□■ top > ゲームレビューの殿堂 > は行 □■

ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。 PS3


タイトル
クリックで画像拡大します

ハーレム状態で開始する、オカルト・ホラーなテキストアドベンチャー。

システム的には、オーソドックスなテキストアドベンチャーで、いつでもセーブやスキップ機能など、一通りの機能は揃っています。

それだけに、評価はストーリー次第と言う事になりますね。

学園祭で出店する喫茶店のメニューを真剣に考えるのは、意外性があって新鮮でした。
町おこしがネタの一つになっているのも渋いです。

選択肢
選択肢(クリックで画像拡大します)

タイトルから分かるように、ハーレム状態でゲーム開始するのですが、ムフフな展開にはならないです。(変態チックなイベントはありますが)
後半はヒロインによって展開が分岐するのですが、どうせなら前半もイチャイチャする場面があって良かったと思いますね。
後半との落差を付ける意味でも。

後半のオカルト・ホラーの部分も、特に怖くは無かったですね。部長の顔以外は。
ただ、真ルート?は犯人探しを含めて、それまでの伏線を回収して、なかなかうまく出来ています。
一点、すんごく気になる点はありますが…。

あと、平穏無事なルートが欲しかったな、と。
こういうゲームなので仕方ないと言えばそれまでなんですけどね。

それと、効果音がショボいです。
テキストアドベンチャーは、ここにはこだわって欲しいです。

まあ、最後は上手くまとめてあるので、プレイ後の感想としては悪くないです。
ただ、オススメするほどでは無いかな…。

トロフィーコンプリートするのは簡単なので、それ目当てならオススメです。

【ゲームクリアー:トロフィーコンプリート】

挿絵。
挿絵(クリックで画像拡大します)

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > は行 □■