スーパーマリオワールド

アクション      1990年11月21日発売   任天堂


スーファミ最初のゲーム。当時ファミコンしか知らなかった私は「これが新型の威力なのか!?」と、すんごく衝撃を受けた記憶があります。

最初ということで、ファミコンとの違いをこれでもかっとアピールしてます。
まずは遠近感があり、透明処理されたグラフィックです。色の数も全然違って、淡い感じの優しい色使いがなされています。ファミコンでは、目が黒い点一つだったマリオが、ちゃんと白目もあって本物?の目になってます。
次にキャラクターのアクション、特に敵キャラの動きが多彩でびっくりした記憶があります。また、ヨッシーが「ヨッシー」っと声を出します。そして、ボタンが4+2個に増えたことです。これにより操作も忙しくなり、少し戸惑った思い出があります。

ゲームとしては、ヨッシーという乗り物が登場してアクションの幅が増えましたが、先にも述べた通りボタンが一気に増えて、当時としては操作性に難があったのかもしれません。が、4つボタンに慣れれば大丈夫ですし、ゲーム中にも操作についての説明がある親切設計になっています。

スーファミ発売当初はあまりタイトルが揃わず、しばらくはこのゲームがスーファミ界全体を引っ張っていった時期もありました。また、その牽引車の役割を見事に果たしていたと思います。このソフトの登場で、一気にスーファミ時代の幕が開けたと言っても良いと思います。他のソフトメーカーにも、スーファミのゲームの方向性を示したのでは・・・と、勝手に思ってたりもします。

公式ページへ

TOPSFCレビュー