□■ top > ゲームレビューの殿堂 > あ行 □■

アイドルマスター マストソングス 赤盤/青盤 PSVita


赤盤 青盤
タイトル画面(クリックで画像拡大します)

『アイドルマスター』シリーズの楽曲を『太鼓の達人』のシステムでプレイする音ゲー。
セーブデータ、トロフィーは赤・青で統一です。

『太鼓の達人』は難しいイメージでしたが、遊んでみると、そんな事もなかったです。
簡単な操作で効果音も気持ちいいので、楽しく遊べます。
基本的に歌詞よりもリズム重視の譜面ですね。

ゲームの流れとしては、まず、好きな曲をプレイしてマニーを貯めます。
貯めたマニーを使って2〜5曲のライブフェスティバルを開催し、ファンを獲得してプロデューサーランクを上げます。
ランクが上がると、ショップの品揃えや獲得マニーが増えていきます。
曲はすぐに揃うので、ライブを無視して、好きな曲だけ遊んでも問題ありません。

太鼓だけに連打する場面も多いのですが、難易度「むすかしい」までなら何とかなるレベルかと思います。
これで興味が出たので、10数年ぶりにゲームセンターに行って、本家『太鼓の達人』を遊んでみました。
太鼓は太鼓なりの難しさがありますね。ボタン操作より連打しやすいだろうと思ってましたが、そんなに甘くはなかったです。

ゲーム画面
クリックで画像拡大します

さて、システム的には完成されていて、特に不満はありません。
譜面も楽しく叩けますし、難易度の上昇カーブも問題ないと思います。
楽曲に思い入れがあれば、十分に楽しめる作品と言えるでしょう。

ライブ選択
クリックで画像拡大します

アイマスに特化した作品なので、アイマスっぽい要素もいくつかあります。

まず、プレイ中にコンサートライトの色や明るさを設定できるのですが、これが思いの外、雰囲気が出て良いですね。
ライブっぽい感じがします。
また、2〜5曲を続けてプレイする「ライブフェスティバル」というモードがあるのですが、簡単なMCが入ったり、初回プレイ時に曲目が分からなかったして、やはりライブ感がありますね。

お金を貯めて、効果音の変更や着せ替えをすることも可能です。
ただ、効果音はネタっぽいのばかりで実用性に欠け、着せ替えも、太鼓を着せ替えても面白くないので…。
ステージで踊っているキャラを着せ替え出来ると良かったんですけどね。

見た目が地味なのは間違いないですが、前述のライブ感だったり、見せ方は決して悪くないです。
特に「約束」の演出は泣けますね。

レッスンモードが大変充実している点もプッシュしたいです。
お手本プレイを参照可能で、苦手な部分を集中して練習出来て、すっごく便利です!!
全ての音ゲーに標準搭載して欲しいです。

ゲーム画面2
クリックで画像拡大します

とても楽しんでしますが、ここらで難点も挙げておきます。

何と言っても、赤盤/青盤で分割されていることですね。
それぞれ40曲という数が少ないとは思いませんが、入れ替えが発生するのが凄く残念です。
「まだまだ赤盤で遊びたいけど、口直しに「スモーキースリル」(青盤)を遊びたい気分なんだよな〜」って感じですごくモヤモヤするんですよね。(スモーキースリルは叩いて楽しい曲で、新たな魅力が発見できました)

分割になった事で、ライブフェスティバルのソロライブで全体曲が組まれるなど、曲チョイスが変な部分もあったり、選曲に偏りも見られます。
当たり前のように展開される、アイマスの分割商法は何とかならないんですかね?

あとは、操作が3タイプから選択できますが、カスタマイズ出来ても良かったんじゃないかと思います。

売り方に不満はありますが、ゲームそのものは満足いく出来栄えです。
見た目は地味ですが、叩いて楽しいので、アイマス曲が好きな方にはオススメです。

【ゲームクリアー】

エンディング
クリックで画像拡大します

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > あ行 □■