□■ top > ゲームレビューの殿堂 > は行 □■

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス 3DS


タイトル
クリックで画像拡大します

『ペルソナ3』『ペルソナ4』のキャラが登場する『世界樹の迷宮』

手書きマップや前衛・後衛の配置など、ベースは世界樹ですが、ペルソナのセット、弱点を突く事が重要な戦闘など、ペルソナの要素ももちろん取り入れています。

今作では、主人公以外にも自由にペルソナをセット可能で、セットすると、HP・MPが上乗せされます。
上乗せ分は、戦闘終了後に回復する仕組みで、その分、消費コストは高めです。

回復するので、全力を出しやすいのは良い…というか、出し惜しみしていると厳しいバランスですね。
ペルソナではザコだった敵が強くなって、やりがいがあります。
カブトムシが強敵になって新鮮でしたね。

敵の弱点を突くとブースト状態になり、次のターンは消費コストゼロでスキルを発動出来て、しかも最初に行動できます。
かなり有利な状態なので、いかにブーストを維持するかが重要です。
ブースト後に消費コストが高いスキルを使う、あるいは、行動順を考えてあえてブーストしないなど、ペルソナとも、世界樹とも違う戦闘スタイルで、工夫しがいがあります。
それと、戦闘時の台詞が多いのも嬉しいです。本編より多いんじゃないですかね。
敵シャドウに対するツッコミが厳しいです(笑)。

イベント1 イベント2
クリックで画像拡大します

ペルソナ合体時にスキルを継承できるので、取捨選択しながら、自分なりのペルソナを作っていくのも楽しいです。
今作は、すれちがい通信やQRコードでの配信もできるので、他のユーザが作ったペルソナを使えるのもありがたいです。

イベント3 イベント4
クリックで画像拡大します

仕掛けが満載で、闊歩する強敵(F.O.E)もいて、ダンジョンは、まんま『世界樹の迷宮』ですね。
扉や宝箱、ヒントなどを地図に書き込んでいくスタイルで、各フロアの踏破率が100%になると開封可能になる宝箱があるので、歩き回るモチベーションにつながります。(上記宝箱は、ゲームコインで開ける事も可能です)
行き止まりでも、ちょっとしたイベントが挿入される事が多く、マップ埋めに作業感を感じさせません。
やたら難解の仕掛けもありましたが、トータルではよく出来たマップデザインですね。

イベント5 イベント6
クリックで画像拡大します

キャラ同士のやり取りがコミカルで、お祭り感があって、本編とは違う魅力があります。
アイギスの万能ぶりたるや!

ゲーム開始時に、『3』『4』のどちらの主人公で開始するか選択します。
仲間内の描写が不足気味だった、ペルソナ3を補完する展開もあったりします。
細かなイベントは違いますが、ストーリーは同じなので、無理に2周することはないです。
キャラが多くて賑やかですが、マリーをもう少し上手く使えれば良かったですね。

ちなみに、2周目は強さを引き継げます。
全く歯が立たなくて、必死で逃げ回っていたF.O.Eをなぎ倒して進めるので、快感です!

戦闘
クリックで画像拡大します

その他、箇条書きで…。

合体
クリックで画像拡大します

2周目を終えた時、キャラへの愛着が強くなって、1周目よりももっと、この作品が好きになっていた事に気付きました。
大のお気に入りになりました。

ただ、ペルソナ3・4をプレイしていないと、魅力半減かも。

【ゲームクリアー:P3、P4の順にクリアー】

コラボ?
意外なコラボも

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > は行 □■