□■ top > ゲームレビューの殿堂 > あ行 □■

EVE burst error R(イヴ バーストエラー アール) PSVita


タイトル
タイトル(クリックで画像拡大します)

1995年に発売されたテキストアドベンチャーをPSVitaに移植。

2人の主人公を、任意のタイミングで切り替えながら進めていくのが特徴的です。

元が携帯電話が普及する前のゲームだけに、流石に時代を感じますね。
ただ、どこでもセーブ、既読スキップなど、今のテキストアドベンチャーに必須の機能は実装されています。

それと、ヒント機能で、次にどこに移動すれば良いか、主人公切り替えのタイミングが分かります。
と言うか、これがないとコマンド総当りになるので…。

「移動」「話す」「見る」などのコマンドを選択してゲームを進めていくのですが、「見る」と「話す」を交互に選択しないといけなかったり、「話す」を連続で選択する必要があったりして、面倒ですね…。
主人公がプレイヤーと対話する形なのはユニークですが、主人公の言動がうすら寒く、コマンド選択が面倒なのも相まって、イラッと来ることもあります。

女性が襲われているのに、現場で何度も話しかけたり、周囲を見ないと助けられないとか、テンポが悪いですね。
この辺の面倒な部分は、今風にアレンジして欲しかったですね。

ただまあ、くだらない選択肢でトロフィー獲得など、遊び心があるのは良いかな。

サイトチェンジ
サイトチェンジ(クリックで画像拡大します)

元がアダルトゲームなので、エッチなCGが多いですね。
正直、古さを感じますが、これはこれで時代を感じられてアリかと。
ただ、イベントを丸ごとカットしているのか、前後の繋がりに不自然なシーンも有りますね。

さて、テキストアドベンチャーの命であるストーリーについて述べていきます。
ゲームのテンポが悪く、序盤はイマイチですが、2人が交差してくる後半は面白くなってきます。
オチはイマイチに感じましたが、トータルでは満足の行く出来です。
流石に何度も移植されているだけはありますね。

ファジー
ファジーとか、懐かしすぎ…(クリックで画像拡大します)

コマンドの煩わしさを手直しできれば、再ブレイクするポテンシャルはあると思うんですけどね。
シナリオにおんぶに抱っこで、ちょっともったいないですね。

【ゲームクリアー:トロフィーコンプリート】

イベント
イベント(クリックで画像拡大します)

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > あ行 □■