□■ top > ゲームレビューの殿堂 > か行 □■

幻影異聞録♯FE WiiU


タイトル画面
クリックで画像拡大します

『ファイアーエムブレム』(以下『FE』)と『女神転生』(以下『メガテン』)をコラボレーションさせたRPG。

遊んでみると、メガテンよりもペルソナって感じですね。
キャラクターたちにFEキャラを憑依させた、任天堂版ペルソナです。

ペルソナらしく、戦闘は弱点を突く事が重要で、今作では弱点を突くと味方が追撃してくれます。
最初はあまり追撃出来ませんが、キャラを育てていくと次々と追撃してくれて、見ていて楽しいですし、戦略的にも追撃が肝です。
敵も追撃をしてきて、全体的に被ダメージが大きいゲームなので、なかなか手応えがある戦闘です。
シンボルエンカウントですが、ランダムで強敵も出現するので、息が抜けないですね。
まあ、ダンジョン内でも、どこでもセーブ可能なので、大分助かりますけども。

今作は、武器を使い込む事で新たなスキルを覚え、武器は敵を倒した素材から入手するのですが、戦闘が楽しいので、育成・強化のサイクルが苦になりません。
追撃をする事で、お金やアイテムが入手しやすくなるので、普通にやっていれば武器やスキルも揃っていきます。

ダンジョンの仕掛けもなかなか凝ってます。
最初のダンジョンから一筋縄ではいかなくて、目的地までは行けても、宝箱を全部取ろうとすると、頭を使います。
謎解きに集中したい時に、敵が寄ってくるとイラッと来ますが、敵をひるませてエンカウントを回避可能なので、許容範囲内ですね。

渋谷
渋谷(クリックで画像拡大します)

芸能界が舞台になっていますが、効果的とは言い難いです。
『メガテン』『FE』のユーザ層ともマッチしていないですし。
歌がたくさん入っていて、華やかなのは良かったですけどね。

ちなみに、FEキャラで登場するのは『暗黒竜と光の剣』『覚醒』のみです。
人気作に絞ったんでしょうが、偏りが過ぎますね。

戦闘
戦闘(クリックで画像拡大します)

その他の要素を箇条書きでまとめると、

セッション
セッション(追撃)(クリックで画像拡大します)

細かな点で気になる部分はありますが、ダンジョンの仕掛けに歯応えがあり、戦闘・強化が楽しいので、熱中して遊ぶことが出来ました。

ただ、『FE』要素は結構ありますが、『メガテン』要素はそれ程でもないので、それを期待している方には向かないかもしれませんね。
それと、ストーリーを重視する方には向かないでしょうね。

追撃、FEキャラ憑依と、一作で終わらせるには勿体無いシステムです。
任天堂版ペルソナとして、育てる価値があると思っています。

【ゲームクリアー】

トピック
下画面ではLINEみたいのも。(クリックで画像拡大します)

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > か行 □■