□■ top > ゲームレビューの殿堂 > あ行 □■

アイドルマスター ワンフォーオール PS3


タイトル画面
クリックで画像拡大します

『アイドルマスター2』の素材を再利用した、PS3でのシリーズ2作目。

見た目は一緒ですが、システムは大きく変わっています。
今まではリーダーを1人決め、1年間プロデュースする形でしたが、今回は、13人のキャラ全員を同時にプロデュース可能で、期間は無制限になりました。

ゲームの流れとしては、1年間を春夏秋冬に分け、季節ごとの目標(ファンを○○人増やせ、スコア○○点取れ等)を達成する事で、担当出来るアイドルや使える楽曲が増えていきます。
従来はレッスンをすることで能力値を上げていきましたが、今回は仕事をこなす事で経験値を得て、レベルアップで能力が上がる形になりました。
レベルとは別にスキルのチョイスもできるので、育成方針に幅が出るし、キャラごとにステージ攻略で個性が出やすくなっています。

スキル シーズン目標
クリックで画像拡大します

レッスンは数週間能力を補正するものになり、1週消費する事もなくなりました。
今までは1年の1/3〜半分くらいレッスンで消化し、作業感が強かったんですが、これが解消されたのは大きいです。
また、ステージで使用する楽曲も前作までは最大5曲だったのが、全ての楽曲をいつでも切り替え可能で使える様になりました。
今まではどうしても攻略に有利な曲を使いがちでしたが、好きな曲を気分に合わせて使える様になって、本当にうれしい変更点です。
他にも、ステージの曲終わりにカウントダウンが表示されたり、かなり遊びやすくなっています。

玲音さん 玲音さん2
クリックで画像拡大します

それと、今まで不満だったアイドル同士の絡みが格段に増えました!
従来はユニット内でもメンバー同士の絡みがほとんどなく、担当外のキャラに至っては存在感皆無だったんですが、今作では、出社すると挨拶してくれたり、事務所内を自由に過ごしていたりして、初めて見た時はちょっとした感動を覚えましたよ…。
イベントも豊富で、そこでキャラ同士の掛け合いが多数発生して、ようやく願いが叶いました…。

また、今作では各キャラのメインストーリーを振り返る事が可能です。
13人もいると忘れてしまうし、πタッチ別の選択肢を試せるので、非常にありがたいです。
ただ、ストーリー自体は、やよいが成長を感じられるかな、という程度で、印象に残らない話ばかりです。

キャラとのイベントは非常に多いですが、単発ばかりでストーリー性に欠けるし、キャラの内面に踏み込むのを、意図的に避けている様に見受けられます。
アイマスのストーリーはいつもそんな感じと言えばそれまでなんですが、今作は集大成な作りだけに、しっかりしたものを見せて欲しかったですね。

朝の挨拶 事務所での一コマ
事務所の様子(クリックで画像拡大します)

さて、13人プロデュース可能という事は、13人育成することにもなるので、さすがに途中でダレて来ます。(固定メンバーだけの育成でも、ゲーム進行は可能です)
本編では、ある程度進むとCPUに負けることが無くなってくるので、緊張感も薄いですし。
前作では、1年で区切ってリフレッシュ出来たのですが、それもありませんので。
ストーリーに魅力があれば、違って来たと思うんですけどね…。

オーディション フェス
ステージ(クリックで画像拡大します)

その他細かな要素としては、

選択肢 コミュ
クリックで画像拡大します

DLCもいくつか購入したので、そちらも述べてみたいと思います。
追加シナリオ1〜3、EXシナリオ1〜3を購入しました。

追加シナリオはそれぞれ独立していて、ステージ4回と新曲、衣装、小話、13人ステージのPVが付いています。小話は振り返り可能です。
小話は大した内容では無いので、気に入った曲があれば購入を視野に入れても良いと思います。

EXシナリオは各キャラ一人(ソロ)で進行し、一つのシナリオで、ステージ4回とストーリーが入っていて、ストーリーは振り返り可能です。ストーリーは1〜3までの続きモノです。
最初のシナリオで各キャラ専用の楽曲が追加され、2つ目で専用衣装、3つ目でストーリーが完結し、ライバルキャラの新曲も3つ目に含まれます。
また、EXシナリオをプレイすることで、新規のコミュも発生します。本編では顔見せ程度にしか登場しないライバルも、ここでガッツリと絡んできます。
それと、ここでのCPUは強いので、ゲーム的にもやりがいがあります。

EXシナリオでやっとパーソナルな話になってきて、これは本編に入れるべきだろうと思いましたね。
まあ、出来が良いかと言うと、それはまた、別の話、ですけど…。

最初のシナリオで各キャラの新曲が追加されるので、一人当たり約383円で新曲がプレイできるのは悪くない…という思考は、すっかり毒されているんでしょうか?
第一弾の新曲は第二弾の衣装がないと真価を発揮しないし、第三弾でストーリーが完結しないとモヤモヤするので、結局3つとも買うことになりそうですけど。
本編が気に入って、まだまだこの世界に浸りたいな、と思ったら購入してもいいんじゃないでしょうか。

コミュ2 コミュ3
クリックで画像拡大します

遊ぶ前は、前作と今作は『ピクミン』『ピクミン2』みたいな感じかな、と思ってましたが、それとはちょっと違いました。
攻略のしがいがあるのが前作で、まったりとコミュニケーションを楽しむなら今作と、続編でも方向性に違いがあるのは同じです。
ただ、今作の快適さ、賑やかさに慣れると、前作には戻れないかなーって。

今作はアイマスの入門編であり、集大成でもあります。
初めてプレイするなら、今作が一番でしょうね。

この世界にいつまでも浸っていたい、と思わせる心地よさがあります。
ただ、ある意味『サザエさん』の様な変化の無い、停滞した世界とも言えます。

私はアイマスのキャラクタには成長していって欲しいと思っているので、次回作では思い切った変化に期待したいです。
いつまでも弟の話や猫の裏返しを繰り返すのは気の毒ですよ。

【ゲームクリアー:トロフィーコンプリート】

ライブ コミュ4
クリックで画像拡大します

□■ top > ゲームレビューの殿堂 > あ行 □■