□■ top > ゲームレビューの殿堂 > あ行 □■

アラン ウェイク Xbox360


タイトル
クリックで画像拡大します

スランプ中の作家が主人公のアクションアドベンチャー。

作家が主人公だけあって、派手なアクションはありませんが、戦闘時は、ライトを当てて敵のバリアを破ってから、射撃でトドメを刺す必要があるのが特徴的です。
手順を踏む分、射撃の標準合わせがしやすく、判定も甘めです。

で、作り込みが凄いですね。
劇中でTVやラジオの番組があったり、物語のキーとなる原稿があちこちに落ちていたり、まあ、手が込んでいます。
特にTV番組は雰囲気が出ています。

ゲームは章立てで進行し、各章が終わると、海外ドラマ風の演出が入ります。
そこでボーカル入りの曲も流れるんですが、これがいい感じなんですよね。

ホントに手が込んでいるので、ハマる人は凄くハマるんじゃないかな。

なんとなく、プレイ感覚が『サイコブレイク』に近い感じがしますね。

【ゲームクリアー:難易度ノーマル(特別編1・2含む)】

フィールド
クリックで画像拡大します

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > あ行 □■