ガデュリン

ロールプレイング      1991年5月28日発売   セタ


記念すべきスーファミ最初の国内産RPGです。
ムービーが挿入されたり、文字をカラフルに彩ったりして、スーファミらしさを視覚的に表現しています。特にムービーの美しさは、さすがスーファミだという感じで、このムービーが購入の決め手になった人も多いのではないのでしょうか。

ゲームの内容の方は、宇宙船の故障で未知の惑星に不時着した青年のお話で、ドラクエタイプのオーソドックスな感じですが、細かい所にオリジナルの要素がいくつかあります。

特に戦闘に細かいことろが多く、例えば「逃げる」ときに速攻で逃げる、お金をばら撒きながら逃げるといった選択が出来ます。他にも、敵を倒すと戦闘中に経験値が入るので、戦闘中にレベルが上がったりします。
また、敵モンスターを仲間にして一緒に戦ってもらう事も出来ます。メガテンの様に「いつでも一緒」という訳ではないですが、かなり役に立ってくれます。
それに、会心の一撃も、通常の他に5回くらい連続で攻撃する物もあります。そのネーミングも「涙の一撃」等、ちょっと変わったユニークなものになっています。このように、せっかくの大容量なのだから、いろいろやってみよう!というノリなのでしょうか。また、街の中でも、ごくたまにですが敵が出たり、変わった所に凝っている印象です。

全体的には、水準はクリアしていて遊び易く、楽しくプレイした記憶があります。今やっても、結構楽しめるかなっと思いますので、500円ワゴンセールやなんかで見かけたら、遊んでみてはどうでしょう。バッテリーバックアップが切れてるかもしれませんが。

かなり昔の記憶を頼りに書いたのですが、あってますでしょうか?

TOPSFCレビュー