□■ top > ゲームレビューの殿堂 > あ行 □■

エンドオブエタニティ PS3


戦闘
戦闘シーン(クリックで画像拡大します)

銃が武器のRPG。

戦闘、キャラの成長、フィールドなど、独自のシステムが満載です。
チュートリアルがお世辞にも万全とはいえず、理解するまでが大きな壁です。

特に戦闘システムをすんなりと理解できる人は、どれだけいますかね?
かなりとっつきにくいですが、理解出来てくると、俄然面白くなってきます。
シミュレーション的な楽しさで、立ち回り次第でガラッと戦局が変わってきます。
連続ヒットを決めるとド派手で見栄えがしますし、敵の装甲をひっぺがえすのは快感です。
本来ならどんな戦闘かを説明すべきですが、全く説明できる気がしないので、割愛します。(笑)

ただまあ、レベル上げや武器のカスタマイズをしっかりとやらないと詰まりますね。
ボスに勝てずに、何度か黙々とレベル上げをしましたよ。
それと、行動力が増えるアイテムを集めとかないと、致命的にしんどいのですが、ゲーム中に説明が無いです…。

あと、一時的に1人、2人がパーティから抜ける場面がありますが、3人パーティが前提の戦闘システムなので、詰みかねません。
慣れてくると戦闘がダルく感じたりもするので、変化をつけたかったのは分かりますが、3人じゃない戦闘は更にダルかったです…。

フィールド
アイテムを使ってフィールドを開放していきます。(クリックで画像拡大します)

まあ、かゆい所に手が届かない、惜しいゲームですね。
部位破壊や、ヘックス状のフィールドマップだったり、武器のカスタマイズ(面倒でもありますが)など、独自システムだらけの割りには、光る部分が沢山あります。
グラフィックもキレイですしね。
が、ダンジョン内で装備が変更できなかったり、闘技場のランクアップのシステムだったり、面倒なことも少なくないです。
新規タイトルだけに、仕方ない部分もあるんですけどね。

万人受けするタイトルではありませんが、ここまで尖ったゲームを発売したことは評価したいです。
そして、いつの日か、磨き上げた次回作を出してくれたら嬉しいですね。

【ゲームクリアー】

イベントシーン。
イベントシーン(クリックで画像拡大します)

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > あ行 □■