メタルマックスリターンズ

ロールプレイング      1995年9月29日発売   データイースト


荒廃した大地を戦車で駆ける、オリジナリティあふれるファミコンのRPGのリメイク版。
リメイクですので、賞金首が追加されたり、「今週のターゲット」等、メタルマックス2のシステムが取り入れられ、また、グラフィックも「2」より向上しています。当時、これがデータイースト最後のメタルマックスになろうとは、誰が予測できたでしょうか…。

戦車と人間、二つのステータス・装備・道具が存在する為か、若干操作性が悪く感じることがあります。ショートカットキーが設定できたりして、その辺に対する配慮もあるのですが、「話す」と「調べる」を一つのボタンで共用できなかったり、チョット不便です。
また、「2」にあった、全戦車のステータス一覧や装甲タイルのオート除去が出来なくなってるのも、不満点です。

なんかいきなり愚痴で始まってしまいましたが、全体的にはかなり良い出来にあります。元のファミコン版の出来が良いので、ボリューム的にも満足できますし、賞金首を捜す楽しみも増えました。 人間戦と戦車戦のメリハリもあります。
また、ストーリーが全くないので、自由に世界を世界を駆け巡り、賞金首を倒して戦車に金を注ぎ込む、まさに「自分の為だけに生きる」ハンター気分を満喫できます。
戦車を強くするにはひたすら金を掛けることであり、インテリアショップを含めてゲーム終盤まで、とにかく「お金第一」というのは、このシリーズならではではないでしょうか。
ストーリーはありませんが、世界が荒廃した理由はしっかりと知ることが出来ます。

このゲームは明確なクリアがなく、戦車を手に入れればいつでもエンディングを見る事が出来ます。
このエンディングも、DQ3を思わせるような出だしで、倒した賞金首を振り返ったり、いい感じになってます。

それにしても、シリーズがこれで終わりになるとは本当に残念です…。


TOPSFCレビュー