□■ top > ゲームレビューの殿堂 > さ行 □■

スターオーシャン4 −THE LAST HOPE− INTERNATIONAL PS3


タイトル画面
クリックで画像拡大します

Xbox360で発売されたRPGをPS3に移植。
Xbox版は未プレイなので、比較はできません。

宇宙を舞台にしたシリーズの割に、惑星間を冒険する感じがありませんでしたが、今作ではついに、色んな惑星を冒険できるようになりました。
ただ、どの星もあまり代わり映えしないです…。
未知の惑星っぽいアイデアを見せてほしかったです。

戦闘
クリックで画像拡大します

アクション性の強い戦闘は相変わらずで、今作では、敵のマークを外すサイトアウトが重要ですね。
決まるとスローモーションになり、大ダメージを与えられて気持ちいいです。
そんなに難しくないのも良いですね。

前作同様、戦闘では立ち回り次第で経験値やお金などにボーナスがつくので、雑魚戦でもダレずに楽しめます。
ボス戦は考えた立ち回りをする必要があって、メリハリが付いてやりがいがあります。

その他、プライベートアクションやアイテムクリエイションと言った、シリーズおなじみの要素も健在です。

プライベートアクションは、惑星間を宇宙船で移動している最中に発生するので、基本的に見逃しが無いのはありがたいです。
ただ、惑星を冒険中にも、宇宙船に戻ると発生するのが結構あるんですよね…。
こちらは完全にノーヒントだし、このゲームはルーラがないので、気軽に宇宙船に戻れないんですよね…。
フィールドが広くて移動がダルいし…。

まあ、プライベートアクションはおまけイベントなので、あまり気にならないんですが、アイテムクリエイションが宇宙船でしか出来ないのが痛いです。
先に述べた通り、気軽に宇宙船に戻れないので、アイテムクリエイションをする機会が無いんですよね。
宇宙船でクエスト受注アイテムを作っても、街までいくのがしんどいし…。
クリア直前でワープできるようになりますが、遅すぎ…。
店売りのアイテムでも困らなかったので、殆ど作らなかったですね。

アイテムクリエイションの仕様と、移動がメンドイのは何とかして欲しかった所です。
クエストはかなり豊富にあるのですが、↑の通り色々と面倒なので、殆ど手を付けませんでした。
あと、クエスト受注キャラは見分けがつくようにして欲しかったです。

イベント1
クリックで画像拡大します

グラフィックは、発売時期を考えれば、かなり綺麗な方じゃないですかね。
マネキンみたいなキャラクタは好き嫌いがハッキリ出ると思いますが、表情は良く出来ています。
そして、キャラも良く描けています。

音楽も良い感じで、後半の戦闘曲が好きですね。

イベントシーンも力を入れて作られていて、かなりの力作であることは間違いありません。
ただ、もっとプレイのしやすさを考えて欲しかったです。
ラストダンジョンもやたらと時間が掛かりますしね。

【ゲームクリアー】

イベント2
クリックで画像拡大します

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > さ行 □■