ロマンシング サ・ガ

ロールプレイング      1992年1月28日発売   スクウェア


このゲーム、「ほっぽらかしのRPG」と言うのがあっている気がします。8人の中から主人公を選び、どんなイベントをこなしていくか、誰を仲間にするかをプレイヤーに委ねる、いわゆるフリーシナリオを採用した作品です。

マップ移動やエンカウントの仕方、キャラクターの成長方法、吹き出し式の文字表示等「FFとはちと違うのよ」と、これでもか!と新しい要素を詰め込んでいます。まるでスーツケースに荷物をぎゅうぎゅうに詰め込むように。そしてお約束通り、詰め込みすぎて中から洋服が飛び出してきます。まさしくこのゲームそのものです。

いろいろな要素を詰め込んだのは良いのですが、全てが上手く消化されているとは思えません。
と言うより、完成途中で発売してしまったのでは?と思ってしまいます。例を挙げると、オープニングに出てくる、3人の邪神のうち1人が出てこなかったり、その邪神を封印する為の宝石がいくつか出てこなかったり、なんとも中途半端です。
しかし、これがファンの想像力を掻き立て、マニアックな人気が出たりして、世の中どう転ぶかわからんものです。
また、システムの面でも、お金が9999になったら、ジュエルという別の単位に換金しないとこれ以上お金を持てなかったり、練りこまれていない部分があります。

と、ここまで気になった点ばかり述べてしまいましたが、マップ移動は自由にいろいろとするにはぴったりですし、スピーディにイベントが進む感じもします。
あと、仲間をとっかえひっかえ出来て、しばらく別れていた仲間と再び合流すると強くなってくれており、「こいつにもいろんな事があったんだろうなぁ」等と勝手に想像して楽しんだりもできます。
キャラや進行状況によって現れるイベントが多岐にわたっており、仲間に出来るキャラクターも多いので、一回のクリアで終えるにはもったいないゲームです。

この作品、ヒントが少なかったりして、結構プレイヤーを突き放したスタンスを取っており、難易度は少し高めと言えるでしょう。ですが、そこがこのゲームの特徴で人気の一つだと思います。

あと、いつも思うのですが、スクウェアのアイデアを形にする力は素晴らしいと思います。新作が出るたびに新しいシステムが塔載され(特に、魔法・技関係)、シリーズ物でもシステムが変わっていない方が珍しいです。
必ずしも全てが上手く行っているとは思いませんが、新しい事へ挑戦し、それを形にするパワー、アグレッシブさは、きっととても大切なものなのだと思います。

さて、この作品に戻りますが、今やると、展開が急で演出が物足りなく感じるのは、きっと時代のせいでしょう。
また、フィールドで敵が見えるので、その数の多さにげんなりする事もあります。ですがその反面、敵の群れを上手くすり抜けられた時は、サッカーの「○人抜き」みたいでとっても快感です。


PS2版レビューへ

TOPSFCレビュー