□■ top > ゲームレビューの殿堂 > さ行 □■

白騎士物語 −光と闇の覚醒− PS3


タイトル
クリックで画像拡大します

PS3で発売されたRPG。

前作『古の鼓動』の内容が収録され、続きの物語と2部構成になっています。
私は前作は未プレイなので、比較は出来ません。
また、オンライン要素もありましたが、現在(2017年3月)はサービスが終了しており、こちらも未プレイなのでここでは触れません。

キャラが騎士に変身するのが特徴で、巨大化して戦うのは迫力があっていいですね。
巨大化すると動きもダイナミックになるし、今まで見上げていた敵と対等の目線で戦えるのは、気分が盛り上がります。

騎士
騎士に変身!(クリックで画像拡大します)

もう一つの特徴は、とにかく物量が凄い事です!
街は広くて、歩くのが嫌になるほどですし(苦笑)、フィールドも広いです。
賞金首やクエストも物凄いボリュームで、作るのに手間がかかったでしょうね。
ここまで作り込んだスタッフの皆さん、お疲れ様です。

ただ、移動が面倒で、やる気がしなかったですね…。
街はともかく、フィールド上で敵にロックオンされると、延々と追いかけられるんですよね。
弱い敵でも関係なく追ってくるので、相手をするのが煩わしくて。
しかも、戦闘はミスが多くて、イラッと来るんですよね…。

フィールド上のセーブポイントから、全体マップに戻る事は可能ですが、任意のセーブポイントにワープは出来ないので、行きたい場所まで歩くのが面倒でした。
しかも、歩き回ると、仲間が「置いていくな」「同じとこを回っている」とか、文句を言うのも不愉快でした。(台詞量もかなりのもので、本当に力が入っているんですけどね…。)

ゲーム後半は、移動してきたマップを戻る形で進行するので、新鮮味に欠け、尚更面倒でした。

バトル
バトル!(クリックで画像拡大します)

物量が凄いゲームなんですが、敵の種類は少ないです。
終盤になっても、色違いのクモや蜂ばっかりで、ワクワクしないです。
数少ない、2部になって追加された敵が、ダウンさせないと物理ダメージが通らないスケルトン、魔法で弱体化させないと物理攻撃が効かないサキュバスという、対処が面倒くさいモンスターというのは、どういう意図なんですかね…。

オンラインでプレイヤーが各自対処すれば大分違うでしょうが、オフだと仲間AIがイマイチで、ホントに面倒です…。

アイテムの所持がキャラごとで装備品の受け渡しが面倒だったり、仲間の能力がほぼ同じなのも残念です。
キャラごとに分けていれば、合体技とかも出来ただろうに。
装備品が見た目に反映されますが、全員が同じ防具を装備できるので、イベントシーンでは、みんなが同じ服装なのもね…。
それと、主人公とは別にアバターを作成し、パーティに加わりますが、ストーリーに全く絡まないのは斬新ですね(笑)。

オンラインとオフラインで共用できる仕様にしたんでしょうが、オフラインのRPGとして見ると、どうしても粗が目に付いてしまいます。

ホントに力を入れて作ってあるんですけどね…。

【ゲームクリアー】

街。
街の作り込みはかなりのものです。

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > さ行 □■