□■ top > ゲームレビューの殿堂 > さ行 □■

スターオーシャン5 −Integrity and Faithlessness− PS4


タイトル
タイトル(クリックで画像拡大します)

人気RPGのシリーズ5作目。

アクション性の高い戦闘が特徴のシリーズですが、今作では、最大7人+αのパーティでのバトルが特徴的です。
7人パーティで戦闘参加の3、4人を入れ替え…ではなく、パーティ全員がバトルに参加してくれます。それだけで嬉しくなってしまいます。

ただ、システム的には大雑把ですね。なんとなく、『インフィニットアンディスカバリー』っぽい?
エフェクトが派手で、何がなんだか分からない事がよくあるし、もっと磨く事が出来たと思います。
ちなみに、戦闘にはシームレスに突入し、戦闘開始時の画面切り替え無しです。

また、大半のイベントもシームレスで突入します。
最初は「おっ」と思いましたが、キャラのアップが無く、表情が分からないので、イマイチに感じました。

それと、前作に引き続き、移動がメンドイですね。
ストーリーやクエストで、同じところをアチコチと行かされるのはね…。
クエストは、前作同様、放置しようとも思いましたが、報酬でスキル習得があるので無視できず…。
後半にワープできるようになりますが、やっぱり遅いです。
あと、ストーリー進行上、移動が制限される事が多く、自由度が低いですね。
まあ、移動がメンドイので、あまり行く気にもなりませんが…。

街
街(クリックで画像拡大します)

シリーズ伝統のプライベートアクションは、イベントがある時は宿屋前に印が出来て、見逃しに配慮されています。
数は膨大ですが、中身は薄いですね。
アイテムクリエイションはどこでも出来るようになりましたが、1回作るまで、何が出来るのか分からないのはどうかね…。

移動、プライベートアクション、アイテムクリエイションと、前作の不満点を改善してはいますが、もう一歩足りない感じです。
プライベートアクションやアイテムクリエイションは伝統ですが、これに囚われる必要は無いと思いますね。

新要素では、アタッカーや魔法使いなど、キャラの方向性や能力値を補正する「ロール」を強化するのは良いシステムですね。
キャラをフルに戦闘に出せるので、ロールや技などの強化がしやすいのはとても良いです。

フィールド
フィールド(クリックで画像拡大します)

ただ、CPUは術は普通に使ってくれるのに、技はボタンに割り振ったものしか使わない謎仕様です。
移動中にカメラが動きすぎるのも、どういう意図があるんでしょうか?
クリア後のダンジョンで、マップ表示が無いのも不親切です。
似たような地形の3Dダンジョンでマップ表示がないのは、単に不親切なだけです。
クリア後だから難易度を高く〜とか、そういう話じゃないです。

どうも制作者の感性がユーザ(少なくとも私)とは、ずれている気がしますね。

だいぶ辛辣になってしまいましたが、駄目なゲームでは無いんですよね。
あっと言う間に値崩れしてしまったゲームですが、楽しめました。
楽しめましたが、人にオススメする程じゃないかな…。
ともかく、大人数バトルは、かなり気に入っているので、シリーズが続くのであれば、これを継続して磨いていってほしいですね。

【ゲームクリアー】

バトル
バトル(クリックで画像拡大します)

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > さ行 □■