ブレスオブファイア2

ロールプレイング      1994年12月2日発売   カプコン


オーソドックスなタイプのRPG。合計9人(戦闘参加は4人)のキャラクターを使って旅をしていきます。全体の印象はFF6に似た感じです。

が、やはりFF6には及びません。なぜなら、RPGを作り慣れていないなと感じざるを得ない点が、少なからず見受けられるからです。
例を挙げると、メッセージスピードを速く設定しても遅い点や、町の入口で「○○村へようこそ」と誰も言ってくれない町が少なくなく、何という町に居るのか判らない点。
ルーラを覚えるのが遅く、また主人公が覚えない(この為、パーティーに入れる仲間の選択肢が狭まってしまいます)ので、序盤の「お使い」で、町を歩いて移動せねばならないのが、かなり面倒くさい点。
更に、弱い敵も必ず逃げられる訳でないので、相手をするのも煩わしい点に、戦闘で眠ってしまったら、ぶっ叩かれるまで永遠に眠り続けてしまう(自力で起きてくれない)点。
あと、グッドエンディングを見るには、物陰に隠れている階段を見つけなければならず、しかもノーヒントっていうのはハッキリ言って間違ってます。

その他にも細かいことを言ったらきりがないのですが、何といっても一番気になるのが、エンカウント率が高いことです。正直参ります。しかも回復魔法の消費MPもデカめなので、序盤は結構辛いです。エンカウントについてはテストプレイを少しやってみればすぐに分かるハズです。MP回復アイテムが買える事で、少しは考慮していると見受けられますが、何しろ戦闘がうっとうしくて困ります。

と、ここまであれがダメ、これもダメといろいろ言ってきましたが、もちろん良い所もたくさんあります。まずは、キャラクター毎にイベントがたくさんあって、いろいろなキャラクターを生かすことが出来る点です。
…が、ここでまた一つ駄目出しをすると、イベントがあるキャラを育てていなかった場合、そのキャラせっせとをレベル上げしないと先へ進めないのが…。

さて、気を取り直して良い点を続けると、フィールドや戦闘の音楽がいくつも用意されているのも特徴的です。
ただ、いきなり変更されるので面食らいますけどね…。
で、音楽はカッコイイ物が多いです。それにグラフィックも頑張っていると思います。また、釣りや狩りなど各キャラの特技や共同体などミニシステムも豊富です。そしてダンジョンも良く作り込まれていて、やりがいのある出来になっています。

また、町の人の会話が結構楽しいです。発売した会社が大阪だからかどうか判りませんが、結構笑わせてくれます。
お話は序盤は結構ギャグっぽいのですが、中盤過ぎから一気にシリアスになってきます。この辺のギャップが気になりましたが私は好きです。ストーリーで付け加えると、序盤に伏線を張っておいて後半に巧みにつなげている所が素晴らしいと思います。また、前作とのちょっとした絡みもあり前作を遊んでいるとちょっぴりお得な感じです。

後半のシナリオは他のRPGと比べても決して見劣りしない素晴らしい出来です。高いエンカウントに耐えた後にはきっと感動が待っていると思います。


TOPSFCレビュー