□■ top > ゲームレビューの殿堂 > さ行 □■

スーパータイムフォース ULTRA PS4


タイトル画面
タイトル画面(クリックで画像拡大します)

レトロ調なグラフィックの横スクロールアクション。

やられても、時間を巻き戻して再開できるのが特徴です。
巻き戻してやり直しても、前の行動は維持されるので、前の自分が敵を倒した道を通ってアイテムを取る、とか、何度も巻き戻して固い敵に集中砲火する、といった風に、やられてしまった自分(分身)と一緒にステージを攻略していきます。
ちなみに、やられなくても巻き戻し可能です。

ルールに慣れるまでがやや大変ですが、慣れてくるとかなり楽しく感じますね。
制限時間がシビアで難しいですが、面白いです。
アイテムを取ると、巻き戻しても取った効果は持続されるので、寄り道して時間延長のアイテムを取ったら巻き戻してステージ攻略に戻る、といった風に、役割分担を考えながら進めていくのが楽しいです。

やられてもすぐに再開できるし、死にプレイが何らかの役に立つケースがほとんどなので、モチベーションも維持しやすいです。
ゲームオーバーになっても、再チャレンジすると上達が実感できるのも良いですね。
ステージクリア後に、リプレイが見られるのも嬉しいです。

通常ステージ
通常ステージ(クリックで画像拡大します)

特徴の異なる3人のキャラでゲームスタートし、ステージ中に救出するなどして、仲間が増えていきます。
仲間を救出するシチュエーションにも、小ネタが利いてますね。
カナダの制作会社なのに貞子が出てきたり、妙に日本人の感覚にマッチします。
寒い和訳も味がある…と言っておきましょう。

ステージ数は多くないですが、バリエーションに富んだ構成で良く出来ています。
空中ステージは難しいですけどね。

ステージ中のアイテムを集める収集要素があり、クリア後にはパズル色が強いミニステージが追加されます。(50面)
私はPS Plusのフリープレイで配信された分を遊びましたが、単品では2000円です。
ボリューム的に割高なのは否めませんが、満足度は高いです。

難点を挙げると、通常はどんどん移動するので気になりませんが、ボス戦は同じ画面で10人以上分身したりするので、さすがに見づらいケースが出てきます。
まあ、プレイスタイルによるんですけどね。

2016年6月7日までフリープレイで配信されているので、PS Plus加入者はもちろん、ボリュームをそんなに重視しない方には是非オススメしたいです。

【ゲームクリアー】

ボス戦(リプレイ中)
ボス戦(リプレイ中)(クリックで画像拡大します)

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > さ行 □■