□■ top > ゲームレビューの殿堂 > か行 □■

コンセプションU 七星の導きとマズルの悪夢 PSVita


タイトル
クリックで画像拡大します

人気?RPGの2作目。
前作は未プレイなので、比較は出来ません。
前作を知らなくても、問題なくプレイできました。

ギャルゲーとダビスタ要素を加えたRPGで、ヒロインとの間に子供を作り、主人公、ヒロイン、子供でパーティを組んでダンジョンを攻略していきます。
もちろん、ヒロインは複数いて、世界を救うためには、みんなと子供を作らねばなりません。

かなりふざけた設定ですが、ストーリーは意外とシリアスだったりします。

戦闘
クリックで画像拡大します

基本はギャルゲーですね。
RPGとしてはいい加減ですが、そこは後述します。

キャラクターデザイン、モデリングは好みでした。
イベントシーンでのヒロインの表情は、多彩で可愛らしいです。
乳揺れしよるし。
それと「愛好の儀」という子作りイベントは、とてもエッチですね。
ストーリーが進むに連れてエロさが増すという、ユーザがこのゲームに何を求めているのかを、しっかりと理解して作られています。(笑)

子供は簡単に増やせて、成長も早いです。
序盤は子供がすぐにレベルMAXになるので、育ちきった子供を「独り立ち」(仲間から外す)させて、街を発展させるのが楽しいですね。

イベント1
クリックで画像拡大します

拠点とダンジョンを行き来する形で、ゲームは進行します。
ダンジョン内ではシンボルエンカウントですが、クエスト対象の敵は、色で見分けがつくのが親切ですね。
また、レベルが低い敵は接触することで瞬殺出来ます。(マザー2みたいな感じ)

ダンジョンの数は多いですが、面白みのない自動生成ダンジョンで、それぞれに違いがないし、敵の種類も少ないです。
ハッキリ言って、単なる水増しにしか思えませんでした。

ダンジョンは狭く、見渡している間に敵が寄ってきてイラッと来ます。
扉の前に移動するのも嫌らしいですね。
雑魚戦でも逃げられないことが結構あり、基本、戦闘はオートで放置です。
たまにゲームオーバーになりますが、所持金2割減で済むので、まあいいかって感じで。

終盤のダンジョンは階層があるし、急に敵が強くなるしで、作業感満載でしたね…。
それと、独り立ちも初めは新鮮でしたが、慣れてくると子供の使い捨てに感じて、愛着も湧かなかったです…。

子作りするというアイデアと、エロ要素に頼りきりで、RPGとしては大雑把な作りです。
まあ、このゲームにそこまで求めていませんが、それなら、もう少しコンパクトにして欲しかった所です。

音楽は結構良い感じでしたね。(告白シーンやエンディングの歌など)

【ゲームクリアー】

イベント2
クリックで画像拡大します

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > か行 □■