□■ top > ゲームレビューの殿堂 > は行 □■

初音ミク Project DIVA Future Tone PS4


タイトル
クリックで画像拡大します

アーケードで稼働中の『初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone』を、ダウンロード専用タイトルとしてPS4に移植。
2曲入りの本体アプリが無料配信され、追加コンテンツとして2バージョンが販売されています。

特筆すべきはボリュームですね。
2バージョン購入すると、224曲もの大ボリュームになります。

『Diva』や『mirai』シリーズと被る曲も多く、新鮮味に欠けるのは否めませんが、これ一つでカバーできる完全版として重宝しそうです。
まあ、これだけあっても、何で「shake it!」が無いんだ!とか思ったりもしますけど(笑)。

227曲
曲選択画面。(クリックで画像拡大します)

システム的には、『DIVA-F』シリーズとほぼ同じですかね。
ボタン2個、3個の同時押しが難しいですが、譜面そのものは、かなり素直に作られている印象です。

今作では、ホールド(長押し)がボーナス扱いになりました。
長押ししなくてもミスにならないので、パーフェクト狙いならする必要はありません。
ただ、スコアアタックやクリア狙いでは重宝するので、取捨選択も楽しみ方の一つですね。

既出曲は、基本的に当時の映像を綺麗にした形です。
ただ、『DIVA-F』シリーズと比べて演出面が弱く感じます。恐らく、譜面が見やすい様に配慮しているんだと思います。

その他にも、カスタマイズで同時押しを任意のボタンに配置出来たり、スティックの判定が甘めだったり、遊びやすさに配慮した作りです。
とは言っても、両手打ちできる事が前提になっている気はしますけども。

また、苦手な所をピンポイントで練習できる練習モードがあります。
これが大きいですね。これのおかげで、かなりモチベーションを維持できます。
PS4版『Diva-X』にも搭載して欲しいですが、どうなりますか。

地味な所では、トゥーン調グラフィックの曲で、どのモジュールを使ってもしっかりとトゥーンっぽくなるのが凄いな、と。

リズムゲーム
クリックで画像拡大します

目新しさはありませんが、今まで集大成としてこれ一つで賄えるのは大きいです。
ディスクを入れ替える必要もありませんし、長く遊んで行きたいです。

ちなみに、ほぼ難易度ハードで遊んでいますので、他の難易度では当てはまらない部分もあるかと思います。

【トロフィーコンプリート】

ロード画面
撮影したスクリーンショットをロード画面に設定可能です。(クリックで画像拡大します)

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > は行 □■