□■ top > ゲームレビューの殿堂 > は行 □■

ファイアーエムブレムif 3DS


タイトル白夜。
タイトル白夜(クリックで画像拡大します)

人気シミュレーションRPGシリーズで、3DSでは2作目。

今作は序盤で物語が分岐して、白夜編、暗夜編、DLC専用のインビジブルキングダム(以下透魔)の3ルートに別れます。
ですが、パッケージが白夜、暗夜に分かれているので、買った時点でどのルートかは確定しており、別のルートを遊ぶにはDLCとして購入する必要があります。
最初はこの分割商法に嫌気がさしましたが、3ルート遊んだ今なら納得出来ます。
分岐後はキャラやステージが全く違ってくるし、ボリュームもあるので満足してます。(透魔の序盤はステージの使い回しが多いですが)

ただ、満遊ぶ順番も大事ですね。
最初に暗夜を遊ぶと、白夜は物足りなく感じると思います。
白夜は難易度が低めで、ステージも「敵を全滅させろ」という面が多くて単調に感じます。
暗夜はターン制限や脱出などシチュエーションが多彩で、フリーマップがなく、限られたステージ数で育成する必要があって、やりがいがありますね。
透魔はステージの難易度自体は暗夜と変わらない感じですが、フリーマップがある分、楽ですね。

ちなみに、追加ルートを購入すると、セーブ枠も追加されるのは良いですね。(1ルート毎に3つ)

戦闘前。
戦闘前(クリックで画像拡大します)

ゲームの見た目は前作とほぼ変わりませんが、システムは変化をつけてきました。

まず、武器の耐久度が無くなりました。
遊ぶ前は懐疑的でしたが、特定のユニットに強い武器が多く、強い武器は使った後に一時的に能力が落ちるなど、色々な武器を使い分ける必要があって、うまく消化出来ています。
消耗が無くなった事で、武器の管理はだいぶ楽になりましたね。
武器は減りませんが、杖は消耗するし、クラスチェンジアイテムを買ったりするので、お金にはあまり余裕が無かったです。

それと、デュエルが廃止され、前作の大雑把なバランスから脱却しました。
前作のデュエルに当たる状態が「防陣」(能力を底上げし、敵の追加攻撃を防ぐ)になり、従来の支援が「攻陣」(命中率などを補正し、追加攻撃をする)となって、それぞれ仲間が戦闘に参加します。
基本は攻陣を使って敵を削っていく形ですが、要所で防陣を使う必要があり、使い分けを考えるのも楽しみ方の一つですね。
ちなみに、どちらも敵も使用してきます。

なでなで。
頭をなでて親密度アップ!(クリックで画像拡大します)

今作もステージ攻略後に拠点に戻って、そこでアイテム整理などを行います。
仲間と主人公の親密度を上げる事も出来ますが、頭をなでて親密度を上げるってどうなんですかね…。
正直言って気持ち悪いです。

また、前作同様、結婚して子供ユニットを仲間にすることが出来ます。
が、子供世代が登場する必然性が全くありません。
経験値の限られる暗夜ルートで、成長の機会が増える(ステージが増える)のはありがたいですが…。

気になった点を続けると、このジャンルで仲間がイベント離脱するのはどうなんですかね?
しかも、シナリオ的に意味があるとは思えないし…。

攻陣。
攻陣(クリックで画像拡大します)

まあ、気になる部分も書きましたが、やはり安定した面白さがあります。
今回はバランス調整が上手くいってます。
レベルアップ時に能力アップが渋い時がちょいちょいあるし、強いキャラでも守備が低い、素早さが足りないなどの欠点があったりして、強くなりすぎないのも面白さに繋がっています。
1ステージで1、2回はやり直しますが、大抵は自分のミスなので納得が行きますし。
シリーズファンの人には、暗夜がやりがいがあってオススメですね。

遊んでみると、このジャンルはキャラやステージなどの素材を使い回せるので、DLC展開するのに向いてるんだな、と。
そっちばっかり一生懸命でも困りますけどね。

【3ルートクリアー、難易度:ノーマル】

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > は行 □■