た行

タイトル感想評価(5点満点)
ダーウィン・アワード殺人犯を取り逃がす失態を犯した、ロサンゼルス市警のプロファイラー・ハワード。辞職し、保険会社の調査員として不可解な死を遂げたケースを調査する…。
主人公がなかなか魅力的で面白かった。脇も味がある。で、やっぱりウィノナはかわいいなぁ。年とったけどね。
久しぶりにジュリエット・ルイスを見たけど、さすがに老けたね…。
星4つ
ダーウィンの悪夢タンザニアのヴィクトリア湖では、外来魚のナイルパーチの輸出が一大産業となっていた。だが、ナイルパーチは従来種を食い荒らし、湖の環境を狂わせ始める。「ナイルパーチ産業」は雇用を生み出したが、飢餓や武器ビジネスなど、負の連鎖に繋がり…。
ドキュメンタリー。観る前は自然環境のことがメインかと思ってたけど、それよりも貧困や武器に多くの時間が割かれている。劇中の「私は世界中の子供の幸せを願っている。だが、どうしたら良いんだ」という言葉があまりにも重い。
星3つ
ダーク・ウォーター黒木瞳主演『仄暗い水の底から』をハリウッドリメイク。
オリジナルは見ていないので分かりません。ホラーかと思ったけど、怖くは無く、切ない系。ラストが前向きな感じなのは良かったが、平穏に終わるこれ系映画があってもいいと思うが…。ダークウォーターだけあって、水が汚い(苦笑)
星3つ
ダーク・シャドウ呪いによってヴァンパイアにされ、棺桶に封印された青年が、現代(1970年代)に蘇り…。
ジョニー・デップが演じるには、年齢的に無理がありませんかね?まあ、このコンビがあってこその映画だってのは分かるけど。で、その主人公は結構ひどい奴で感情移入出来なかったな。
この映画のエヴァ・グリーンは凄く魅力的だった。今までで一番かも。一番魔女っぽいミシェル・ファイファー(失礼!)が一番ノーマルな人間ってのがクスリとくる。
星3つ
ダークスカイズ郊外に暮らす4人家族の家に、何者かが侵入した形跡が…。
面白くて怖くて楽しめた。
星4つ
ダーク・タイドサメの生態系を映画に撮るため、海洋学者がサメのそばを泳ぎ…。
あそこまで行ったら、みんなを生かす流れにして欲しかった。途中で主人公のキャラが変わりすぎ。いつも思うけど、こういう映画の撮影ってどうやってるんだろうね?
星2つ
ダークナイトクリスチャン・ベイル主演のバットマン2作目。
敵役であるジョーカーの狂気ぶりが半端じゃない。そこから引き起こされる物語にも重厚感がある。タイトルの意味が分かった時には身震いした。
星4つ
ダークナイト ライジング3部作の完結編。
所々「ん?」って場面はあったけど、そんな事関係なくラストは鳥肌が立った。一番好き。
星5つ
ダーク・フェアリー欧米でメジャーな歯の妖精を題材にしたホラー。
カメラを武器に、立ち向かう要素がもっと強い方が面白くなったんじゃないかな。
星2つ
ダークホース リア獣エイブの恋独身のエイブは結婚式で女性に声を掛け…。
何が現実で何が夢、妄想なのか訳が分からない。子供が生まれるには日にちも短いし、とにかく良く分からん。
星2つ
ダークマン人工皮膚を研究しているペイトン。ある日、研究室にマフィアが押し込み…。
サム・ライミ監督作品。なる程、今見るとスパイダーマンに通じるものがあるな。もっとホラーっぽいのを想像してたけど、SFアクションっぽいね。
星3つ
ダーケストアワー 消滅モスクワにプレゼンに来た若者2人。だが、商品を横取りされ…。
ジャンルを知らずに見たが楽しめた。最後のワンカットはいらんかったと思う。
星2つ
ターゲット暗殺者が女詐欺師殺害の依頼を受け…。
コメディなんだが、どうもピンとこなくて30分過ぎでリタイア。
星0つ
ダージリン急行疎遠になっていた3人兄弟がインドでぶらり旅。
絆が深まるきっかけが安易な気がする。映画の手法として。
星2つ
ダーティ・ウォーロンドンを狙った化学テロ。それを警察、犯人、テロ担当大臣、消防士それぞれの視点で同時進行に描く。
すごく緊迫感があって、リアリティもあって引き込まれる。それだけに、ラストが今一歩さが気になってしまう。問題提起をして終わるってことなんだろうけど。
星3つ
ターボレーサーを夢見るカタツムリの物語。
面白くなるのが遅いけど、エンジンが掛かると楽しめた。
星3つ
ターミナル機上にある時に祖国が内紛状態になり、空港に降り立ったときには無国籍とみなされた男。アメリカへの入国を許されず、空港で生活することに…。スピルバーグ、ハンクスのコンビ、実際に空港のセットを作った大作。
面白いんだけど、単にコメディで終わってしまったのがもったいない。主人公の設定などを、もっと生かした作りに出来たと思う。また、彼がアメリカへ来た理由、終盤など核となるエピソードが弱い感もある。
星4つ
ターミネーター 3シュワちゃんの大人気シリーズ第3弾。3作目までが壮大な前振りで、これからが本番。で、その本番は州知事次第?久々にクレア・デーンズを見たけど、ちょっと老けた?かわいいけど。星3つ
ターミネーター44作目。
シリーズの流れをすっかり忘れていたけど、それなりに楽しめた。良く分からん部分もいくつかあるけど。
ターミネーターがまんま機械で、敵側に魅力が全くない。
サム・ワーシントンが完全に主役だね。アバターの時はそうでもなかったけど、これを見ると役者としての可能性を感じさせる。アクション以外も見てみたいね。
それにしても、クリスチャン・ベールは「ダークナイト」といいこれといい、主人公なのに影が薄くて気の毒。
星2つ
第7鉱区学芸会みたいなノリについていけないので、20分ほどでリタイア。星0つ
第九軍団のワシローマ軍モノ。
この題材にしちゃあ小粒だが、まあ楽しめたかな。
星3つ
第9地区ヨハネスブルグの上空に宇宙船が飛来。だが、中の宇宙人は疲弊しきっており、帰る事ができない。仕方なく、隔離地域に住まわせて20年が経った…。
深読みしようと思えばいくらでも出来そうだし、そうでなくとも、時折はっと思わせる場面がある。でも、そんなことよりも、ただただ面白い。
展開がスリリングだし、いろんなアイデアが詰まっているし、才能に嫉妬する。別にクリエイティブな仕事はしてないけどさ。
説教臭い映画はいくらでもあるけど、抜群に面白い映画を作って、更に違った見方が出来ちゃうなんて…。凄過ぎる。
星5つ
ダイアナダイアナ妃の最後の3年間を描く。
結構良かった。ただまあ、最後あの流れにするのは強引な様な…。あの男は駆け引きで好転する様にはとても思えないし。実際そうなのかもしれないけどね。
星3つ
ダイアナの選択高校で銃の乱射事件に巻き込まれたダイアナ。15年後、幸せに暮らしていたが、いつも事件を思い出して心に傷を負っていた…。
最後にひねりはあるんだけど、そこまでが退屈過ぎる。見終えて「???」な感じ。
星1つ
ダイアリー・オブ・ザ・デッド学生たちが事件を撮るって設定のドキュメンタリー風ゾンビ映画。
なんという絶望…。
<追記>長文レビューはこちら
星5つ
ダイイング・メッセージ最愛の恋人を事故で失った女性。彼が遺したビデオから彼が話しかけてくるが、精神を患った過去がある彼女を周囲は信じず…。
途中までの展開がスローでイマイチな感じだったけど、終盤はそれなりに盛り上がった。登場人物の見せ方も良く出来ていると思う。
星3つ
タイガー 伝説のスパイインド発のスパイもの。
スパイというか、恋愛モノかな。主人公がイモっぽくて愛嬌があるね。
星2つ
大脱出囚人が隣の独房の男から襲撃情報を得て…。
荒っぽいけど楽しめた。
星3つ
タイタンの逆襲「タイタンの戦い」の続編。
迫力があって、劇場で見たらかなりのものだと思う。サム・ワーシントンは髪が伸びるとイマイチだな。
一番の功労者はペガサス!
星3つ
タイタンの戦い漁師の息子として平穏な日々を送っていたペルセウスだったが…。
ギリシャ神話のキャラが色々と出てくるので、それだけで心が踊る(笑)。ダイジェストっぽく駆け足だけど、見せ場がたっぷりで楽しめた。TVで見たけど、時折3Dを意識した構図になっていて、劇場で見ていたら迫力が違ったんだろうね。
星3つ
大停電の夜にクリスマス・イブに東京で大停電が。そんな一夜を描いたファンタジックな群像劇。
出来過ぎた物語だけど、大人のおとぎ話って事で。
星1つ
大帝の剣SF時代劇。
堤監督お得意のドタバタで、そつなくまとめた感じ。
星3つ
大統領の執事の涙1950年代から執事として歴代大統領に使えた男の物語。
結構駆け足だが、悪くない。そんなに昔の話じゃないって事に気付かされる。
星3つ
大統領の理髪師韓国大統領の理髪師となった男の悲喜こもごもを描く。
コメディタッチだけど怖いわ。韓国政界について、日本人が思っているイメージのまま、本国で映画化されてるのね。
星2つ
大統領の料理人フランス大統領の料理人を務めた女性の物語。
テンポが良くて面白かったね。料理も美味しそう。
星4つ
ダイナソー恐竜絶滅のタイムリミットが迫る時代。隕石が降り住処を追われた草食恐竜たち。彼らは群れを成し、「命の大地」へと向かう…。
映像が凄く綺麗。恐竜が主役で絵的に地味だけど、まずまず良かった。
星3つ
ダイナソー・プロジェクト恐竜調査隊がアフリカのジャングルで見たものとは…。
ジュラシックパークかよ!ってくらいに恐竜いまくり。キャラの使い方が雑だったり気になることはあるけど、楽しめた。
星3つ
大日本人松本人志第一回監督作品。
主人公が嫌われている設定に説得力が無い。が、それ以上に、あの終わり方はどうなの?
星2つ
ダイバージェント戦争の後、街を囲った壁の中で派閥に分かれて暮らす様になった人類。ベアトリスは派閥の適性テストを受け…。
56分見たが…。映画の設定が色々ブレてる様な…。この手の近未来物はそこをしっかりしないと覚める。単純に話も面白くないし。
星0つ
ダイ・ハード4.04作目。
なんだかあんまり「ダイ・ハードっぽさ」が無い気がした。っぽさって何よ?と聞かれると困るけど。PCを家ごと吹っ飛ばす爆弾に変えるコンピュータウイルスって何だよ、とか突っ込みたくなるけど、ノンストップで楽しめた。
星3つ
ダイ・ハード/ラスト・デイ息子が逮捕されたと聞き、マクレーン刑事はロシアへ飛ぶ…。
並かな。ツッコミどころが多かったが、それを気にする映画でもないか。娘は可愛かったのに劣化してきちゃったね…。
星2つ
タイピスト!タイピングが得意なローズは、秘書に採用され…。
出だしから面白そうな匂いがプンプンして、実際に面白かった。この「匂い」の謎が解明できたら凄いことになりそうだけどね〜。
星4つ
ダイブ!!高飛び込みに青春をかける少年たちを描く。
個人競技ならではの、仲間でありライバルである点や、マイナー競技の置かれた現実とか、色んな要素があって楽しめる。主人公よりもライバルが魅力的に感じた。
星3つ
タイフーン核弾頭を積んだ戦艦がジャックされ、積荷を奪われた。海軍の将校が極秘奪還作戦の任務に就く。
奪ったのが軍人とかじゃなくて、海賊ってのが新しいけど、韓国映画だけに、ただの海賊じゃございません。感想は特になし。
星2つ
台北に舞う雪新人歌手のメイは声が出なくなり、田舎町へと失踪。そこで親切な青年モウに出会う。
20年前のトレンディドラマみたいだな。
星2つ
太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男終戦間際、サイパン島で徹底抗戦する兵士たちの物語。
出だしを見ると、とてもこんな有能な男には思えないな(笑)。でもまあ、面白かった。『太平洋の奇跡』ってタイトルには違和感があるけど。
星3つ
大変な結婚若きベンチャー企業社長と、ウブなヤクザの娘のドタバタ劇。
韓流も慣れてきたので、話が飛ぶのにも鳴れた。あまり面白くなかったですな。
星2つ
TIME/タイム身体の変化が25歳で止まってしまう世界。そこから先の時間は通貨そのものであり、富める者は永遠に生き、貧しい者はすぐに死ぬ。スラムでその日暮らしをしているウィルは、余生を100年以上持つ男と出会い…。
設定は面白いが、イマイチ詰め切れていない。話も荒っぽいし、段々と興味を失ってしまった。あと、キリアン・マーフィーは25歳には見えんだろ。
星1つ
タイムシャッフル男女3人が明日を撮影するカメラを発見し…。
登場人物がバカ過ぎる。ストーリーも「は?」って感じになるし。
星2つ
タイム・チェイサーマリカは息子と共に、夫を空港まで送るが…。
ハーレイ・ジョエル・オスメントが、天才少年役ってのがなかなかトンチが効いてるな(笑)。
タイムトラベル物だけど、タイムトラベルするまで、残された者の葛藤を描いていて、新鮮だった。こういうのがあっても良いんじゃないかな。
星3つ
タイムマシン19世紀のNY。プロポースしたその日に恋人を殺害された学者が、4年の歳月をかけタイムマシンを開発。彼女を助けに過去へと向かう…。
予想の遥か斜め上を行ってくれた…。期待した内容と違ってガッカリ。
星1つ
タイムラインタイムスリップもの。序盤の展開は強引というか、アレアレって感じ。テンポ良くて良いんだけど、あっさり風味。考古学者のクセにあっさり歴史に介入するのもどうかと。星3つ
タイムリーパーズ男女6人が2018年にタイムスリップ。だが、すでに人類は滅んでいて…。
駄作。
星2つ
タイムリミットフロリダ州の田舎町で警察署の署長をしているマット。ある日、彼の愛人がガンで余命半年と分かり…。
面白いんだけど、あっさりしているのと、物語が動くまでが長い。
星2つ
題名のない子守唄何やら、複雑な過去を抱えた様子のイレーヌ。何らかの目的を持って家政婦になりたいようだが…。
彼女の過去が強烈で、展開が予断を許さず引き込まれる。「?」な部分もあるので、見返してみたくなる作品。
星4つ
ダイヤモンド・イン・パラダイス宝石泥棒を引退したマックスは、南の島で悠々自適の生活をしていたが…。
お気楽に見るには良いかもね。
星2つ
ダイヤルMヒッチコックのサスペンスをリメイク。開始10分で本題に入るのがいい。もっと3人のドロドロしたのを予想してたけど、そうでもなかった。星3つ
太陽終戦前日の昭和天皇の一日を、ロシア人監督が描く話題作。
歴史に強い人じゃないと、感想は難しいんじゃないかな。とりあえず私には良く分からない。良し悪しは別として、日本人がこのテーマで撮るときは来るのだろうか?
星2つ
ダ・ヴィンチ・コード大ベストセラーを映画化。ルーブル美術館の館長が殺害された。学者がその奇妙なダイイング・メッセージの謎を解く…。
最初は面白いんだけど、後半はなんだか良く分からなくなる。小説を読めば分かるんだろうか?2時間30分以上だが、そこまでの長さは感じさせない。
星3つ
ダウト女性地方検事補が男を射殺。彼女は正当防衛を主張するが…。
良く出来た脚本だと思うが、いかんせん面白みに欠ける。
星2つ
ダウト 〜あるカトリック学校で〜1964年、ある地方都市にあるカトリック学校が舞台。校長であるシスターが、神父に児童性愛の疑いを抱き…。
疑惑自体はよくある話だが、面白かった。最後のシスター同士のやり取りが印象に残る。それとは別に、エイミー・アダムスの覚悟を感じた。
星4つ
ダウト〜偽りの代償〜連戦連勝で有罪を勝ち取る敏腕検事に疑惑を抱いたTVリポーター。彼は驚くべき手法で不正を暴こうとする…。
上手く運びすぎな部分もあるけど、面白かった。落とし所もいいとこだと思う。
星4つ
ダウト・ゲーム若手敏腕検事が車で帰宅中に…
コンパクトでなかなか面白かった。
星3つ
誰がため第二次大戦下でのデンマーク。反ナチス活動に身を投じた2人の男を描く。
下っ端と上とで思惑が違ったり、誰を信じて良いのか分からない。簡単なターゲットを設定したくなるのは分かるなぁ。
星2つ
TAXi 22作目。WASABIと日本人役が同じ。他におらんのかい!ってこっちの方が古いのかな。前作はここまでくだらなくはなかったと思うけど。星2つ
TAXi3第3弾。
シリーズを見て無くても分かるけど、見ていた方が断然楽しめる。このシリーズにしてはおとなしめか??
星2つ
TAXi4シリーズが続くにつれ、お馬鹿度ばかり増して、本来のスピード感がどんどん失われていくのが気になる。新鮮さがなくなるので、新たな路線を模索するのは分かるが、これならTaxiシリーズである必要が無い。星2つ
TAXI NY大ヒットしたリュック・ベッソン作品をハリウッドリメイク。タクシー運転手は女性になった。
で、その主人公が太くて不細工…。でも、慣れてくると愛着が湧くから不思議。スピードを出して興奮してる様なんて、「この配役で良かった」って感じ。犯人が美女軍団なのも対比が効いてる。元が面白いんで、やっぱり面白い。
星3つ
たそがれ清兵衛妻を亡くし幼子2人とボケ始めた母を養う貧乏侍の物語。
身分制度社会の壁を感じた。話自体は大した盛り上がりもなく終わってしまった印象。
星2つ
TATARI遊園地の絶叫コースターで財を成した実業家が、「いわくつきの館」でサプライズパーティを開催。もちろん、そこはホラー映画。予定以上のサプライズが展開され…。
最上級の怖さと面白さ、そして胡散臭さを有した絶品ホラー。…途中まではね。前半良かっただけに、後半が極めて惜しい。
星4つ
TATARIタタリ/呪いの館続編。前作の生き残りの妹が主役。再び呪いの館で惨劇が…。
主役のアマンダ・リゲッティは美人。「ER」のマルッチが悪役で登場。まずまずの感じで進むけど、後半がもうひとつかな。あの流れだと、いくらでも続編可能。
星3つ
タッチ・オブ・スパイスギリシャとトルコの政治的緊張により、トルコからギリシャへ移民となった一家と、一人残った祖父のお話。
序盤に惹きつける力が弱い。父親役が表情豊か。
星1つ
奪命金刑事、銀行員、チンピラが株の乱高下に翻弄される群像劇。
まあ、そこそこ良くできている感じはするが、あまり面白いとは感じなかった。
星3つ
たとえ世界が終わっても CYCLE SOUL APARTMENT自殺を決意し、自殺サイトの「オフ会」に参加したOLだったが…。
感想は特になし。
星1つ
007/トゥモロー・ネバー・ダイP・ブロスナンの007、2作目。正直イマイチだった。星1つ
007/ワールド・イズ・ノット・イナフP・ブロスナンの007、3作目。P・ブロスナンの中では「ゴールデンアイ」の次に良い。結構面白い。星3つ
007/ダイアナザーデイP・ブロスナンの007、4作目?。アクションの連続で飽きさせない。日本人には馴染みやすい?舞台だし。星2つ
007/カジノ・ロワイヤルダニエル・クレイグを新ボンドに迎え、ボンドの「新人時代」を描く。
ボンド交替につき、新人時代にしたのは良かったと思う。次回作にも期待したい。
星3つ
007/慰めの報酬前作の直後から続く話なので、見ていないとボンドの心境が分かりづらい。
で、とても良かった。泥臭いボンドが実にいい。ここまで時間があっという間に感じる映画は早々お目にかかれない。スピード感が抜群だし、アクションのアイデアが凄い。特に最初のシーンなど、「どうやってこんなのを思いつくのだろう?」と関心してしまう。更に続くであろう次回作にも期待大。
星4つ
007/スカイフォールD・クレイグの3作目。
クレイグのボンドは最後になるのかと思いながら見てたけど、そうでもないのかな?泥臭いボンドは結構好きなんだよね。ただ、今回は単純な内容だし、新シリーズに向けたキャスト紹介みたいな感じでイマイチだったなぁ。
星3つ
ダブル−完全犯罪−FBI捜査官の目の前で、協力者が射殺され…。
悪くなかったが、最後すっごく強引に終わるのね。すぐに忘れそう。
星2つ
ダブルオー・ゼロ「007」のパロディっぽい。
元ネタを良く知らないのもあるけど、純粋に面白くない…。途中で止めた。
星0つ
ダブル・トリガー若い夫婦が仕事のコネで豪邸を購入するが…。
最後は強引だが、なかなか楽しめた。
星4つ
ダブルフェイス 秘めた女8歳までの記憶がないジャンヌ。私小説を書くことで記憶の手がかりを得ようとするが、そんなある日、家具の配置が違っていることに気付く。だが、夫や子供は違いに気付かない。何かが違う。何かがおかしい…。
序盤は面白いんだけどね…。ダラダラと進むし、最後もふーんって感じ。
星1つ
ダブルマックスタイ製アクション。
これは…、駄目だろ…。30分で離脱。
星0つ
ダブル・ミッションジャッキー・チェン主演のスパイコメディ。
ジャッキーらしいアクションが満載で楽しめた。子役のエピソードがちゃんと描かれていたのも良かった。
星3つ
たまこラブストーリーアニメ『たまこまーけっと』を映画化。
アニメ版を見ていないと分かりづらいかな。たまにはこういうのも良いかな。
星3つ
魂萌え!夫が定年退職し、第2の人生を…と思った矢先に夫が急死。その後、夫の隠された秘密が明らかになり…。
周囲にこんな人ばっかりだったら嫌過ぎると思いつつ、実際はこんなもんかもしれないとも思ったりして。
星2つ
タマラ・ドゥルー〜恋のさや当て〜英国の田舎村へ帰省したタマラ。鼻を小さくする整形を受けた彼女は見違える美人になっていて…。
まあまあかね。見えそうで見えないのがじれったいな(笑)
星2つ
たみおのしあわせお見合い結婚をする事になった息子と父親の話。
登場人物が意外な形で登場するけど、思ったほど広がらなかった。
星2つ
ダラス・バイヤーズクラブ1980年代、HIVで余命30日と宣告された男がしたことは…。
こんな展開になるとは思わなくて楽しめた。死にそうなのに金儲けする所に生への強い執着を感じる。
ジャレッド・レトが主人公に惚れる瞬間が凄い乙女チック(笑)彼もマシュー・マコノヒーも凄いね…。
星4つ
達磨よ、遊ぼう!暴力団同士の抗争で、相手の組と警察に追われるヤクザたち。そんな彼らが、しばらく身を隠す為に選んだのは、山奥の寺院だった。
ヤクザたちと僧たちの交流を描いたコメディ。終盤まで、かなりダラダラと進み、退屈な時間が続く。キャラやエピソードも弱くイマイチ。
星2つ
達磨よ、ソウルに行こう!続編。前作の僧たちが、前住職の遺品をソウルの寺に届けに行った所、その寺は借金で取り壊される寸前だった。寺を救うべく奮闘する。
やってることは前作と同じ。
星1つ
誰が電気自動車を殺したか?環境対策として期待されながら、いつの間にか姿を消した電気自動車のドキュメンタリー。
分かり易くて面白い。1社くらい電気自動車に注力する会社があったもいいのにね。
星4つ
誰にでも秘密がある奥手のソニョンは妹の彼氏に惹かれ…。
こんな展開とは思わなかったので驚いた。なるほど、前半ちょっと不自然だったところが、これだと繋がる。
最後は無理やり綺麗にまとめようとして、逆に鼻に付いたけど…。
星2つ
誰も知らない子育て放棄で放置され、学校にも通わせてもらえない4人兄妹の日常を描く。
本当に日常をとつとつと綴っている。社会問題にもなっている子育て放棄。フィクションとはいえ、観ていて「早く終わってくれ」と思う程、衝撃的な内容。映画が終わったところで、現実は何も変わらないというのも、同時に感じる訳だけども…。
星4つ
誰も守ってくれない小学生姉妹殺人事件の18歳の少年が逮捕。中学生の妹と彼女を保護する刑事の逃避行。
前半はスピーディで特に面白かったけど、いくらなんでもあそこまで「祭り」にはならんだろ。まあ、この辺は従来メディアのささやかな抵抗もあるだろうね。
ただ、「蹴ったボールには誰も追いつけない」って台詞は印象的。
カメラの動きが必要以上に激しくて、見づらい場面が散見されるのが残念。
星4つ
誰よりも狙われた男ドイツのハンブルグを舞台にした対テロ対策諜報員の物語。
出だしからかなり面白い!このレベルの映画はホントに久しぶり。
星5つ
ダレン・シャン優等生のダレン・シャンは、悪友のスティーブとサーカスを見に行き…。
ヴァンパイア・ファンタジー。続編を作りたいんだろうなぁ、と。1作目としてはアリかな。
星3つ
タロットカード殺人事件学生女性記者と老手品師が、ある殺人事件を追う。
導入部のアイデアが面白い。人に強くオススメできるとは思わないけど、個人的には間違いなく好きな部類に入る。
星4つ
ダンサー・イン・ザ・ダークビョークが素晴らしいミュージカル。ただ、重いと言うよりあまりに不毛。現実は映画みたいに上手くはいかないけれど、映画の中くらい夢を見させてくれたって良いじゃない。星3つ
男子高校生の日常女子校と合同で文化祭をやることになり、男子校の生徒たちは浮足立ち…。
バカバカしくて楽しめたけど、今の子はこんなにウブじゃないだろう。
星2つ
団塊ボーイズ同級生の中年バイク仲間のコメディロードムービー。
あんまり面白くなかった。
星1つ
タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密少年記者のタンタンは、露天で船の模型を購入するが…。
実写ではありえないアクションの連続で、CG映画ならではの見せ場たっぷり。でも、なぜかあまり面白くなかったんだな。
星2つ
チーム・バチスタの栄光高度な技術を要する「バチスタ手術」が立て続けに3件失敗。元々難度の高いものではあるが、執刀医の桐生は原因調査を依頼。心療内科医の田口が内部調査を行う。内々の調査であるはずが、厚生労働省の役人も調査に乗り出し…。
軽いなぁ。話自体は真面目なはずなのに、演出のタッチが軽くて違和感がある。ハッキリ言って、とても優秀なチームに見えない…。
これで面白ってことは、原作はかなり良く出来ているんだろうなぁ…。
<追記>長文レビューはこちら
星4つ
チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像人気TVドラマの映画版。
ドラマは見たこと無いけど、問題なく楽しめたし、面白かった。TV版が見たくなる、いい映画化だね。
コンピュータウィルスの万能ぶりは、作る側には都合がいいんだな(笑)とは思うけどね。最後の廃棄はソフトウェアの初期化とかで直らないの?
竹内・阿部版でもやって欲しいな。
星4つ
小さいおうち山形の極寒地で生まれ育ったタキは、東京で女中として働くことになり…。
なかなか面白かったが、如何せん古いなぁ。吉岡秀隆を若者役で起用するのがまず古い(笑)。現代パートでも、服装や着こなしが古いのがどうしても目につく。
直接描かず、雑談で戦況の移り変わりを伝えるのは上手く出来ている。
星3つ
小さな命が呼ぶとき難病を抱えた子供を2人持つ男性が、研究者とともに新薬の開発に奔走する…。
いわゆる闘病記ではなく、ビジネスマンの視点で薬を開発していくのが新鮮だったかな。
星3つ
小さな村の小さなダンサー中国の田舎村で生まれた少年が、バレエダンサーとして成長していく実話を元にした物語。
良かった。バレエのシーンに説得力があって見入ってしまう。母親の叫びが胸に来るものがある。妻のバレリーナとしての心の動きが丁寧に描かれていて、そこもとても良かったね。
星4つ
チェ 28歳の革命/チェ 39歳 別れの手紙革命家チェ・ゲバラの生涯をキューバ革命参加からその生涯を閉じるまで、2部構成で描く。
もっと固い映画かと思ってたけど、全然そんなことなかった。エンターテイメントとしても十分楽しめる。もちろん、それだけの映画では終わらない。
<追記>長文レビューはこちら
星5つ
チェイサー元刑事のジュンホの経営するデリヘルから嬢が失踪。複数の子がいなくなり、どちらも最後の客が同じ。ジュンホはその客を追うが、思いもしない展開に…。実在の事件を元に映画化。
捕まえて終わりってパターンじゃなくて、捕まえてから拘留期限の12時間以内の証拠固めなど、従来と違うパターンなのが新鮮。観客含めて全員がコイツが犯人だって分かっているのに、思うようにならないジリジリとした焦燥感や映像の迫力も半端じゃない。凄いな、これ。
星5つ
チェイシング/追跡両親を殺害し3年で出所した少年と、彼の追っかけの少女、担当刑事の物語。
ま、言いたいことは分からんでもないが、面白くもない。
星1つ
チェケラッチョ!!30分ほど見て、これに2時間費やすのは勿体無いと感じたので、見るのをやめた。星0つ
チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?仕事人間とぐうたら男の親友2人。ある日、体が入れ替わって…。
お下品だが楽しめた。
星3つ
チェンジリング1928年ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティンが帰宅すると、一人息子のウォルターが行方不明に。5ヶ月後に無事見つかるが…。実話を元にした衝撃作。
全ての映画がこんなに素晴らしければ、他の趣味は要らない。
<追記>長文レビューはこちら
星5つ
チェンジング・レーン高速道路で接触事故の当事者となったギャビンとドイル。この時から激動の1日が始まった…。
「このあとどうなるんだろう?」と先が気になって面白かったね。
星4つ
チェンバー 凍った絆祖父が死刑囚の若き弁護士が、刑執行を回避する為に担当弁護士に名乗りをあげる。
実は無罪、とかじゃなくて、有罪である事は間違いない所が本当っぽく感じた。2時間で決着がつく題材じゃないので、消化不良だったり、登場人物の心情が良く分からん部分もある。概ね良かったけど。
星3つ
地球外生命体捕獲いかにも低予算って感じがプンプンだけど、出だしからスピーディで良かった。ただ、平凡っちゃあ平凡かな。星2つ
地球が静止する日宇宙生物学を研究しているヘレンは急遽政府に招集される。他にも多くの科学者が招集され「78分後に巨大隕石が追突する」と発表される…。
「なんでそうなるの?」って展開の連続で「勝手にすれば」って感じになる。特に山場もなく「ふーん」って感じで終わる。
星1つ
チキン・リトル予想と違う展開になったのは良かったけど、話自体は大して面白くなかった。見るのであれば、予備知識ゼロで。星2つ
築城せよ!意外や意外、面白かった。
<追記>長文レビューはこちら
星4つ
父親たちの星条旗硫黄島での決戦をアメリカ側から描く。国債PRの為、英雄に祭り上げられた兵士たちの苦悩。
個人的にはこっちの方が良かった。戦闘シーンに迫力があり、その姿と現在、そして虚構に戸惑う彼らの心情が伝わってくる。
星5つ
チチを撮りに家を出た父が余命わずかと分かり、娘2人が見舞いに…。
なかなか上手いね。火葬場での豹変ぶりは良かった。
星3つ
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー米ソ冷戦下のソ連によるアフガニスタン侵攻で、アフガニスタン支援に奔走した下院議員をコミカルに描く。
面白いけど怖いな。予算ってこんな簡単に使えるもんなの?まあ、映画だから誇張してるんだろうけど。
それとまあ、未来を予想するのは難しいね。トム・ハンクスが久々に生き生きしてる感じ。
星4つ
チャーリーズ・エンジェル フルスロットルTVシリーズをリメイク、の第2弾。相変わらず派手で良いんじゃないでしょうか。後半のアクションは結構無茶ですごいかも。星3つ
チャーリーとチョコレート工場世界で愛される"ウィリー・ウォンカ"チョコレート。だが、そのチョコ製造工場には誰も足を踏み入れたことがなかった。そんな工場に、チャーリーをはじめとする5人の子供が招待され…。
予想したよりダークな感じで、久々のティム・バートン節炸裂。最後はめでたしめでたしだったけど。
星2つ
チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室面白くない。星1つ
チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密絵画の修復士が殺害され、名画が奪われる…。
ジョニー・デップのキャラに頼ったコメディ。割りきって見れば楽しめる。
星3つ
チャールズ・スワン三世の頭ン中恋人に振られたチャーリーは未練タラタラで…。
出だしは興味を惹いたが、その後はそこまで面白くなかった。
星2つ
チャイルドコール/呼声夫から逃れ、新たな生活を始めた母子だったが…。
退屈…。42分でリタイア。
星0つ
着信アリ携帯へ自分の声で断末魔の着信が。着信時刻は未来。その時刻になると「予告」通り…
「リング」を彷彿とさせるサスペンス・ホラー。中盤まで面白いんだけど、ラストのグダグダで興ざめ。
星2つ
着信アリ2続編。前作を見てないと不明な点もある。展開は前作とほぼ同じ。
続き物が好きなので、前作より面白く感じたが、色々と突っ込みポイントはある。前作で止めとけばそうでもなかったのに、続けてしまっただけに引っ張ってきた謎を解き明かす必要があると思うのだが、次回作で決着をつける事が出来たのだろうか??
星3つ
着信アリFinalだめだこりゃ。結局、1で提示された謎は解明されずに終了。星1つ
チャックとラリー おかしな偽装結婚!?消防士のチャックは死と隣り合わせの職業柄、保険金を子供たちに残す為にゲイとして偽装結婚をするが…。
ヒロインのジェシカ・ビールがかわいくて良かったけど、「相手役」がここまで積極的になるのに違和感がある。
星2つ
CHATROOM/チャットルームチャットに集まる若者たちを描く。
30分程我慢したが、全く面白くないので止めた。
星0つ
チャッピー犯罪が多発する南アフリカで、ロボット警官が実用化され…。
出だしは凄く面白くて期待が膨らんだのだが…。話に粗が多すぎて萎える。
星3つ
中学生円山妄想にふける中学生の日常。
ん〜…。
星2つ
厨房で逢いましょう人付き合いが苦手な天才シェフの恋。
ヒロインが嫌な奴で、全く映画に入っていけない。ここまで嫌な女は、見た事無いくらい酷い。
星1つ
チョイス!ぐうたら男のバド。ひょんなことから、彼の投票が大統領を決定する最後の一票になり…。
意外と面白かった。作りも本格的だったし。ケビン・コスナーにぐうたら男がピッタリ来るってのに物悲しさはあるが…。甘めに4点で。
星4つ
超高速!参勤交代参勤交代から帰り、やっと地元に戻った小大名に、すぐさま参勤の命令が下り…。
テンポが良くて面白かったけど、勿体無い部分もちょいちょいある。
星3つ
超能力者人を操る超能力を持つ男と力が通じない男の対決。
超能力者のくせにうらびれた店から金を盗むとかセコすぎるわ。超能力にかかって猛烈な睡魔に襲われ、43分程でリタイヤ。
星0つ
チョコレート黒人に偏見を持つ看守と、その看守が勤める刑務所で、夫が死刑執行された黒人女性の恋。
心に傷を負った者同士を、地味だけど丁寧に、そして静かに描いている。
星3つ
チョコレートドーナツ1970年代、ゲイのドナテロはダウン症の子供を預かる事になり…。
序盤から引きこまれた。音楽の使い方が抜群にうまい。そして切ない…。70年台が舞台だが、今でも変わらないんじゃないか…。
星4つ
2ガンズ2人の男が麻薬マフィアの金を強盗しようと計画し…。
序盤は面白かったんだけどね。明らかに勢いが落ちてしまって残念。
星3つ
ツーリストギャングから大金を盗んだ男を警察が追う。だが、男の顔も分からず、女を泳がせて監視しているが…。
ジョニー・デップの何とも情けない姿を見られるのは面白かった。話が二転三転とどんでん返しするけど、ちょっと無理があるんでないの???
星2つ
終の信託尊厳死を扱った女性医師と男性患者の物語。
検察官とのやり取りは逆転裁判を思い起こして見応えがあった。そんな軽い話じゃないけど。
<追記>長文レビューはこちら
星4つ
ツイステッド新たに殺人課に配属された女性刑事の周りで、連続殺人が発生。いずれも彼女と関係を持った男性で、しかも犯行時刻に彼女は泥酔して記憶がない。自分が犯人なんだろうか…
約1時間40分の中、出だしの25分程、主人公についての説明が延々と続く…。サスペンスなのに、事件がなかなか起きないのでだれる。肝心の事件もまあ、普通。
星1つ
ツォツィ舞台は南アフリカ。強盗などでその日暮らしを続ける少年が、ある出会いから人としての感情を取り戻していく。
悪くないとは思うが、イマイチ入っていけなかった。主演の演技は良かった。
星2つ
憑神舞台は幕末の江戸。ひょんなことから貧乏神に取り憑かれた下級侍の物語。
悪くは無いけど、後半の泣かせようという流れがあざとく、逆に冷める。
星2つ
月に囚われた男月の裏側で、たった一人で鉱物採掘をしているサム。3年間の契約期間まであと2週間。地球に帰る日を楽しみにしていたが…。
話自体は好みの展開なんだけど、基地のセキュリティ関連でずさんさが目立つのが気になる。
星2つ
つぐない1935年イギリス。運命に翻弄された恋物語と、十字架を背負った少女の物語。
序盤の展開がギャグそのもので笑った。年代ジャンプを多用しすぎで焦点がぼやけた感じ。少女が成長した姿(役者)も地味すぎ。
星3つ
綴り字のシーズン小学生の長女が「スペル大会」で頭角を現したのと時期を同じくして、家族が徐々にすれ違っていき…。
…で、良いのだろうか??この手の「静かな映画」は見ていて良く分からないので、途中でやめるパターンが多いんだけど、これは集中して最後まで観られた。まあ、結局分からないんだけど。
星2つ
椿三十郎古びた神社で若い侍たちが密談。と、そこへ隣に居合わせた素浪人が現れ…。
面白い!三十郎カッコ良すぎ!説明抜きにポンポンと話が進んで全く無駄がないし、キャラが立っていて、ただただ面白い。それに、やっぱり、三船敏郎の動きも素晴らしいね。時折入るコミカルなシーンも良いし、それが出しゃばり過ぎないのも良い。
星5つ
罪とか罰とか何だこれ…。劇場で見たら金と時間を返せと発狂するレベル。人を選ぶというより、果たしてこの映画にマッチする人ってどの位いるのだろうか?10分でやめた。星0つ
つむじ風食堂の夜ある食堂に集う人々を一人の客の視点から描く。
人を選ぶ。私には合わなかった。30分でリタイヤ。
星0つ
冷たい雨に撃て、約束の銃弾を娘夫婦を襲撃された父親が復讐を決意する…。
銃撃戦をいかにカッコ良く見せるかに一生懸命なので、ストーリーはいい加減。
<追記>長文レビューはこちら
星2つ
つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語男は刃物を持って妻の病室へ見舞いに行き…。
何かこう、もっとそれぞれが収束していくのかと思ったが、バラバラなままで拍子抜け。やせ細った阿部寛は見事だと思うが、女優陣は出し惜しみだし、面白くもなかった。
星2つ
ツリー・オブ・ライフ14分でリタイア。星0つ
劔岳 点の記明治39年。日本地図を作るために前人未到の剣岳に挑んだ男たちの物語。
話に抑揚がなく、ドキュメンタリーのように淡々と進む。詰め込みすぎな感じで、もうチョッとメリハリをつけて欲しかった。映像は綺麗。
星3つ
ツレがうつになりまして。夫がうつ病になった夫婦の物語。
意味のある映画だと思うが、これを見るために貴重な時間を割くのはな…。わざわざどんよりとなりたくないし。見た後に言っても意味ないけど。
良い医者に恵まれたんじゃないでしょうか。
星2つ
デート&ナイト平凡な郊外の夫婦が、他人の予約で食事をとったことで騒動に巻き込まれ…。
地味に豪華キャスト。動き出すまでが退屈だったけど、スタートすると結構楽しめた。
星3つ
デート・ウィズ・ドリュー一般人(しかも失業中)が、憧れのドリュー・バリモアとデートがしたい!!と、友達の友達の親戚の…とかすかな伝を頼ってドリューにアタック!のドキュメンタリー。
何はなくとも、人間関係って大切なんだな、と再認識。友人たちが、バカバカしいアイデアに一生懸命協力してくれて。でも、周囲をそうさせるのは、彼自身魅力的だからこそ。
やっぱり自分を磨かないと駄目って事ですね。
星4つ
デアデビルアメコミを映画化。B・アフレック主演。まあ、こんなもんでしょ。マイケル・クラーク・ダンカンは「グリーンマイル」のイメージが強いから、こういった偉そうな役は違和感も。星2つ
D-WARSロサンゼルスを舞台にした韓国映画。巨大蛇やモンスターがド派手に大暴れする。
突っ込みどころが多いが、何も考えずに見るのが吉。
星2つ
ディープ・アンダーカバー麻薬組織の金を横領した疑惑で、会計士が拷問を受ける。拷問を担当するのはFBIの潜入捜査官で…。
面白くないなぁ。皆、自分の担当以外のことはさっぱり知りませんって感じで、時間がたっても話が進まない。恋人や主人公の内面の話で時間を稼いでいるだけ。
星2つ
ディープ・インパクト地球滅亡の危機!映画。なんだかんだで感動した。電車で泣きそうになっちゃった。「ロードオブ〜」のイライジャ・ウッドが出てたんだね。(ちなみに母親役はハリポタ似)「ER」のケリーも。星3つ
ディープ・ブルー海に生きる生物を撮ったドキュメンタリー。迫力のある映像で、生きることって、それだけで凄い事なんだな、と感じさせてくれる。星3つ
ティアーズ・オブ・ザ・サン内戦が続くナイジェリアで医療活動を続ける米国人医師。彼女を救うために1部隊が派遣されるが…。実際に、アフリカの内戦状態はかなりひどいと聞くし、これをテーマにしたことに意義があるんじゃないかと。星3つ
ディア・ドクター過疎の村でたった一人の医師が失踪。警察が行方を探す中、ある事実が明らかに…。
面白かったし、見応えがあった。見終えた直後は「ちょっと綺麗過ぎる感じもあるな〜。」って感じだったけど、時間が経つに連れて、すんごく色々と頭をよぎる様になる。やっぱりこの監督は凄いな。
星4つ
ディアトロフ・インシデント50年前に起きた遭難事故のドキュメンタリーを取るため、大学生一行が現地へ…。
面白くない。
星1つ
デイ・アフター・トゥモロー超異常気象から生き延びろ!映画。
ディープインパクトが隕石で、こっちは異常気象。あっちが群像劇なのに対して、こっちは家族の物語。どっちが良いかはお好みで。…で、氷河期はいったいどうなったの??
星3つ
ディア・ブラザー終身刑で服役中の兄の無実を信じる妹は弁護士を目指し勉強を始め…。
実話の映画化でストーリーは予想通りな感じ。役者は良かった。
星3つ
ディヴァイド都市が襲撃され、ビルの地下に避難する男女9人。外へ出られず、やがて険悪な雰囲気に…。
つまらん。
星1つ
デイ・オブ・ザ・デッド廃墟でいちゃつく2組のカップル。その頃、町は軍により隔離されようとしていた…。
動きが素早いゾンビもの。観ているときは夢中になってたんだけど、振り返ってみると、特に目新しい点は無かったかも。
ゾンビ化してしまう兵士の扱いが面白かったけど、もうちょっと上手く使えばドラマチックになったかな。まあ、あんまりそういった方向の映画じゃないけどね。
主演のミーナ・スヴァーリは『アメリカン・ビューティー』の女子高生だったのか〜。へ〜。まあ、胸は小さいと思いながら見てたけど(笑)
星4つ
テイカーズリッチな銀行強盗を叩き上げの刑事が追う。
逃走劇のアクションが凄いね。あの動きが出来るから配役されたんだろう。ただ、銃撃戦でのスローモーションで萎えた。あの演出はちょっとなぁ…。それまで面白かっただけにね。
星3つ
テイキング・ライブスFBIの心理プロファイラーが、殺害相手になりすまして生活する連続殺人犯を追うサスペンス。
A・ジョリーの登場シーンにちょっと引いた。その他、プロファイルがあまり捜査に生かされてるとは思えないし、展開もイマイチかな。
星1つ
テイク・シェルター妻と娘と暮らすカーティス。彼は悪夢を見る様になり…。
何かが起こりそうで興味をひくんだけど、一向に何も起きない…。40分まで我慢したけどリタイア。
星0つ
ディクテーター 身元不明でニューヨーク北アフリカの独裁者が、国連で演説するためにニューヨークへ…
出だしから笑わせてくれる。ブラックジョークが効いて楽しめた。
星3つ
デイジー舞台はアムステルダム、路上で似顔絵を描いている女性が、一人の客に好意を持ち…。
基本的にはラブストーリー。主要人物の「心の声」が語られるので、観客はそれぞれのすれ違いにやきもきするんだけど、個人的にはストーリーにそんなに入っていけなかった。
星2つ
ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日俳優のセス・ローゲンが空港に友人を出迎えに行き…。
パニックムービーなんだが、俳優が全員本人役で出ているのが面白いところ。中盤ちょっとだらけるのが惜しい。
星3つ
デイズ・オブ・グローリー第2次世界大戦のフランス軍。アフリカの植民地から徴兵された兵士が、フランスの為に戦う…。
イマイチ。
星2つ
ディスタービア教師を殴って自宅謹慎処分になった高校生。発信機を付けられ、外に出られない。退屈なので、近所を覗いていたら…。
これぞ自宅警備員憧れの映画!!突っ込みどころはあるけど、楽しめた。
星3つ
Disney's クリスマス・キャロル偏屈なじいさんが、クリスマスの晩に不思議な体験をする…。
感想は特に無し。
星1つ
ディセント女性のグループが洞窟探検に。登山の様な軽い気持ちで向かうが…。
全員女ってのがミソで、ドロドロした感情に説得力を持たせている。ただ、それでも登場人物の言動に「?」がつく場面がちらほら。
後半はそれなりに引き込む力があるけど、前半がかなり退屈なのも痛い。
星2つ
ディセント2前作の直後の話。洞窟を脱出したサラは、救助隊と共に再び洞窟へ行くハメに…。
普通のパニック映画になった。前作の方が面白かった。「え、いきなりこういう展開になるの?」って驚きがあったからね。
完結していたのに、無理やり続けた印象しか受けない。さらに続けていく気マンマンだし、ソウみたいにグダグダになる印象しか受けない。
星2つ
てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜開始18分程度でリタイヤ。夫婦がお馬鹿にしか見えないのはどうかと思う。星0つ
ディック&ジェーン年収15万ドル以上の本部長に昇格、出世街道まっしぐら!…と思ったら、会社が倒産、転落人生のはじまり、はじまり。
キャストは頑張ってると思うけど、話がイマイチ面白くない。
星2つ
ディテクティヴ悪人警官・ジャン=クロード・ヴァン・ダムが、かつての相棒で麻薬組織のボスを追う。
悪徳警官モノはよくあるけど、ここまで嫌な奴なのは珍しい。ちょっと予想外の展開で楽しめた。
星3つ
ディパーテッド香港映画『インファナル・アフェア』をハリウッドリメイク。
お互いがそうなるまでを時間をかけて描いているので、2時間30分の長丁場。だけど、長さを感じさせなかった。ただ、元の方が良かった…っていうか、まあ内容分かっちゃってるからね。所々違いはあるけど。
星3つ
ディファイアンス第2次大戦中、ドイツ兵から逃げ、森で生活した集団を指揮した3兄弟の物語。
感想は特に無し。
星2つ
デイブは宇宙船惑星ニルを救うため、地球にやって来た宇宙船。だが、宇宙船は人間そっくりで…。
エディ・マーフィの顔芸が笑えて、お気楽に楽しめた。
星3つ
デイブレイカー2019年、ヴァンパイアが世界を制し、人間は絶滅寸前。人間がいなくなることで、ヴァンパイアも食糧難に直面していた…。
なかなか設定が面白い。「主人公は今までどうやって生きてきたんだ」と思わないでもないが、細かいところも意外と出来ていて、楽しめた。
星3つ
ティム・バートンのコープスブライド人形アニメ。森で結婚式の誓いを練習していた花婿。ところが、誤って死者の花嫁にプロポーズしてしまい…。
文字にするとトンデモ設定だけど、見ている分には違和感ないし、楽しめた。
星4つ
ティモシーの小さな奇跡養子縁組を望む夫婦が面談で小さな奇跡を語る…。
ハートウォーミングなファンタジーで誰でもすんなりと見られるんじゃないかな。
星3つ
ディラン・ドッグ デッド・オブ・ナイト私立探偵が父親を殺害された女性からの依頼を受け…。
軽いノリのモンスターもの。色んな種族?が出てきて、ごちゃまぜ感があって楽しめた。
星2つ
ティンカー・ベル「ピーターパン」の妖精ティンカー・ベルが彼に出会う前の物語。
中盤までイライラする展開が続く。最後はまとめてるんだろうけど、正直言ってどうかなって感じ。地味な仕事があるからこそ、目立つ部分があるんだろうに。
星1つ
ティンカー・ベルと月の石ティンクは、秋の祭典で使用する「聖なる杖」を作る大役に任命されるが…。
イライラするし、消化不良な部分もあるけど、終わり良ければ全て良し!余韻があって幸せな気分になれる。
まあでも、続編ではワガママなティンクに戻ってるんだろうなぁ(苦笑)
星3つ
手紙東野圭吾の同名小説を映画化。殺人犯の兄を持った弟の半生。
原作を既に読んでました。比較しても仕方ないのは分かるけど、なぜお笑い…。
全体的に悪くはないけど、駆け足なのは否めない。まあ、尺があるから仕方ないけどね。色々と考えさせられる部分があるので、原作もぜひ読んでみてください。
星3つ
デジャヴ捜査官のダグはフェリー爆破事件の捜査に加わるが、そこで目の当たりにした捜査方法とは…。
「考えるな、受け入れろ!」
これさえ守ればかなり楽しめる。
星4つ
デス・クルーストリップバーから女が逃げ出し…。
生きるか死ぬかの瀬戸際にグダグダしとるなぁ。
星1つ
デスゲーム夜中にホラーゲームをやったら怖くなってきた。でも、のど渇いたし台所に行くか。…アレ、何かいる??
目新しさは無いけど、テンポが良くて楽しめた。ゲーム好きの人はすんなり入っていけるかと。
星3つ
デスティニー 未来を知ってしまった男暇つぶしに占い師に見てもらったジミー。ピタリと的中し、彼はその時の占い師の様子を思い出す…。
面白くない。
星0つ
テストN男性が祖父の安楽死を見守り…。
20分でリタイア。
星0つ
デス・プルーフ in グラインドハウス変な映画。無駄なシーンが多すぎるし。星1つ
DEATH NOTE 前編人気漫画を映画化。名前を書かれた人が死ぬというノートを手に入れた青年。彼は犯罪者を次々と粛清し、理想の世界をめざすが、彼自身に捜査の手が伸びてきて…
原作は読んでないので知りません。意外と面白く、後編が気になる。後編は出番が増えそうな戸田恵梨香が下手すぎ。かわいいから許すけど。
星4つ
DEATH NOTE デスノート the Last name後編。面白かったけど、最後は釈然としないところがある。機会があったら、原作を読んでみたいと思う。星4つ
デス・レース2012年、囚人同士の殺し合いカーレース「デス・レース」が娯楽として浸透していた。そんな中、無実の罪で投獄された元カーレーサーも巻き込まれてゆく…。
マリオカートをリアルにするとこうなる(笑)。中身は薄いが楽しめた。
ジェイソン・ステイサムはもうちょっと中身のある映画にも出て欲しいけどね。
星2つ
デタッチメント 優しい無関心臨時教員が底辺校に着任し…。
ドラマチックに展開する訳でなく、淡々と描かれている。教師って凄く責任重大な仕事だよね。
星4つ
鉄男 THE BULLET MAN同名映画をセルフリメイク。
前のは見たこと無い。カメラが近くてブレるので見辛い。チープなのを誤魔化しているんだろうが、見る側に不快感を与えては無意味。話も特に面白くもなかった。
星1つ
TEKKEN -鉄拳-人気格闘ゲームを映画化。
ゲームの知識はほぼゼロだったけど、問題なく楽しめた。ゲームの映画化にしては良くまとまっている方だと思う。まあ、ゲームを知らないからこその感想かもしれないけど。
主人公の手の速さに笑った。ま、若いんだしオッケーか?どっちも美人だしね。
星3つ
鉄拳 ブラッド・ベンジェンス人気格闘ゲームをCG映画化。
面白くなかったので40分ほどで止めた。ゲーム版を知っていれば違ったのかもしれないが…。
星0つ
鉄コン筋クリート面白くないので、途中でやめた。星0つ
テッド35歳独身男と喋るテディベアの友情物語?
思ったよりまとも。結構な毒で楽しめた。
星4つ
デッド or キル若い女性が飲食店の面接を受け…。
グロい。抑圧ばっかりでスカッとしない。
星2つ
デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2ハイウェイで玉突き事故に巻き込まれる予知を見たキンバリー。車を止めて難を逃れるが、予知では死んでいたはずの人々に魔の手が…。
続編らしいけど、前作を見ていなくても問題なかった。早い段階で登場人物が「生き残った人が死んでいくんじゃ」と気付くので、どう回避するかに話が集中するのが良い。それと、前作の登場人物が絡んでくるのも好みの展開。
面白かった。
星4つ
デッド・サイレンスある若夫婦の元に、差出人不明の荷物が届き…。
ホラー。淡々としすぎて面白くなかった。
星1つ
デッドフォール 極寒地帯仕事を終えた強盗が雪道で事故を起こし…。
もう少しスピード感が欲しい所。
星3つ
デッド・フライト科学者が秘密裏に持ち込んだゾンビが、よりによってジェット機のフライト中に飛び出した!
面白い。お約束満載のパニックホラーのど真ん中を行く。ラストの「切れ味」がもう一つだけど、十分楽しめる。
星4つ
デッドマン・ダウン殺人を目撃された男が、口止めに別の殺人の依頼を受け…。
まあ、並かな。ノオミ・ラパスはミレニアムではこれ以上無くマッチしてたけど、使いどころが難しい女優だと思う。
星2つ
デッドライジング ウォッチタワー人気ゲームを映画化。
全く期待していなかったんだけど、予想外に面白くてビックリ。エンドロールの曲も良かった。
星4つ
鉄ワン・アンダードッグ実験でスーパーマンならぬスーパードッグになってしまった元落ちこぼれ警察犬の活躍。
結構面白かった。犬が実に芸達者で可愛い。
星3つ
デトネータールーマニアを舞台にした、W・スナイプスのサスペンス・アクション。
複線が放置されたままだったりして中途半端だけど、B級と割り切って観るにはアリかも。
星2つ
テトロ 過去を殺した男18歳になるベニーは、家を飛び出した兄を訪ね…。
前半が退屈過ぎる。中盤以降は興味を惹かれる展開になるけど。モノクロで作った意味があって、なるほどと思えるが、いつの時代の物語なのか分かりづらいな。携帯電話が出た時にアレっと思ってしまった。
星2つ
デトロイト・コップ・シティ一匹狼の警官が銃の密売のおとり捜査に向かうが、密売人が無関係の歯科器具のセールスマンを取引相手と間違って…。
アクションものかと思ってたけど、コメディタッチでテンポが良くて面白かった。二人のやりとりを見ているだけで面白い。と言うか、セールスマンが画面にいるだけで笑ってしまう。あの存在感は反則だろ。
星3つ
デトロイト・メタル・シティポップミュージシャンを目指して上京した根岸崇一。だが、どういう訳かデスメタルバンドのボーカル、ヨハネ・クラウザーII世としてデビューしていた…。
アメコミみたいなOPが「おっ」って感じでつかみはオッケー。デスメタルになるまでを描いて欲しいと思ったが、見終えてみると、なくて正解。あったら長々しくダレていただろう。
クラウザーさんの格好で、中身が根岸のギャップが笑える。トイレや夜の畑のシーンは最高。畑のシーンは弟のセリフも最高。松山ケンイチの当たり役だと思うわ。観客のクラウザーさんに対する反応も笑える。クライマックスのライブシーンはもう一つだったけど、オチが良かったので良しとするべ。
星3つ
テネシー、わが最愛の地老人ホームを抜け出して我が家に戻ると、他人が住んでいて…。
ひどい映画だ。ほぼ終わりまで見たけど、最後まで見る気にはなれなかった。
星0つ
デビルビルの35階から飛び降り自殺が発生。刑事が急行する。そして、そのビルではエレベーターの閉じ込めも発生していた…。
かなり面白かったんだけど、締めが残念な感じ。ただ、最後のセリフは良かったね。
星4つ
デビル・インサイド悪魔祓いの最中に神父たち3人を殺害した母を持つ女性が、事件の調査を始める…というモキュメンタリー。
イタリアに行ったのに皆して英語ペラペラって…。もうちょいそれらしく見せてよ。20分程度でリタイア。
星0つ
デビルクエスト十字軍の騎士ベイメンは、正義の名の下に行われる侵略行為に疑問を感じ、軍を脱走するが…。
普通に楽しめた。
星3つ
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-サダム・フセインの息子、ウダイの影武者にさせられた男を描く。
ウダイのあまりの鬼畜ぶりに唖然。この環境で自分を保てたのは凄いと思う。
星3つ
デビルズ・ノット1993年に発生した事件を描く。
面白かったけど、モヤッとするな。それにしても、わずか20年前にこんな恣意的な捜査、裁判があったとは。映画なんでそう見せているのももちろんあるが。
星4つ
デュー・デート 出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断妻が出産間近のピーター。空港で会った変な奴のせいで飛行機に乗れずに…。
「ハングオーバー」の監督らしいドタバタ劇。面白いんだけど、自称23歳がムカつく(笑)。終盤がちょっと弱いかな。
星3つ
デュエリスト面白くないので、途中でやめた。星0つ
デュプリシティ企業スパイの暗躍を元CIA、元MI6の男女の恋愛を絡めて描く。
ひかれ合っているのに、職業柄全く相手を信用出来なず、見ている方がもどかしくなる。ちょっと長いけど、最後まで楽しめた。ジュリア・ロバーツは年を取ったね…。
星3つ
テルマエ・ロマエ古代ローマ時代の浴場建築技師・ルシウスが現代にタイムスリップし…。
前半の馬鹿馬鹿しさは腹を抱えて笑った。それだけに、終盤のイマイチ感が勿体無い。
星3つ
テルマエ・ロマエII第2弾。
インパクトは無いが、映画そのものは前作より良い出来。
星3つ
テロ, ライブラジオの生放送中に爆破予告の電話が…。
突っ込みどころ満載だけど、これだけ勢いがあれば許しちゃう。ノンストップで駆け抜けて楽しめた。
星3つ
天国から来た男たちフィリピンで無実の罪で投獄された商社マン。獄中の日本人のビジネスに協力する事になり…。
面白くなかった。
星1つ
天国と地獄靴会社の常務である権藤の元に、息子を誘拐したとの電話が入り…。
面白かったね。緊迫感があるし、地道な捜査が犯人への手がかりを示していて、物語に集中できた。警察とマスコミのやり取りなど、細かな部分も実によく考えられているなぁ。
星5つ
天才スピヴェットモンタナ州で暮らす天才少年が内緒で応募した発明が表彰され…。
軽妙で楽しめた。雰囲気が良いね。
星3つ
天使と悪魔『ダ・ヴィンチ・コード』の続編。ローマ教皇が死去し、次期教皇を選出するコンクラーベが開催されようとしていたが、その候補4人が誘拐され…。
続編で3年後の設定だけど、話自体は繋がっていないので、見てなくても問題ない。
で、前作より遥かに面白い。時折「ん?」と思うシーンがあるけど、勢いでそれをかき消してくれる。固有名詞が色々と出てくるので、吹き替えで見たのも良かった。
『アマルフィ』はこんな風にしたかったんだろうね。残念ながら比較にもならんけど。
ホクロのないユアン・マクレガーに違和感が。
星4つ
天使の眼、野獣の街犯人を尾行する追跡班の刑事たちと宝石強盗団の攻防。
冒頭からスピーディな展開で一気に引き込まれる。突っ込みどころもあるが、テンポが良いので最後まで面白く見る事ができた。
ただ、香港マフィア物を思わせるこの邦題はどうかな。
星4つ
天使の分け前暴力事件で懲役を免れたロビー。子供が生まれ、まともに生きようと決意し…。
最後まで決意を貫いて欲しかったな。楽しめはしたけど。
星3つ
電車男2ちゃんねるの有名スレッドを映画化。オタク男が、電車内で酔っ払いに絡まれた美女を助けた事から始まるラブストーリー。
ドラマ版を見ていたので、内容は大体分かってた。ドラマはコメディだったけど、こっちはピュアな部分が強い。こんな奴いるかぁと思いつつも、男目線のラブストーリーもあまりないので、新鮮さもあった。脱オタクしてから周囲の態度が一変し、結局は見た目次第というのも出てる。
星3つ
デンジャラス・バディFBIと地元警察。2人の女性のバディもの。
安定した出来。
星3つ
デンジャラス・ビューティーガサツで男勝りなFBI女捜査官が、ミスコンの出場者として潜入捜査。
「2」を先に見たけど、あんまり覚えてない。結構面白かった。マイケル・ケインがいい味出してる。
星3つ
デンジャラス・ビューティー2有名になってしまい、捜査に支障が出てきた為、広報に転属になったFBI女性捜査官。そんな折、知り合いのミス・アメリカが誘拐されてしまう。捜査官としての血が彼女を突き動かし…。
前作は観てないけど、楽しめた。悪くは無いけど、これといって良くも無い。
星2つ
デンジャラス・ラン南アフリカの隠れ家に勤務するCIA職員のマット。退屈な勤務からの転勤を希望していたが…。
アクションにスピード感があり、最初から一気に入っていける。この邦題に変更したくなる気持ちがわかる。ただ、終盤の展開はどうなのよ。打ち切られたドラマみたいに無理やりまとめに掛かっちゃって…。
星3つ
伝染歌開始20分でリタイア。星0つ
転々84万円の借金がある大学8年生。借金取りに「チャラにする替わりに俺と散歩に付き合え」と言われ…。
ゆるくてちょっぴりハートウォーミングなロードムービー。「時効警察」が好きな人に向いてるね。
星3つ
トーク・トゥ・ハー事故で昏睡状態に陥った2人の女性。そしてそれぞれを愛する2人の男性。お互いに親しくなるが、2人の愛のかたちは当然違っており…。心理描写を細かく描いていて、中盤以降話も動いてきます。なんとなく印象に残りそうな映画。星2つ
トータル・リコール貧富の差が拡大した近未来SFアクションをリメイク。
元のはあのシーンしか覚えていないね。近未来描写や細かなシーンなど、映画そのものには満足。ただ、あのシーンに全く見どころがないのはどうなの?あれがこの映画の肝だと思ってたんだけど…。今の技術でどうなるか楽しみにしてたんだけどなぁ。
星3つ
トールマン鉱山が閉山され、寂れる一方の町。その町では子供の失踪が相次いでいて…。
30分でリタイア。
星0つ
ドア・イン・ザ・フロア作家志望の学生が、夏休みを作家の助手として過ごす事に。その作家は妻とプチ別居中で、学生は妻に好意を抱き…。
よく分からん。娘役が、ダコタ・ファニングにしちゃあ、子供過ぎるなぁと思ってたら、妹だったのね。
星1つ
トイ・ストーリー2大ヒットCGアニメーションの続編。前作を見てなくても大丈夫だと思うけど、見ている方が断然楽しめる。アニメだけに迫力の点では劣るけど、アニメならではのアクションあり、笑い・パロディありに、ふっと考えさせられる点もあって、全く飽きさせない。素晴らしい出来。星5つ
トイ・ストーリー3アンディは17歳になり、大学入学の為に家を出る事に。ウッディたちは数年間遊んでもらっておらず…。
素晴らしい…。
アクションは切れ味やアイデアに溢れて、終盤は感動の嵐。
予定調和で終わらずにメッセージ…。そう、一歩を踏み出す後押しをしてくれる。この映画こそ宝物だ。涙が止まらない…。
星5つ
トイレット母親が死去した3兄妹と、英語が通じない日本人のばーちゃんが一緒に暮らす事になり…。
思っていたよりよかった。もたいまさこの表情が変わっていくのが良いね。最初はあり得ないほど嫌〜な感じだったし。変わるキッカケがよく分からん部分もあるんだけどね。
細かい部分も良く出来てる。
星4つ
トゥー・ウィークス・ノーティスルーシーは大企業の経営者のジョージの顧問弁護士となるが、嫌気が差して退職を決意する…。
サンドラ・ブロックとヒュー・グラントの軽妙なコメディ。2人とも芸達者で掛け合いが面白いし、やはり華があるね。サンドラ・ブロックは、やっぱりこう言った軽い映画が会っている。まあ、女優は年齢を重ねると難しくなってくるからなぁ…。
突然出てくるルーシーの親友は何者?
星4つ
トゥー・フォー・ザ・マネーアメフトの有望選手だったブランドンは、故障でプロの道を閉ざされ、アメフトの予想屋になる。
いろいろと中途半端ですなぁ。マシュー・マコノヒーの映画って、こういう中途半端なのが多い気がする。まあ、彼のせいじゃないけど。アル・パチーノは最近こういう役が多いですな。レネ・ルッソは老けた。
星2つ
トゥー・ブラザーズ20世紀初頭、カンボジアの奥地で、人間によって運命を翻弄されたトラの兄弟を描く。
動物モノの強みはあるけど、やはりぐっと来たり、考えさせることがある。需要があるから供給があるのよね。外にいる人間には何でも言えるのかもしれない…。
星5つ
ドゥーム人気ゲームを映画化。火星の遺伝子研究所で緊急事態発生。特殊部隊が派遣される…。
この手のおなじみの展開。特殊部隊の連中が変な奴ばっかりだったりするけど、それは話を面白くする為なので仕方がない(笑)。細かいことを考えずに楽しむのが吉。ゲームが原作だけに、FPSみたいな視点の場面もあり。
星3つ
ドゥームズデイスコットランドで治療不可のウイルスが蔓延。イギリス政府は壁を作って隔離する事に…。B級だが楽しめた。最後の展開はちょっとアレだけど。星3つ
トゥームレイダー人気ゲームを映画化。特にこれといってありません。星1つ
トゥームレイダー 2第2弾。なんかめちゃくちゃ。星1つ
21ジャンプストリート高校に潜入捜査する2人の刑事モノ。
序盤はちょいと流れが悪いが、くだらなくて楽しめた。意外なカメオ出演にビックリ。
星3つ
22ジャンプストリート続編。今度は大学に潜入。
それなりに楽しめたね。
星3つ
12 ラウンドパトロール中の警察官・ダニーは、FBIが追う超大物・マイルズと遭遇。追跡を開始する…。
面白かった。とにかくスピード感がある。「おいおい、やり過ぎだろ」と思う部分もあるけど、とにかくど派手。出演者は全く無名だったけど、撮影にはかなりお金がかかってそうな感じがするわ。これだけ頭が切れる犯人にしては、最後の逃走手段がずさんなのが気になったけど、オチも笑えたし、掘り出し物を発掘して満足感いっぱい。
星4つ
10日間で男を上手にフル方法10日間で彼女を作る、10日間で恋人に振られる、それぞれ賭けをした2人のラブコメディ。定番モノで楽しめる。ケイト・ハドソンの嫌われようとする姿が面白い。星3つ
TOKYO!3人の外国人監督が撮るオムニバス。
1話目を見て「なんだかなぁ」と思ったら、これが一番マシだった…。
星1つ
東京家族瀬戸内から両親が上京。3人兄妹が出迎える…。
『東京物語』のリメイク。セリフ回しなどいかにも古いが、手堅い作りでよかった。
小津版も機会があったら見てみたい。
星4つ
東京ゴッドファーザーズホームレスがゴミ捨て場で赤ん坊を見つけ…。
退屈…。44分まで我慢してみたけど、もう限界。
星0つ
東京島一組の夫婦と16人のフリーターが無人島に漂流し…。
20分でリタイア。
星0つ
東京大学物語江川達也の同名漫画を江川自身が監督となって映画化。原作者だからこそ出来る内容。漫画を読んでいた人には、とりあえず一度見てもらいたい。星3つ
東京物語リメイク版を先に見たけど、結構違ってるのね。最後の流れなんかは、やはりこちらの方が良いね。カット割りは独特だね。星4つ
道化死てるぜ!トムの10歳のバースデー・パーティーにピエロが呼ばれるが…。
時間つぶしに見るには良いんじゃないの。
星2つ
闘魂先生 Mr.ネバーギブアップぐうたらな生物教師が同僚と音楽クラスを救う為に格闘技を始め…。
いきなりここまで熱心になるのに違和感があるが、それを言っちゃあ始まらない。本格的な感じがして楽しめた。
星3つ
逃走車一台の車が警察に追われ…。
ん〜、イマイチスピード感がないね。
星2つ
同窓生18歳の少年が妹を盾に取られて工作員となり…。
良くある北の工作員モノ。
星3つ
盗聴犯 死のインサイダー取引株の不正取引を監視する警察モノ。
これは面白いね。登場人物を丁寧に描いて、話に説得力もある。非情な所も作り物っぽさが無くて良い感じ。
星5つ
盗聴犯 狙われたブローカー姉妹編。
主要キャストは同じだけど、全く別の話でちょっと混乱。面白かったけど、登場人物が多くて、顔と名前が一致しなくて混乱する。
星3つ
塔の上のラプンツェル赤ん坊の時にさらわれ、塔の上で育った王女。彼女には不思議な力があり…。
ディズニーらしい手堅い作りで楽しめた。馬が良いね。
星3つ
トゥモロー・ワールド人類が生殖機能を失って18年。セオは爆破事件から難を逃れ…。
終末感漂う世界観の構築が良く出来ていて、説得力がある。映像的にも申し分なく、ここまでちゃんと作っているのはなかなか無い。イギリス映画侮れないな(笑)。
戦闘シーンの動きやモブ、血しぶきの演出なんかは凄いな。街の上空だけ空気が汚れている所なんかにもセンスを感じる。主人公の靴や動物に好かれる所なんかは、意味があるのかと思ってたけど(笑)
星4つ
トゥヤーの結婚モンゴルの草原で暮らすトゥヤー。夫が怪我で働けなくなり、自身も腰痛を抱える。離婚して新たな夫を迎える決意をするが、その条件とは…。
なかなか面白かったね。ロマンチックなんだけど、最後はそんなに甘くないよって現実に引き戻すのもニクイ作り。
星3つ
トゥルー・グリット西部劇。14歳の少女が、保安官を雇って父を殺した犯人を追う…。
主演の子が魅力的でいいね。あと、見せなくて良いような部分まで遠慮なく描いているのも特徴的だなーと思ってクレジットを見ていたら、コーエン兄弟の作品だったのね。なんか納得。
テンポが良くて面白いんだけど、馬を撃つシーンにやっぱり抵抗が。競馬好きなんでね(笑)
星4つ
トゥルース or デア 密室デスゲーム学生5人が名家の同級生の誕生パーティーに呼ばれ…。
そこそこ面白かったけど、全く感情移入できない登場人物たちで、どっちに転んでもいいやって感じだった。どっちかって言うと兄寄りで見てたかな。
星3つ
遠くでずっとそばにいる交通事故にあった女性は10年間の記憶を失ってしまい…。
まあまあかな。現在の自分がどんな人間だったのか、もうちょっと分かると良かったけど。
星3つ
とかげの可愛い嘘韓国映画。小学生から続く、20年の純愛モノ。
途中で嫌な予感がしたけど、またこのパターンか…。相手役が高橋信二に似てる。
星2つ
トガニ 幼き瞳の告発聴覚障害者の学校で起こった事件を映画化。
韓国映画界は実在の事件の映画化が上手い。面白いという表現が正しいか分からんが、とにかく引き込まれる。ヒロイン?の性格付けが重い題材の中で良いアクセントになっているし、本当に良く練られている。
星5つ
時の重なる女ホテルで働くソニアはお見合いパーティでグイドと出会い…。
ラブストーリーかと思ったらガラッと変わって驚いた。よく練られていると思うが、何とも物悲しいなぁ。
星3つ
時をかける少女筒井康隆の同名小説をアニメ映画化。内田有紀版のドラマは見てた。
概ね良かったと思うけど、ドラマ版は切なさがもっとあった気がする。タイムリミットや歴史の整合性、辻褄あわせへの葛藤はあるけどね。あと、おばさん役は内田有紀にして欲しかった。当時の内田有紀はホントにかわいかったよね〜。
星4つ
時をかける少女同名小説を映画化。
話は原作の娘の物語でオリジナルみたい。仲里依紗がとても可愛らしい。黙って立っているとそうでもないんだけど、表情が豊かで思わず見とれてしまう。今後が楽しみ。内容は別にどうでも。
星3つ
特捜部Q 檻の中の女刑事三人が民家に踏み込み…。
よくまとまってはいるけど、映画でやるほどでも無いような。連続ドラマでやると良いんじゃないかな。
星3つ
ドクター・ドリトル2よりは面白い。ま、正直心変わりするまでの描写が不十分なんだけど、そういう映画じゃないし。星3つ
ドクター・ドリトル2E・マーフィが動物と会話できる獣医に扮した第2弾。普通に面白かった。短かったし。星3つ
Dr.パルナサスの鏡不思議な鏡を出し物にしている、旅芸人のパルナサス博士一座。ある日、首を吊っている男を見つけ…。いかにもテリー・ギリアムって感じ。人を選ぶ映画ですな。星2つ
閉ざされた森嵐の中訓練中のレンジャー部隊が音信不通に。発見された時は見方同士で殺し合っていた。いったい何が…。
中盤、話が強引でなんだかなぁって感じなんだけど、最後は話が二転三転しまくり。おかげで何がなんだか分からなくなっちゃった。
星3つ
閉ざされた楽園強盗に入られた一家が、セキュリティ万全の住宅地に引っ越したが、そこには…。
この手の話が苦手なので、途中で止めた。キャストがいかにも「それ風」なのもなぁ。もっと美人で、外見と内面のギャップを見せて欲しかった。…っていうか、単に美人が良いだけだけど…。
星0つ
図書館戦争設定が無茶で入っていけなかった。主演の2人のアクションは良かったが…。星2つ
ドッグヴィル舞台みたいな映画。途中で寝ちゃった。星0つ
DOG×POLICE 純白の絆警備犬の部隊に配属された新米警官の活躍を描く。
いつもの市原隼人。単独行動し過ぎだろ。それが原因で飛ばされたのに…。
それと偽ミクや偽ジョブズとか安っぽすぎ。センスを疑うわ。
星2つ
特攻野郎Aチーム THE MOVIE日本でも人気のTVドラマシリーズを映画化。特殊部隊の大活躍。
いや〜面白かった。とにかくテンポが良いし、キャラのやり取りも楽しい。一つひとつのシーンが他ではあまり見ないアイデアに溢れている。「3Dで見るとド迫力!」のシーンは映画館で見てたら大爆笑だっただろうな。TVシリーズは名前くらいしか知らないけど、全く問題なく楽しめた。リーアム・ニーソンの髪型も意外と似合っている(笑)
敵が小物だったのが残念かなー。
星4つ
ドッジボール倒産寸前のおんぼろスポーツジムのオーナーと常連たちが、ライバルジムによる買収を阻止する為、賞金5万ドルのドッジボール大会に出場するコメディ。
サブキャラはまあまあだけど、主人公とライバルに魅力が無い。特に主人公。
星1つ
ドットハック セカイの向こうに人気ゲームをモチーフにしたCGアニメ。
PS2のゲームみたいな映像に面食らうが、慣れればまあ…。近未来の描写は面白い。終盤の流れはもうひとつだったが楽しめた。
星3つ
突入せよ!「あさま山荘」事件1972年の事件を映画化。
警察目線なので、内部のゴタゴタが多く、犯人側の描写はゼロ。原作者が警察側なんで仕方ないけど、エンターテイメントとしては物足りさも残る。
星3つ
ドッペルゲンガー医療メーカーの研究者の早崎はスランプ中。ある日、自分に瓜二つの人物を見かけ…。
35分くらいまで見たけど止めた。
星0つ
隣のヒットマン殺し屋(B・ウィリス)が隣に引っ越してきて…。普通に面白い。マシュー・ペリーがまんまチャンドラーなのが笑える。星2つ
隣のリッチマン隣家の親友が、発明で一攫千金、大富豪に!同じ職場で、給料もこっちが上だったのに…。嫉妬心が首をもたげ…。
ベン・スティラー、ジャック・ブラック主演なので、コミカルに描かれています。言動に「?」と感じるところもあるし、そんなに良い出来とは思わない…けど、何故だか気に入ってしまいました。ただ、エンドロールのアレはいらないかな。その直前でスパッと終わってた方が綺麗に決まってたと思う。
星3つ
となり町戦争舞台は四国の田舎町。政策の一環として、となり町と戦争を開始。「戦争と言われても、別に普段と変わらないんだけど…」と思っていた主人公だが、町から偵察任務の命令を受け…。
制作側は戦争の縮図として描きたかったんだろうけど、鼻につく台詞に「またか」と思う程度にしか伝わってこない。
となり町と戦争する理由が全く触れられないんじゃ、話にならんよね。江口洋介の最後の台詞がカッコ良かったのでプラス1点。
星1つ
扉をたたく人代わり映えのしない毎日を過ごしている大学教授。ひょんな事から移民のカップルと同居する事になり…。
よくあるハートウォーミング系かと思いきや、社会性の濃い展開へ。とても良かった。
星4つ
飛べ! ダコタ終戦から半年経った佐渡ヶ島に、イギリス軍の飛行機が不時着し…。
出だしは野暮ったかったけど、丁寧でコンパクトにまとまっていて良かった。比嘉愛未もカワイイし。
星3つ
富江写真家志望の月子は交通事故にあった前後の記憶がなく…。
中身はそれなりだけど、富江をギリギリまで見せない演出は良いんじゃないかな。菅野美穂は上手いね。
星2つ
富江 replay第2弾。
面白くない。
星1つ
ドミノモデルから賞金稼ぎに転進した実在の女性、ドミノ・ハーヴェイを描く。
まず、細切れカットを多用しすぎて、画面が見づらい。ストーリーも終盤にグダグダになったり、「ユージュアル・サスペクツ」みたいな構成が全く意味が無かったりして、なんだかなぁって感じ。キーラファンでも、物足りなく感じる。脱いでたけど。あと、「ビバヒル」ネタが出てきて、そっちの方が面白かったり、切なかったりする。
星2つ
トム・ヤム・クン! タイの山奥で、象とともに暮らしてきた青年。ある日騙されて親子象を奪われてしまう。取り戻すため、井口似のトニー・ジャーが旅に出る!
『マッハ!』は疾走感のあるアクションだったけど、こっちはとにかく格闘重視。特に終盤の格闘は凄まじい。アクション好きにお勧め。
星4つ
共喰い行為中に暴力をふるう。父親の性癖が嫌でたまらない遠馬だが、自身もその血を引いている事に怯えており…。
これって私小説なんかね。義手の細かさなんて、想像で描いてたら凄いな。
星3つ
トライアングル子育てに疲れた母親のジェス。友人に誘われヨットセーリングに出かけるが…。
あまり面白くなかった。
星2つ
ドライヴ強盗の運転手役やカースタントなど、ドライブテクニックで稼ぐ男がある女性と出会い…。
ドライブシーンは説得力があり、物静かな主人公も良かったが、話は別に…。途中から物凄くバイオレンスモードに振れるので、人を選びそう。
星2つ
ドライブSABU・堤コンビ。変な映画…。星1つ
ドライブ・アングリー復讐に燃える男のドンパチ劇。
中身は無い(笑)。とにかくぶっ放す!
星2つ
ドライブ・ハード元レーサーが銀行強盗に巻き込まれ…。
コミカル…なのかな?まあ、流して見るなら。
星2つ
ドラゴン・キングダムジャッキー・チェン、ジェット・リー共演のカンフーアクション。
RPGみたいな感じで楽しめた。敵味方の女の子がかわいかった。
星3つ
ドラゴン・タトゥーの女スウェーデン映画「ミレニアム」第一弾をハリウッド化。
元のを見ているのですんなりと入っていけたが、初見だと登場人物が多くて分かりづらいかと思う。中身もほぼ同じだったように思う。リスベット役は不細工な女優じゃないと駄目だろーと思っていたが、ピッタリでびっくりした。
このシリーズは2からが本番なので、次も楽しみ。
星4つ
ドラゴンヘッド修学旅行帰りの新幹線。トンネルに入ったところで事故が発生。青木輝は何とか新幹線から出るが、トンネルは崩落していた。一体何が…。
話が盛り上げること無く、消化不良で終わってしまった。話に起伏を付けないと駄目だよな。
星2つ
ドラゴンボール EVOLUTION人気漫画をハリウッドで映画化。
思っていたより良かった。原作の設定をつまみ食いした別物と見るのが吉。
悟空のエロパワーでいきなりかめはめ波が出せて笑った。クライマックスシーンの演出が悪い。色々起こるのに、全てサラッと終わってしまうのが残念。
星3つ
ドラッグストア・ガール田中麗奈主演、宮藤官九郎脚本。
とある寂れた町のドラッグストアでバイトを始めた女子大生。彼女に一目惚れした中年たちが、気を惹こうと、彼女が大学で夢中になっているラクロスを始め…。
田中麗奈がかわいいだけの映画。でも、髪が短い方がかわいいよね〜。
で、中途半端なんだよね。オヤジ達を書きたいなら、しっかり書けば良いのに。まあ、それをやっちゃうと、絵的に全く面白くなくなるんだけど…。
星2つ
トラッシュ!-この街が輝く日まで-ゴミ捨て場で働く少年たちが財布を拾い…。
なかなかスピード感があって楽しめた。
星3つ
トラフィック麻薬に関わる人物を描いた映画。手法が面白い映画でしたね。ちょっとしたパルプフィクションみたいな(違うかな…)。内容もよく星4つ(5個満点)。キャサリン・ゼタ・ジョーンズがむかつく…(笑)星4つ
ドラフト・デイNFLドラフトの1日をブラウンズGM視点で描く。
面白かったけどさ、このGM無能だよね?チームの主軸の状態を把握してないし、3年間の1位指名を投げ打って、普通に獲れた選手を全体1位って。他所が回避したおかげで上手く行っただけじゃん。あと、同じチームで働いているなら、こんな日に痴話話をグダグダすんなや。お前にとってフットボールが全てじゃなかったんかい。
面白かったけどさ…。NFLを知らなくても楽しめる。
星3つ
トラブル・イン・ハリウッドハリウッドの映画プロデューサーの多忙な日々を描く。
映画界の内幕って感じで楽しめたが、中身はない。
星3つ
トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合新婚早々、新郎の親友と同居することになった3人のドタバタ劇。感想は特になし。星1つ
盗られてたまるか明石家さんま、武田鉄矢主演映画の韓国版。
日本版も見たけど、かな〜り昔なんで、ほとんど覚えてない。で、まあ、楽しめた。ラストが良く分からんけど。
星2つ
とらわれて夏夫と別れて情緒不安定気味の母親を、中学生になる息子が支えていたが…。
心にしみる優しい映画だね。
星3つ
トランジットキャンプに行く途中の一家が、現金強奪事件に巻き込まれ…。
一人はワニに食われるかと思ったんだけど(笑)。ま、それはともかく、途中までは予想外の展開があったりして及第点だったがね。
星2つ
トランス絵画のオークション会場に強盗が押し入り…。
こんがらがりつつも楽しめたが…。どうやって病院にいったん??
星3つ
トランスアメリカ念願の性転換手術を受ける予定のブリー(今は男)。そんな彼(心は彼女)の元に、息子がつかまったので迎えに来て欲しいとの知らせが。一度もあった事無いのにこのタイミングで…。手術の保証人が迎えに行かなきゃ駄目!と言うので、しぶしぶ迎えに行く事に…。
キャラが強烈だけど、話はまじめ。まあ、何と言うか、ねえ。はい。お互いの気持ちは良く分かる。
星2つ
トランスフォーマー知性を持ったロボットたちが活躍するSFアクション。
面白い。登場人物が多いけど、うまく使っていると思う。もう少しコンパクトに出来ればもっとよかった。
星4つ
トランスフォーマー/リベンジ2作目。
前作を見ていないと、ちょっと厳しいかな。ギャグパートと真面目な部分がメリハリがあって、2時間半が一切ダレない。終盤の決戦は燃えるぜ!!
ミーガン・フォックスがこれで降板かと思うと残念だわ…。
星5つ
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン第3弾。
面白かったけど、アクションの見せ場が、バカの一つ覚えの様にスローモーションになるのはどうよ。劇場で3Dで見たら大迫力だろうけど、TVで見る分には物足りなく感じちゃうね。ま、仕方ないけど。あと、やっぱりミーガン・フォックスの方が良かったな…。
星3つ
トランスフォーマー/ロストエイジキャストを一新しての続編。
映像はすごいが、それほど面白くなかった。
星2つ
トランスポーター運び屋映画。なんか、カンフー映画みたい。星3つ
トランスポーター2続編。途中で出てくるおっさん刑事は主人公の知り合いって事を抑えておけば、前作を見ていなくても大丈夫。
突っ込みどころが満載だけど、勢いで見せて明らかに前作より面白い。
星3つ
トランスポーター3 アンリミテッド3作目。
あんまり面白くないな…。冒頭の仕事を拒否する理由が分からんのを手始めに、「えっ」「何で?」ってのが多い。ヒロインの首のタトゥーが気になって仕方ないし、そもそもヒロインが全く可愛くないし。…って言うか、もうちょっと化粧でなんとかしてやれよ。
車から脱出する所だけは良かった。
星2つ
お嬢様育ちのメアリーは、小鳥屋で不躾な男性に出会うが、彼のことを気に入り…。
「どうやって撮影したんだろう」と思うが、大して面白くはない。主演女優は美人だね。
星2つ
ドリーマーズ政治的混乱が発生していた、1968年フランス。そこでのとある映画学校の学生達を描く。
エヴァ・グリーンのヌード以外全く見所が無い映画。「自分の世界から現実の世界へ」なんだろうけど、話が駄目すぎる…。
星1つ
ドリームガールズ1960年代のデトロイトを舞台に、黒人の歌手志望3人組の成功と、その先にあるもの。
ミュージカル調の映画なので楽しく観られる。内容はこの手の映画の定番だけど、終わりが良かったので、まあ良いかな。ビヨンセの扱いが軽くて、余計な心配をしてしまった(笑)。記憶に残る楽曲が少なかった。
星2つ
ドリームキャッチャーS・キング原作のミステリー。凄い。少年時代の子役が成長した姿に似ているのが凄い。モーガン・フリーマンの眉毛が凄い。こういう映画だと知らなかったので、アレの登場の仕方が凄い嫌。ディーラーとメガネ君にもうちょっと見せ場があっても良かったけど、ま、こんなもんかな。便座に座るのを躊躇させてくれる一本。やはり映画は予備知識なしで見るのが一番。星4つ
トリコロールに燃えて自由奔放な資産家の娘(シャーリーズ・セロン)と真面目な青年(スチュアート・タウンゼント)が恋に落ちる。だが、時代は第2次大戦が避けられなくなり、お互いの考えの相違が無視できないものとなる。そして、それぞれの「運命」が大きく動いていく…。
序盤は全く面白くない。我慢して見ていくと、中盤以降凄くストーリーに引き込まれる。飛躍しすぎなところは否めないけど、なかなか残る映画。ペネロペも出てます。
星4つ
トリスタンとイゾルデコーンウォールとアイルランド。対立国でありながら惹かれあうトリスタンとイゾルデの運命。
戦闘が多く、まあまあ面白かったけど、イゾルデがただのわがまま女にしか見えん。
星2つ
トリック -劇場版2一応完結編。
ハッキリ言って面白くなかった。「スチュワーデス物語」や「リング」の小ネタは笑ったけど、全体的に上滑り。好きなシリーズだけに、完結編がこの出来では残念。
ただまあ、無理に続けても仕方ないし、いい頃合かもね。
星2つ
トリノ、24時からの恋人たち分からんので途中で止めた。星0つ
ドリフト田舎町に越してきたサーファー兄弟が店を始め…。
青春モノって感じで楽しめた。
星3つ
トリプルXチェコで米国の特殊工作員が相次いで死亡。上層部は方針を変えて、正規の工作員ではなくワルを使い捨て工作員として採用する事に…。
もっと単純なアクションかと思ったけど、主人公に観察力があって、頭を使うところが面白い。
星3つ
トリプルX ネクスト・レベル服役中の元軍人が、諜報員「トリプルエックス」として活躍するアクションの第2弾。
前作は見ていないけど、特に問題なかった。多分、見ていればより楽しめたんだろうけど。見せ場が多くて面白かった。
星4つ
ドルフ・ラングレン in レトログレイド22042204年の地球は、謎の病原体で人類滅亡の危機に瀕していた。その根源である隕石を破壊する為、特殊部隊が2004年の南極にタイムスリップするが…。
ここまでチープな映画は久々に見た気がする。色々と突っ込みながら見るのが吉、かな。中でも「お前は何がしたかったの?」ってのが一番。
星1つ
トレーニング デイ念願の麻薬取締官に配属された若手刑事。だが、コンビを組む先輩は、どうしようもない悪徳警官だった…。
イーサン・ホークが良かった。意外なところが複線になっていたりして、楽しめた。
星3つ
トレインスポッティングヤク中の若者が、薬を断とうとするが…。彼らの日常をポップに描いたヒット作。
E・マクレガーが細い!微妙だが、終わり方は良かった。
星3つ
トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝中国の砂漠を舞台にしたお宝探しモノ。
「???」な部分がいつくかあるけど、深く考えなければ楽しめる。ヒロインが可愛いし。
主人公はオリックスの香月に似ている…と思ったら、グリーン・ホーネットのカトーだったのか。全然気付かなかった。
星3つ
トレジャー・ハンターズあるきっかけで、幼馴染3人が久々再会。そこで子供の頃に探した宝探しをすることに…。30男達のコメディアクションアドベンチャー。
身の丈にあった?、いい意味でスケールの小さいコンパクトさが良い。特に印象に残る事は無いけど、楽しめる。
星3つ
トロール・ハンター大学生の撮影クルーが密猟者を追跡取材すると、そこで遭遇したのは…。
思ったより映像がチャチくなくて楽しめた。トロールの細かい設定も披露して、なるほどって感じ。
この手の映画はカメラがぶれまくりなのが困っちゃうよね。
星4つ
ドローン 無人爆撃機ドローンを操縦する兵士2人が、ターゲットの家を監視していると…。
想像していたより面白かった。意見が変わりすぎだろ、とは思うけど。
星3つ
トロイブラピ主演のトロイ戦争を描いたアクション。青い海・青い空・白い砂浜といかにも地中海って映像が美しい。盾を効果的に使った戦闘シーンが見所。ブラピの心の動きがもっと描かれていれば良かった。星2つ
トロピック・サンダー/史上最低の作戦大物キャストが集められ、ベトナム戦争映画を撮ることに。だが、抜擢された監督は彼らを上手くまとめられずに苦心する。そこで、本物のジャングルに放り込み、ドキュメンタリー風に撮影する事にするが…。
く、くだらねー!(もちろん褒め言葉)
ロバート・ダウニー・Jrが面白すぎるだろ。真面目にやればやるほど笑えてたまらん。よく出演したな…。ベン・スティラーやジャック・ブラックとは違う角度で笑わせてくれる。キャスティングの勝利だね。
細かなところまで豪華キャストで、それを見る楽しみもある。満足。
星4つ
泥棒は幸せのはじまり金融会社に勤めるサンディはクレジットカードを他人に乗っ取られ…。
序盤はかなりイラッと来るね(笑)。上手くまとめて楽しめた。
星3つ
どろろ舞台は戦国の世。48体の魔物に体を封印された若者が、自らの体を取り戻す為、1体ずつ魔物を退治していく。手塚治の同名漫画を映画化。
所々のくさい主張はいらなかった。娯楽作に徹して、尺も短くすべきだった。
星2つ
トロン:レガシーコンピュータ会社の社長である父親が失踪。残された息子は成長して27歳になり…。
続編らしいけど、見てなくても理解は出来た。ただ、前作を見ていたほうが、もっと良く分かったんだろうなぁ。専門用語を理解するまでに時間が掛かった。話も並。
星2つ
トワイライト 〜初恋〜父と暮らすため田舎町へ越してきた女子高生。そこでミステリアスな男子と出会い…。
色んな事が意外とあっさりって感じ。あと、設定上仕方ないけど、画面が薄暗いのがね。クリステン・スチュワートがかわいい以外は割りと普通かな。
星3つ
鈍獣作家が失踪。編集者が彼の故郷を訪れ…。
つまらん。
星1つ
トンマッコルへようこそときは朝鮮戦争。南北両軍が激しい戦闘を繰り広げる最中、とある村で起こる物語。
5、6年前の私なら感動していたかもしれない。心が汚れてしまったのかな。色々と気になる点が引っかかりながら観賞してしまった。特にスローモーション多様の演出はどうかと思う。
星3つ

トップに戻る。