ファイナルファンタジー4

ロールプレイング      1991年7月19日発売   スクウェア


スーパーファミコンではじめてのファイナルファンタジー。
パワーアップした美しいグラフィックと、流れるようなイベントがプレイヤーを惹きつけます。特にグラフィックは透明感があり、飛空挺の移動表現などスーパーファミコンならではのものになっています。

FFはシリーズによってかなり趣が異なりますが、今作はキャラクタ・ストーリー重視のつくりになっております。ここまでキャラが立っているのはシリーズ初と言っていいでしょう。(「2」は動きがあるのは4人目だけだったし)
そのキャラをフルに生かす為か5人パーティを採用しています。

また、システムにおいては、初めてアクティブタイムバトルを導入し、素早さ・魔法の詠唱時間などが反映された、リアルタイムバトルになっています。戦闘でのキャラの特徴も際立ち、弱点や特定攻撃による反撃等「考えさせる」敵も多く、ぐっと戦略性が高まっています。

考えてみると、戦闘参加キャラ・特徴共に固定化された唯一のFFになります。(10までで)。ですから、人によって攻略法が変わってくる事はあまり無いと言えるでしょう。その半面、特定のキャラを育てていないので、後で苦労する…といったこともありません。

小さなキャラですが頑張っているイベント、敵キャラにも見せ場を作ったり、ストーリーもなかなかです。そして、完成度の高いアクティブタイムバトル。特にこの新バトルシステムの成功が、FFの展望を明るくしたのではないでしょうか。


DS版レビューへ

TOPSFCレビュー