ガイア幻想紀

アクションRPG      1993年11月27日発売   エニックス


少年少女が世界の遺跡を旅するアクションRPG。風で髪がなびくところに感動しました(笑)。

旅の途中で身につける特殊能力を駆使して、ダンジョンを攻略します。
難易度は特に高くありません。また、一定エリアの敵を全滅させることでパラメータがアップするシステムなので、ごく一部を除いて、一度倒した敵は復活しません。なので、アクション好きの方には物足りないかもしれません。
ただ、ダンジョンの仕掛けを解く為に同じエリアを行き来することが少なくないので、個人的には良かったです。

プレイヤーが操作するのは主人公の少年のみですが、友人達が同行するので、彼らとの会話など、ストーリーにも重きを置いています。
そのストーリーは、登場人物の心の動きが丁寧に描かれていて、個々のサイドストーリーは切なさを感じさせるものが多く、記憶に残ります。
が、本流は後半になると話が大きくなって良く分からなくなったりします。まあ、ゲームのストーリーは大抵そんなもんですけどね。

アクションゲームなので、アクションについて述べますと、割と簡単な操作で様々なアクションが出来るのが良いですね。ゼルダの様に装備を入れ替えたりする必要も無いですし。
また、色違いの敵が少ないのも良いですね。倒した敵は復活しませんが、その分結構な数が配置されています。アクション部分も全体的に良く出来ている印象です。

最後に難点を挙げると、収集要素があるのに、戻れない場所が多いのが残念です。ストーリー上、致し方ない部分もあるんですけどね。


公式サイトへ

TOPSFCレビュー