マーヴェラス〜もうひとつの宝島〜

アドベンチャー      1996年10月26日発売   任天堂


ずっこけ3人組を操作して、宝島の謎を解くアクションアドベンチャー。
といっても、アクション要素はそれ程高くなく、謎解きがメインになっています。

3人を操作するので、個別に操作したり、3人で協力して先に進めたりと、GCの「ゼルダの伝説 4つの剣」を一人でやっているような感じですが、ハッキリ言ってこちらの方が断然面白いです。まあ、マーヴェラスは一人用に作られているんで、当然といえば当然ですね。
謎解きはそれ程難しくは無いのですが(ヒント機能もあります)、進めていく中で、「コツ」を徐々に理解していき、それを考えながら解いていくのが、やはり楽しいです。

強いて言うなら、3人同時に行動することが多いので、個々に謎を解いていって、お互いの道を補完しながら進む場面(3人が分かれて、最後に合流って形)がもう少し欲しかった感はあります。
まあ、個人的に、別れた仲間が合流する流れが好きなだけなんですけど…。

ゲームの流れは、複数の宝島を回って「お宝」を集めることで進んでいきます。当然島によって特徴が違います。特に印象的なエピソードはありませんが、会話が結構楽しかったですね。

SFC後期にしては、グラフィックが良いとは思いませんが、小さなキャラクタが多彩なアクションをして、そこそこといった所でしょうか。音楽もまあ、そこそこかな。

アクションアドベンチャーとして、最後の最後までテンポ良く楽しめる良作と言えるでしょう。

公式ページへ

TOPSFCレビュー