ファンタシースター”オンライン”までの未知



■はじめに

ファンタシースター”オンライン”を始めるにあたって、私とっても不安でした。果たして上手くいくのかどうかとっても。そもそも私、何が必要か、全く知りませんでした。ドリー本体すら買ってもずっと箱の中って状況でしたから…
そんな私もオンラインに参加することが出来ました。
そこで実際に、私がオンライン環境で遊ぶまでを書き留めておきたいと思います。

■私のネット環境

フレッツISDNで、プロバイダもイサオネットではありません。OSはWIN98SEです。

■用意したもの

・サクラ色ドリームキャスト
・サクラドリームパスポート3
・ファンタシースターオンラインver.2
・LANカード(1,649円)
・クロスLANケーブル(449円)
・ハンターライセンス(90日分・1000円)
・ドリームキャスト用キーボード(\ 2,980 / 消費税: \ 149)
・ブロードバンドアダプタ(\ 8,800 / 送料: \ 420 / 消費税: \ 440)

■これまでの手順

STEP1.
とりあえず、ドリームキャストを電話線につないで、ドリームパスポートでイサオネットに会員登録をしました。別にイサオネットとプロバイダ契約を結ぶわけではなく、フリーダイヤルでドリームキャストでネットにつなぎ、ユーザー登録をしました。もちろん登録は無料で、イサオにも加入しません。

STEP2.
なんと、オンラインでPSOを楽しむには、「ハンターライセンス」という名の使用料がかかることが判明。はじめは「何で…」と思いましたが、サーバーの維持費やサポート、追加プログラムのダウンロードサービス等ある事を教えていただき(popnさん、ありがとう!)、納得お得。

注)ハンターライセンス料金
30日間…400円
90日間…1000円

初期のPSOは無料お試し期間が30日間あるようですが、ver.2にはありません。

なので、何はともあれ、ハンターライセンスを買う事に。で、支払いの方法は、クレジットカード・ドリム・ウェブマネーの3種類です。(当時)私はクレジットカードを持ってないので、残りはドリムかウェブマネー。ですが、ドリムの支払方法が、クレジットカードかウェブマネーなので、結局ウェブマネーしか選択肢が残されていませんでした。

そしてウェブマネーの支払方法なのですが、クレジットカードか、提携店(PCショップ・コンビニ)で入手できるとホームページにありました。

ですから早速近くのAM・PMへ。店員に「ウェブマネーってありますか」と尋ねたところ、間髪入れず「ありません」とのお答え。あまりにそっけない対応にちょっぴりムカッときましたが、自分もこんな風だっただンろうなァ、と気を鎮めて店内を見て回りました。
が、やはりそれらしきものはありませんでした。仕方がないので、翌日、家から少し離れたローソンへ。こちらは、ロッピーで購入って事なので、安心していましたが、いざロッピーを目の当たりにしても、どこにもウェブマネーなんてありはしないではありませんか!
なので、店員のおばちゃんに尋ねたところ、「そんな言葉初めて聞いた」という表情をしてくれました。(きっともう2度と聞く事もないでしょうが)そこでおばちゃんに、ウェブマネーはロッピーで申し込んで、お店にあるカードと交換する仕組みになっている事を説明しましたが、そんなカードは店に存在していないとの事。ウェブマネー公式サイトの購入方法のコーナーが、1年くらい更新されてなかった時にいやな予感はしたのですが…

こうして完全にハンターライセンスの入手法を絶たれてしまったので、家族にクレジットカードでライセンスを買ってもらうという極めて情けない結果になってしまいました。とほほ


STEP3.
LANカードをPCにとりつけ、付属のドライバをインストール完了。LAN環境になると、マシンが立ち上がるまでに時間が掛かるようになりました。そのあと、OSの「インターネットの共有」の設定をしました。実際はまだドリーと繋がっていないんですが。早くアダプタが届いて、連結したいです…


STEP4.
ついにブロードバンドアダプタが届きました!
早速箱を開けてみましたが、入っていたのはドリーモデムと、うりふたつの物体。アダプタってくらいなので、ファミコンのACアダプタみたいなのを予想していたのですが…まあ、こっちの方が小さくていいし、繋げられれば万事OK!
って前置きが長くなりましたが、とにかくモデムとBbAを付け替えて、PCのLANカードのスロットとBbAを、クロスLANケーブルでつなぎました。そして、BbAに付属の「ブロードバンドパスポート」で、オンラインするときの環境を設定します。とは言っても、既にイサオネットに登録してあるので、各項目を自動設定にして、本体に記録したら全ての準備は完了!
PCの電源を入れて、回線に接続してから、ドリーの電源を入れました。そして「オンライン」を選択。
…無事接続できました!感激です、ううっ。


STEP5.
ついに、オンラインへと本格?参戦!
とは言っても、ぽぷんさんをはじめ、諸先輩方に操作やゲームの進め方、オンラインでの楽しみ方など手取り足取り教えて頂いて、私は金魚のフンの用に後をついて行くばかりで、右往左往…
皆さんにご迷惑を掛けっぱなしでした。あと、キーボードもなかったので、会話のリズムが上手い事いきませんでした。
特に、キャラを操作するぐりぐりボタンと、会話をする十字ボタンの使い分けが大変でした。
せめて、オフラインでゲームをしっかりプレイして(これは最低条件)、そしてキーボードをセットしてからがいいかもしれません。ただ、「おいらは、DQ2の復活の呪文を入れるのが、めっちゃ速いんだぜ!」と豪語される方はキーボードはいらんかも(笑)
でも、すっごく楽しかったです!ゲームをしながらの会話がこんなにも楽しく新鮮なものとは!今まで、TVモニターと一対一しか知らなかった私にはカルチャーショックでした。
この一日で、ハンターライセンス1000円分楽しんだってくらいです。


STEP6.
ついにキーボードをゲット!
職場の先輩が秋葉原に行く用があったので、頼んでしまいました。どうもありがとうございます。
で、アキバには、一般のキーボードをドリー接続に変換するコネクタも売っていたのですが、値段が1980円で、純正のものと千円しか違わない事、純正でない故に操作が保証されていない為等から、純正のキーボードを買う事にしました。
なんか最近になって急に、ドリーの例の渦巻きが部屋に増殖してきました。(笑)
さて、で、肝心のキーボードなのですが、コンパクトでなかなかです。場所を取らないのがいいですね。しかも?スケルトン。でも、どうせなら、キーボードもサクラ色が良かったかも…
んでもって、これこそ肝心の使い心地なのですが、コンパクトであるが故に、手を置いた感じが少し窮屈に感じてしまいます。また、文字の変換が頭悪い感じかも(これはキーボードのせいじゃないですね)。まあ、この辺は、慣れてくればどうって事はないはずです。それに、キーボードがあったことで、パッドよりもかなりスムースに会話が出来ました。(標準レベルには程遠いですが…)早速ショートカットに沢山登録せねば!

続く。


『PSO』ONLINE SUPPORT HP

TOPにもどる