暫烈拳X連打
覇王翔吼拳右、左、左下、下、右下、右+X
龍虎乱舞下、左下、左、左下、右+A+B

レビュー
さくさんのレビュー 投稿ありがとうございます

当時のSNKの主力格闘ゲーム「餓狼伝説」の3作目です。
総勢15人のキャラクターに加え、家庭用は「龍虎の拳」のリョウ・サカザキが登場します。基本的な格闘ゲームのシステムに画面手前と奥の2ライン制を導入しています。
キャラ数も当時のゲームにしては多く、バランスもいい良作ですが、CPUキャラの強さのバラつきが多いのが難点です。難易度をマックスにすると、CPUが、体力が残り5分の1にならないと使えないはずの超必殺技を開始と同時に使ってくるのもいただけません。


アカさんのレビュー 投稿ありがとうございます

タカラの粗製ネオジオ移植シリーズのひとつ。
SFC餓狼シリーズもこれで3度目。
まあよくやるというかやはりテキトーな移植である。
CGが悪い、音が悪い、ゲーム性がオリジナルと違う・・・
ゲーセンゲームの家庭用移植だからしかたないが、ゲーム性だけはオリジナルを移植するようにこころがけて欲しいものである。
これじゃあまるで別のゲームだ。
できもしない移植などするな!!!


オールドゲーマーさんのレビュー 投稿ありがとうございます

いよいよタカラの三作目。よく毎回自分も買ったと思う。今までの中では一番すばらしい。ただしゲーセン・ネオジオと比べなければ。無知のヴェールで包んでプレイするとすばらしいゲーム。ギースの当身投げの反応が特にいい。ただストリートファイターのあとにこれをプレイすると迎撃されまくることとなる。敵の反応がこちらの当身投げ以上にいい。これは対人戦の対戦で盛り上がるのが正しい楽しみ方だと思う。中級者向けゲーム。


さんのレビュー 投稿ありがとうございます

スーパーファミコンの格闘ゲーム代表の一つでしょう!
とにかく熱中しましたね!
ストリートファイターと比較されがちですが決して負けてないどころか、勝っているんじゃないかな?
超必殺技などド迫力な上、キャラクターグラフィックもゲームセンターのものと遜色なく感激したものです。
操作感はもちろん、効果音がリアル寄りなので存分にバトルの醍醐味を味わえますね!
そしてなんと言っても2人対戦!
更には隠しキャラクター!
これは衝撃的でしたね!
攻撃するのも、ガードして逃げきるのも楽しめました!
前作からの進化が目に見えてわかるので、それだけでもこの作品は秀逸じゃないでしょうか。
グラフィックもスーパーファミコンの限界に挑んでいるレベルで美しいです。
アレンジされた音楽もノリが良いし、違和感もなくテンション上がる!
このタイプのゲームは大人向けの雰囲気があるのも好きな理由なんです!
これは本当にスーパーファミコンのカセットなのかと思いましたね、よくぞここまで詰め込んだものだと感心したものです。
全体的な完成度が高くゲームセンター版をプレイした後でも面白いので紛れもなく家庭用ゲーム機の移植版の中ではトップクラスでしょう!

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■