ら行

タイトル感想評価(5点満点)
ラースと、その彼女田舎町で暮らすラースはシャイで奥手な性格。兄夫婦はそんな彼を心配していたが、ある日、彼が「彼女を連れてきたので会って欲しい」と訪ねてくる。喜ぶ二人だが、彼が連れてきたのは等身大の人形だった…。
心が洗われるおとぎ話。
「どうしてこうなった」よりも「一緒に頑張ろう」と、戸惑いながらも彼を受け入れ、合わせようとする周囲の人々に心が洗われる。
この題材でこうした方向の作品を作ってしまう、米国映画の層の厚さを実感。
星5つ
ラーメンガール恋人を押しかけて東京までやって来たアビー。だがあっさりと振られ、失意の中で食べたラーメンに感激。無理やりその店の弟子になり…。
突っ込みどころや「?」な場面が多いが、最終的には強引にまとめているので、まあ良いかなって感じになってしまった。
星3つ
ライアーゲーム ザ・ファイナルステージTVドラマの続編を映画化。バカ正直者の神崎直は、巨額の金額が動く騙し合い「ライアーゲーム」に参加する…。
TV版を見ていないけど、問題なかった。脚本がよく練られていて、騙し、騙され、駆け引きがすごく面白かった。それと、戸田恵梨香がとても可愛い。これも大きなポイント。最後は上手くまとめすぎだけど、後味が良いし、これで良かったと思う。
星4つ
ライアーゲーム -再生-人気ドラマの映画版第2弾。
ヒロインが戸田恵梨香から多部未華子に交代。何で変わったんやー、と思ったし、正直華がなくなったが、交代の意味を持たせた中身になっている。
芦田愛菜を使ったのはどうかな。リアリティの無さを増幅させる、マイナスの効果しかない。斎藤陽子がいることに最後の最後で気付いたが、めちゃめちゃ老けたな…。
星4つ
ライアンを探せ!動物園で暮らすライオン親子。ある時、子ライオンが動物園から「家出」し、父親と仲間たちが探しに向かう。
ディズニーのCGアニメ。ライオンの毛並み表現が見事で、「たてがみ一本がそよぐのが楽しい」…かどうかは見た人に委ねます。
数あるディズニー作品で、これをプッシュする要素に欠けるのが正直なところ。
星2つ
ライセンス・トゥ・ウェディング暇つぶしにはなる。星2つ
ライド・アロング〜相棒見習い〜バディもの。
お気楽に観るには十分。
星3つ
LIFE!伝統ある雑誌がオンライン化する事になり、ネガ管理担当のウォルターは最後の表紙のネガを受け取るはずが…。
映像が綺麗だね凄く。最後は綺麗にまとめ過ぎでずるいけど、終わりよければ全てよし、かな。
星4つ
ライフ・アフター・ベス彼女を亡くし傷心のザック。彼女の実家を訪ね…。
なかなか面白かった。
星3つ
ライフ・イズ・ビューティフル前半はおっさんがうるさいだけなんだけど、中盤以降、その陽気さが痛々しくて…。予備知識なしでぜひ見ていただきたい作品で、タイトルの意味を物凄く考えさせられる映画。星5つ
ライフ -いのちをつなぐ物語-生き物たちの生活を追ったドキュメンタリー。
撮影するの大変だったろうな〜と思う。
星3つ
ライフ・オブ・デビッド・ゲイル複線が張ってあるので、ラストは予測できる。悪くないんだけど、生理的に受け付けないところがある。この映画の論点は死刑制度うんぬんではない。星2つ
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日小説家がある男性の半生を聞き…。
長くてダレるな。最後はなかなか良かった感じはするけど。CGのトラは可愛い。
星3つ
ライブラリアン 伝説の秘宝学問が趣味で、30過ぎても学生をしている青年。いい加減就職しろって事で、図書館の史書に。で、なった途端に盗まれた「聖なる槍」を取り戻す羽目に。…なんで僕が??
TV映画のアクションアドベンチャー。ノア・ワイリーが昔のカーターみたいに頼りないのが良い。TV映画らしいチープさも良い感じ。
星3つ
ライブラリアン キング・ソロモンの呪文第2弾?面白くないので途中で止めた。ガブリエル・アンウォーをかな〜り久々に見たけど、やっぱりおばさんになってましたな…。星0つ
ライラにお手あげエディは新婚旅行で妻のライラに幻滅。そして別の女性が好きになり…。
う〜ん。主人公が身勝手にしか思えない。
星1つ
ライラの冒険 黄金の羅針盤ハリーポッター後に急増したファンタジーの一つ。(これはかなり後発だけど。)
設定の説明や、続編の複線を張りながらなので、かなり駆け足で進む。これ単体じゃ弱いけど、続編次第ですかね。
星3つ
ラヴレース1970年代に一世を風靡したポルノ女優の物語。
お話ではダメ男のせいで転落人生ってのが良くあるけど、ホントにあった典型的な話なのね。典型的すぎるので、特に感想は無いなぁ…。
星2つ
ラウンダーズマット・デイモン主演。エドワード・ノートンが若い。あとは普通かな。「ER」のコバッチュが超チョイ役で出演。星3つ
ラスト・アサシン引退を決意した女暗殺者が最後の仕事に挑む…。
色々と雑すぎだわ…。これで最高の仕事人とか冗談はやめて。
星3つ
羅生門突然の大雨に見舞われ、男はボロボロの門へ雨宿りに。そこに先客が2人おり…。
もっとどんでん返し的なものを期待してしまったが、そういう映画じゃないのよね。門での3人のやり取りは興味深いものがあるね。
星3つ
ラスト・エクソシズム信仰を失った牧師が「エクソシズムの真実」を公表するために、撮影クルーと共に依頼者の元へ…。
最初は本物のドキュメンタリーかと思った。にしても面白いな!
<追記>長文レビューはこちら
星5つ
ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛生還したネロは悪夢を振り切り、新たな生活を始めたが…。
まさか続編が作られていたとは。前作は面白かったけど、今回は残念ながら駄作ですな。
星2つ
ラストキング・オブ・スコットランドウガンダへ派遣医師として赴任した新米医師のニコラス。そこで大統領に気に入られ、主治医に抜擢される。彼も大統領のカリスマ性に惹かれ、側近として働く様になるが…。
事実を基にした物語だが、エンタテイメントとしても最上の出来。映画を構成する細かな部分が日本人にも理解し易いのも良かった。
映画を見る前って、どうしても期待度に差が出てしまう。この映画の様に、期待度が高かった場合は「それ程でも…」と感じやすくなってしまうんだが、この作品には全く当てはまらなかった。
星5つ
ラスト、コーション1942年日本占領下の上海。抗日の女スパイが軍幹部に近づき…。
激しい濡れ場が話題だけど、映画としても面白い。2時間30分超だけど無駄なシーンは一切ない。
でも、やっぱり長くて疲れちゃう…。良い映画だけに惜しい。
星3つ
ラストサマー2ホラーシリーズの2作目。前作は断片的にしか覚えてない。J・L・ヒューイットがかわいいだけの映画。星2つ
ラストサマー3ひっそりと続いていたホラーの第3弾。共通するキャラは出るけど、ストーリーには繋がりが無いので、前作を見ていなくても大丈夫。…って言うか、見ててもあんまし覚えてないし…。
ホラー映画のお約束とはいえ、命を狙われてるのに余裕たっぷりなのよね。で、それなりに楽しく見てたけど、あのオチはどうよ…(ラストではない)。ジェニファー・ラブ・ヒューイットはかわいかったよね。これには出てないけど。
星2つ
ラスト サムライ景色が綺麗。例によって、微妙な日本描写と主要人物が都合よく英語が堪能で。いつも思うけど、映画に出てくる馬って、転倒しても大丈夫なのかなぁ。星2つ
ラスト・ショットFBIの潜入捜査官が、おとり捜査のためにハリウッドで映画制作。おとりのはずが、段々と映画制作に夢中に…。
特に感想はなしで。
星2つ
ラストスタンド元麻薬捜査官の保安官は、田舎町で平和な日々を過ごしていたが…。
単純なドンパチ劇で楽しめた。
星4つ
ラスト・ターゲットスウェーデンの山奥でしっぽりとしていた男女に、突如襲撃者が…。
物語は普通。というか、最初の襲撃者は何だったの?とか、色々と突っ込みたい部分はある。…が、満足度は高かったので良しとする。
星3つ
ラスト・ダイヤモンド 華麗なる罠宝石を狙う泥棒モノ。
展開が色々と変わって面白かった。なかなかの掘り出し物。
星4つ
ラスト・デイズ正体不明の伝染性が蔓延した世界の終末モノ。
普通。
星2つ
ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト ―鮮血の美学―17歳のメアリーは、家族と共に休日を別荘で過ごす事にしたが…。
この手の映画を見るといつも「お前ら葉っぱ以外にやること無いのかよ!」と突っ込みたくなるな。(笑)予想を裏切る意外な展開があって、描写が直接的。耐性が無い方はやめといた方が。
最後は普通に終わった方が良かったと思う。
星2つ
ラスト・ブラッド人間社会に紛れ込む鬼を狩る女子高生の話。
どこから突っ込んでいいのやら…。
星1つ
ラストミッション余命わずかと宣告されたCIAエージェントの活躍。
時折入る、軽い感じが好みで楽しめた。CIAの女はもっと手伝えよ、と思うけど。
星3つ
ラスト・ワールド高校卒業前、最後の哲学の授業でディスカッションが行われ…。
面白くなりそうな題材だと思ったんだが、全く面白くなかった。
星1つ
ラスベガスをぶっつぶせ医大に合格したベン。学費を工面できずにいた彼だが、教授率いるカジノ攻略チームに誘われ…。
展開がモタモタして、イマイチ面白くなかった。
星2つ
らせん「リング」と同時公開された、同じ時間軸のホラー。
リングを見ている人ほど、絶望的になるな…。リングを見ずにこっちだけ見る人もいないと思うけど…。
星2つ
落下の王国20世紀初頭、ロサンゼルスの病院。入院中の若者が女の子に御伽噺を語り始め…。
独特の映像が美しい。
が、退屈。1時間でリタイヤ。
星0つ
ラッキー・ガールツキについている女性と、とことん運に見放された男がある日出会い…。
ラブコメ以外の「もう一つの結末」の行方が気になるし、音楽も良い。面白かった。こうしたノーマークのお気に入りに出会うことが、映画を観まくる醍醐味。
星5つ
ラッシュ/プライドと友情1976年のF1総合優勝を争ったライバルの物語。
どっちも嫌なやつで感情移入できなかったな。
星3つ
ラッシュアワーJ・チェンとC・タッカー主演。クリス・タッカーがうるさい。声高いし。ま、そういう映画なんだけど。星3つ
ラッシュアワー22作目。1より面白いですな。星3つ
ラッキーナンバー7久々に友人宅に遊びに行ったら、留守。まあ、ちょっと待たせてもらおうかな、と思ったら突然マフィアに拉致されて!?え、ちょっと、人違いなんですけど!!
序盤から感じていた違和感が、中盤に解消され、一気に話が動き出して楽しめた。スケールがイマイチだけど、これはこれで良いかな。
星4つ
ラバー車のタイヤが人を殺しまくる…。
「意味なんて無い」って作り手が言っちゃ駄目でしょ。逃げ道の確保としか思えない。それとは関係なく面白くない。
星1つ
ラビット・ホール4歳の息子を亡くした夫婦の物語。
重いテーマだが、良く出来ていると思う。地下室で母親が娘に語るシーンは良かった。
ただ、タイトルにするほどのコミックなら、もう少し絡んできても良いのでは。
星3つ
ラビット・ホラー声を失った学校職員の姉と小学生の弟が主人公のホラー。
47分でリヤイア。
星0つ
ラブ・アゲイン自身では幸せだと思っていた中年男が、突然妻から離婚を切り出され…。
面白かった。ああ繋がるとは。
ドタバタぶり、掛け合いが面白く、キャラクタも魅力的。ジュリアン・ムーアなんて、今までは「枯れた干しぶどうおばさん」としか思ってなかったけど、この映画では表情の移り変わりが実に魅力的に見える。映画が気に入るかどうかで、ここまで見え方が変わるとは。
星5つ
ラブアクチュアリー英国首相から小学生まで、7〜8組?の様々な恋愛を描いた群像劇。もちろん英国映画。
話自体は、取り立ててどうと言う事は無いけど、気楽に見られて良いのでは。個人的には、小説家とポルトガル女性のエピソードが好き。
星3つ
ラブ&クライム運び屋の年増女とそのヒモの若い男、そして彼に惚れた女のまさに「ラブ&クライム」
…で、根本的にストーリーが面白くないんですけど…。
星1つ
ラブ&ドラッグチャラ男の製薬会社営業とパーキンソン病に患っている女性のラブストーリー。
アン・ハサウェイのヌードが見所で内容は並。アンの演技も上手いなーとは思うけどね。
星3つ
ラブ・いぬベンジー はじめての冒険仔犬モノ。
楽しめた。動物モノは反則だよね〜。
星3つ
ラブ★コンチビの男とデカ女のラブコメ。
ノリについていけなくて、10分でリタイヤ。
それとヒロインが全くかわいくない…。
星0つ
ラブソングができるまで私はアレックス。自慢じゃないが、80年代のアイドルで「あの人は今」状態である。現在のアイドルに楽曲を提供する事になったのだが、曲は書けても詩が書けない。あれ、あのバイトの子、なかなか面白いフレーズを…。
突っ込みどころ満載だが、目くじらを立てては楽しめない。いい歌があり、1時間40分超だけど、もっとコンパクトに感じられて、テンポがいい。
星3つ
ラブ・ダイアリーズ娘にせがまれ、ウィルは離婚が決まった妻との馴れ初めを語り始める…。
複数の女性が登場するので誰が妻なのか、そして夫婦はどうなのるのか等と興味を引かせてくれる。面白かった。
星4つ
ラブライブ! The School Idol Movie人気アニメを映画化。
平凡。TV版は13話まで見たけど、全部見ていれば感想が違ったのかなぁ。歌が多いのは良かったのでは。
星2つ
ラブリーボーン1973年。14歳のスージーは事件に巻き込まれる…。
皆して勘が良すぎだろ。それよりも何よりも、面白くない。CGもショボイ。
星1つ
ラム・ダイアリー実在の作家が1960年代にプエルトリコ滞在中の出来事を映画化。
比較的ライトな感じで楽しめたかな。
星3つ
ララピポスカウトマンなど、風俗関係の人たちを描いた群像劇。
序盤はありきたりな感じだったけど、中盤以降はなかなか面白くなってきて、鑑賞後の満足感もなかなか。ただ、登場人物がステレオタイプな感が強く、もう少し普通っぽい人も出して欲しかった。
星3つ
70歳になる戦国武将。3人の息子の中から長男に家督を譲る事を宣言するが…。
めまぐるしく物語が動いて面白かった。豪華でお金かかってるなーって感じでリッチなのも良かった。2時間40分の長さを感じさせない。
所々、「ん?」って部分もあったけどね。あと、血糊使いすぎ。
星3つ
ランゴペットのカメレオンが主人公のCGアニメ。
普通かな。中盤まで退屈だったなぁ。
星2つ
ランダム 存在の確率彗星が地球に近づく夜、8人の男女がパーティに集まり…。
アイデアは面白い。出だしの何気ない会話に意味があったりするのも。ただ、最後あそこまで引っ張るなら、もっとちゃんとした終わり方にしてくれないと。
星3つ
ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で恋人に振られた一人の青年。気分一新、郊外の祖母と暮らす事にする…。
心に傷を抱えた人々が一歩を踏み出すまでを描く。
展開がご都合主義すぎるだろ…。クリステン・スチュワートがかわい過ぎるのでおまけで2点。
星2つ
ランナウェイ/逃亡者かつての過激派が30年の時を経て逮捕され…。
先の展開が気になって、楽しめた。ただ、最後はうまく行きすぎじゃ…。ロバート・レッドフォードの走り方がヨレヨレなのも気になった。
星3つ
ランボー 最後の戦場ミャンマーで兵士に軟禁されたボランティア医師団をジョン・ランボーらが救出に向かう。
殺戮の描写に圧倒される。
人を助けたいという理想も、力の前では全くの無力であるという現実…。戦闘中に何も出来ず、ただただおびえるだけの女性ボランティアの描写が印象的。でも、力の象徴といえるランボーも、理想論に動かされて行動するのが上手いつくりだね。
星4つ
乱暴と待機新婚の番上夫妻がボロい平屋に引越し。夫が近所に挨拶に行くと、おどおどした女性に出会い…。
個人的にはすごく好きだが、皆にオススメするような映画ではないな(笑)。合わない人には「こいつ頭おかしいんじゃ」と思われかねない(苦笑)。
邦画はこういう変な映画が多くて、殆ど合わないんだけど、何故かバッチリ来てしまった。
星5つ
ラン・ローラ・ランあと20分で10万マルクを用意しないと、彼の命が危ない!彼女はお金を工面する為、走る、走る、走る!
とにかく疾走するシーンに、ゲームのリセットの様に展開をやり直す作りで結構話題になった…と思う。ストーリーは、まあ…ありかな。ラストはそれなりに上手く見せたので。
星2つ
リーガル・マインド〜裏切りの法廷〜保護観察中の弁護士が奉仕活動の弁護を受け…。
かなり荒っぽいし、いろいろとご都合主義だなぁ。
星3つ
リーグ・オブ・レジェンド透明人間・吸血鬼・不死身の人間など、伝説の人物?が戦争回避の為に終結し…。イマイチ面白くない。星2つ
リーピング元神父で、信仰を捨て大学で科学を研究する女性教授が、根強い信仰の地方の町で、聖書の「10の災い」を連想させる出来事の調査に向かう。
設定としては良くある設定。オカルト色が強くて面白く感じなかった。ヒラリー・スワンクが知的な役なのは新鮮。(失礼な言い方だな…)
星0つ
リアル鬼ごっこ佐藤姓の人々が謎の死を遂げる中、高校生の佐藤翼はパラレルワールドに迷い込む。そこでは、佐藤姓の人々を捕まえて処刑する「リアル鬼ごっこ」が実施されていた…。
疾走感が凄い。アクションも体に切れがあって、鬼から逃げる必死さに説得力を持たせる事に成功し、引き込まれる。演技の未熟さや終盤の展開に難はあっても、それを補って余りある魅力がある。低予算でもやれば出来るじゃないかと嬉しくなった。
星4つ
リアル鬼ごっこ2前作の直後から始まる続編。
主人公以外のキャストは変わってたのね。「そう言えば谷村美月が出てたような…」と思ってたけど、見ている間は特に違和感がなかった。どっちにしろ、前作を見ていないと厳しいけど。
役者たちは体を張っていて、相変わらず疾走感が伝わってくる。ただ、一発ネタを2度やっちゃだめだよね。やってることは前作と同じだし。それと黒幕もショボイし。
前作を見ていないと厳しい上に、一発ネタなので前作以上のインパクトはない。単体として見れば悪くないんだけど、単体で評価するのは極めて困難。企画した時点で、駄目なのは分かりそうなもんだけど…。
星3つ
リアル〜完全なる首長竜の日〜妻が自殺未遂し、昏睡状態になってしまった藤田。彼は妻とコンタクトを取るべく、彼女の意識へとダイブする…。
色々中途半端だなぁ。首長竜のCGをちゃんと出来るなら、車からの景色もしっかりやろうぜ…。
星2つ
リアル・スティール2020年を舞台に、ロボットボクシングを生業としている元ボクサーの物語。
画面に出てくる日本語に苦笑い。細かいことは考えずに見れば、十分楽しめる。
星3つ
リクルートアル・パチーノとコリン・ファレルのサスペンスアクション。CIAにスカウトされた青年。過酷な訓練の末に初任務が下り…。騙し騙されの連続過ぎて、結末が予想できる面があるが、まあ面白い。星3つ
Ricky リッキー工場で働くシングルマザーと娘の物語。
…と思いきや、急展開にビックリ。ま、登場人物が幸せそうだし、アレでいいんじゃないの?
星2つ
リディック:ギャラクシー・バトル未開の惑星で一人の男がサバイバルしており…。
前半のサバイバルはなかなか面白かったけどね。水中のクリーチャーの造形もユニーク。犬が死ぬ所で覚めてしまった。
星2つ
リトリート・アイランド冷えきった夫婦が、関係を修復しようと思いでの孤島の別荘を訪れるが…。
面白くないなぁ。
星1つ
リトル・イタリーの恋お見合いに振られ続けている青年。やけくそで男前の弟の写真を送ったことから始まる物語。
想像していたのと違った展開だったけど、これはこれでいいのかもね。
星2つ
リトル・ダンサーリトルダンサーな映画。ええ、素敵な映画でしたね。星3つ
リトル・チルドレン不倫もの。
面白くない。不倫と平行したエピソードもあるけど、存在意義が分からない。
星1つ
リトル・マエストラ日本海に面した寂れた港町の漁民オーケストラの話。
釈由美子って顔変わった?なんか怖い…。突っ込みどころが多いけど、おおらかな心で見ないとね。尺はもっと短く出来た。
星2つ
リトル・ミス・サンシャイン家族の絆を見直すロードムービー。
こう書くと、硬くて説教くさい、見る人や気分を選ぶ映画に思えるけど、この映画は全く違う。個性的な登場人物紹介を1分で終わらせ、すぐに本編突入。そして退屈な場面が一瞬も無い。家族映画でこんなにも面白い映画が!
しょーも無い映画ばかり観て「何でこんな無駄な時間を過ごさなきゃいかんのか」と思う事も多いけど、この瞬間の為だよね。だから映画は止められない。
星5つ
リトル・ランボーズおとなしい少年ウィルは悪ガキのリー・カーターと出会い、映画を撮ることに…。
キッズムービーですな。最後は反則的な感動のさせ方だけど、そこまでは普通。
星3つ
リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?「赤ずきんちゃん」をモチーフにしたCGアニメ。
物語自体はクライム・サスペンス風で、なかなか面白かった。もちろん、砕けた雰囲気なので、誰でも気楽に楽しめる。
ただまあ、何というか、絶対に日本受けしないキャラデザだね。
星3つ
LIVE AND DIE(リヴ・アンド・ダイ)深夜のダイナーに警察官が来店し…。
緊迫感があり、先が読めなくて楽しめた。ただ、道中の突っ込みどころはまだしも、ラストの展開は都合良すぎだろ〜。面白かっただけに、詰めが甘くて残念。
星4つ
リプリー「太陽がいっぱい」のリメイク。想像していたより面白い。主人公に感情移入は出来ないんだけど、胃がキリキリする感じに展開が気になる。ま、面白くなるのは中盤からなんだけど。星3つ
リプリー 暴かれた贋作詐欺師の絵画の贋作の話。
脇役でよく見る人が主役なので、どうしてもチープな感じがしてしまう。これだったら、もっと無名の人を使えば良かったのに。
まあ、それよりも序盤から「えっ?」って展開で話を追う楽しみが無い。サスペンスのもう一つの重大要素のエロ部分もガッカリで見所がない映画。
星1つ
リベリオン ワルシャワ大攻防戦ポーランド産の戦争モノ。
力が入っていて見応えがあった。
星3つ
リベンジ・フォー・ジョリー 愛犬のために撃て!愛犬を殺された男が復讐に燃える…。
シュールだな。笑いながら見るのが正しいんだろうが、ストライクゾーン狭すぎだと思うわ。
星1つ
リベンジ・マッチかつてのライバルボクサーが30年の時を経て対決!
手堅い作りで楽しめた。
星3つ
リベンジャー目の前で両親を殺された少年は九死に一生を得て…。
狭かったり、暗かったりするけど、アクションは迫力があるんじゃないかな。
星2つ
リボルバー心理モノクライムサスペンス。
ふさふさのジェイソン・ステイサムに違和感。で、何コレ??
星1つ
リミッツ・オブ・コントロール空港のロビーで、男に何やら指令が言い渡させる。彼は何をしようとするのか…。
感想はなし。
星1つ
[リミット]目が覚めたら棺の中。「おい、どーなってんの!助けてくれ!」
シチュエーションは面白いけど…。意外と物が揃っている棺だな。
星3つ
LIMIT OF LOVE 海猿続編。浅瀬で大型客船と砂利運搬船が衝突。立派な大型客船が沈む事などないと思われていたが…。
面白かった。ハリウッドに負けない大型娯楽映画。日本映画はこういう娯楽作品をもっと評価すべき。
星4つ
リミットレス売れない作家が別れた妻の弟と再会し…。
気になる点が多い。
星2つ
リメンバー・ミー91年、ブルックリンの地下鉄構内で母親が娘の前で強盗殺人にあう。そして10年後…。
ショッキングな出だしの割りには、あまり生かされていない感じ。ラストにタイトルの意味が分かるが、いくらなんでも退屈過ぎる。
星1つ
猟奇的な彼女韓流ラブストーリー。タイトル通り、酔っ払ったり、暴力的な女性に振り回される男のコメディ。…で始まるんだけど、話が飛んで後半は純愛系に。途中は「なんだかなぁ」ってだらけるんだけど、終わりよければ全てよし。観終えてスッキリとする良作。星4つ
猟奇的な彼女 in NY同名韓国映画を米でリメイク。
ほぼ韓国版通りだったと思う。改めて見ると無茶な話だなぁ、と。
星2つ
緑茶中国映画。大学院生の女性を見合いをした男。聞くと彼女は何度もお見合いをしまくっているらしい。いったいなぜ…。
雰囲気はいいんだけどね〜。私には理解に至らない部分があった。
星3つ
リリィ、はちみつ色の秘密偏見が色濃く残る1960年代。14歳のリリィは使用人と共に家出し…。のんきな邦題とは違ってなかなか重い内容。でも、「えっ」って展開やご都合主義が気になってイマイチだった。星1つ
リンガー!替え玉★選手権どうしても金が必要になった青年。障害者を装って「スペシャルオリンピック」に出場し、優勝を目指すが…。
障害者を装う事への葛藤はもちろん、単純に映画として面白い。小さな「ブラックさ」も冴えている。
星4つ
リンカーン南北戦争終結と憲法修正第13条の制定に尽力するリンカーンを描く。
登場人物が多いし、ちょっと難しい。
星2つ
リンカーン/秘密の書母を失った幼きリンカーンは…。
伝記ものかと思ったら…。まあ、アイデアは面白いかな。大統領が列車でハッスルするのはちょっと笑える。
星2つ
リンカーン弁護士金にがめつい弁護士が、暴行の容疑者から弁護の依頼を受け…。
なかなか面白かったね。どうやって窮地を脱出していくのか気になって楽しめた。台詞で出てくる登場人物が誰なのか分かりづらかったけど。
マシュー・マコノヒー老けたね…。
星3つ
リング2続編。
中盤まではまずまずだったが、そこから先がグダグダすぎて訳分からん。中谷美紀がとってもカワイイのでそれを見るためだけの映画。
星1つ
リング0〜バースデイ〜人気ホラーシリーズ、「貞子」のお話。「リング」を初めて見た時の衝撃は今でも感覚として残っている。(高橋克典のTV版。これを見て原田芳雄が好きになった)なので、敬意を表して星2つ。これ単体しか見てない人もいないだろうし。星2つ
臨死暴漢に襲われ、息絶え絶えの青年。臨死状態となって現世で行動するが、死亡すると消えてしまう。何とか生きていることを知らせないと!
なんだかなぁ。
星1つ
隣人13号小学生の頃のいじめがトラウマとなり、自分でも抑えられない別人格が形成されてしまった青年・十三。かつてのいじめっ子と同じアパート、同じ職場になり…。
描写というより、展開が気持ち悪いので途中でやめた。
星0つ
輪廻優香の熱演が光るサスペンスホラー。
ホラーよりもサスペンス色が強いかな。悪くはないけど、ラストは蛇足。実績のある監督だけど、ブームに乗っかって作った気がしないでもない。
単純に「あの時もう生まれてるんじゃないの?」って思ってしまう。
星2つ
ROOKIES -卒業-人気ドラマの映画化。
昔、原作漫画を読んだことがあるけど、ドラマ版は見ていない。
必要以上に間延びしてあざとく感じる。ドラマを見ていれば違った感想になるんだろうけどね…。とりあえず、セーフティバントばっかだな。
これに限らず、日本人の野球ものってフォームがカッコ悪い。みんな運動神経は良いんだろうし、演技指導をしっかりとしてくれれば見栄えが良くなるんだけどね。
星2つ
ルーザーズ特殊部隊の5人がある作戦を決行。だが、それは罠だった…。
軽いノリの特殊部隊モノ。
<追記>長文レビューはこちら
星3つ
LUCY/ルーシールーシーは知りあった男にスーツケースを運ぶよう強要され…。
あんまり面白くなかったな。最初からマフィアを排除しておけよ、と誰もが思うだろう。
星2つ
ルート・アイリッシュイラクに駐留中の民間兵が死亡。彼の親友が事件の真相を追う…。
あまり目新しさは無かったかな。
星2つ
LOOPER/ルーパータイムマシンが開発された未来を舞台にしたアクション。
なかなか面白かった。中盤で明らかにペースダウンするんだが、終盤に巻き返して鑑賞後は満足。ジョセフ・ゴードン=レヴィットはメイクで顔つき変えてるよね?
「レインメーカー」を倒したら、ルーパーとして生計を立ててる自分に変化が出るんじゃないの?って思ったけど。
星4つ
ルームメイトNYで暮らすアリーは恋人と別れ、ルームメイトを募集。垢抜けないヘドラと共同生活を始めるが…。
全体的な流れは大体知ってたけど、案外とルームメイトが「まとも」な期間が短いのね。
ルームメイトが怖いのは分かりきってるんだけど、主人公も本音と建前を使い分けて、いかにもNYで働く女性って感じ。ラストが意味深。サービスショット的な意味でも良かった。
星3つ
ルームメイト 2同僚とルームシェアしているホリー。だが昇進をめぐって私生活でも険悪になり…。
見てないので分からんけど、前作とのつながりはたぶん無い。見る前から大体話の展開が予想つくけど、それなりに楽しめた。
星2つ
ルイスと未来泥棒孤児院で暮らすルイスは、得意の発明で本当の母親を探しだそうとするが…。
賑やかと言うより、ドタバタと騒がしい映画。ディズニー映画の中でも特に子供向きかな。未来の描写は夢があって良いね。
星3つ
ル・コルビュジエの家隣家がこちらの家が覗ける位置に窓を作り始め…。
どの国でも同じ様な悩みがあるのね。近隣トラブルに限らず。…って言うか、不特定多数にしょっちゅう覗かれてるのに、それはいいのかよ!とか、雑音にしか聞こえない音楽を楽しんだり、滑稽さを描いているのは良いね。あんたも歩み寄れよ、と。ただ、最後はヒドいわ。
星3つ
LOOK監視カメラで撮られた映像を組み合わせた群像劇。
悪くないけど、登場人物が変な奴ばっかで感情移入できないのがね。あえてそうしているんだろうけど。
星2つ
ルックアウト/見張り交通事故で記憶障害を患った青年。後悔と苛立ちの日々を送っていたが、ある日親切な男に出会い…。
物語の根本的な部分で突込みがあるので、没頭できない。それに、あのまとめ方もどうかと思う。
星2つ
ルパン怪盗アルセーヌ・ルパンの物語。ライバルがひたすらむかつく。人が死にすぎなのも嫌。星1つ
ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE人気アニメが夢の共演。
なんか続編みたいね。前作?を見ていないので良く分からないところもあった。内野聖陽は非常に良かった。また声優をやってほしいね。
星3つ
ルビー・スパークスデビュー作が大ヒットした若き作家。だが、2作目が書けずにいて…。
作家の脳内で完結するなら良くある話だけどね。なかなか楽しめた。誰でも一度は妄想する話なんじゃないかな。
星3つ
るろうに剣心人気マンガを映画化。
スピーディな殺陣は新鮮味があって良い。ただ、盛り上がるべき格闘シーンがダレるのがね。
星2つ
るろうに剣心 京都大火編第2弾。
中継ぎって感じ。剣心がさやに刀を収めるシーンが美しかった。
星3つ
るろうに剣心 伝説の最期編完結編。
44分ほどでリタイア。
星0つ
ルワンダの涙1994年、ルワンダ大統領暗殺から始まった大量虐殺を、現地の白人神父、若い教師の視点から描く。
ルワンダものはいくつか見ているので、すんなりと入っていけた。この手の中ではマイルドな方。で、やはり「流れ」の中での無力さを痛感せざるを得ない。
星5つ
ルワンダ 流血の4月軍人で穏健派の兄と、強硬派でラジオで「自立」を促すジャーナリストの弟。2人を軸にルワンダの内戦を描く。
流れに身をゆだねるしかない主人公たちに、見ている側もいたたまれなくなる。異様な緊張感があり、何と言うか、何なんだろうか。
星5つ
レーシング・ストライプス競馬にあこがれる一頭のシマウマ。僕もレースに出たい!
「ベイブ」のシマウマ版。ベイブ同様、周囲の動物たちが活躍。シマウマや妻を亡くして調教師を辞めた男など、非エリートが頑張る姿が素直にさわやか。見終えてハッピーになれる映画。娘役がめちゃめちゃ騎乗が上手いんだけど、プロ??
星4つ
レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロースフィンランドとロシアの国境の山で、何やら採掘が行われ…。
タイトルの意味はなるほど〜って感じ。ただ、それだけで内容的には特に面白くもない。
星2つ
レイミュージシャン、レイ・チャールズの半生。
レイ・チャールズのことを知らないので、特に感想はなし。
星2つ
レイチェルの結婚姉の結婚式に合わせて薬物中毒者施設から退院した妹。祝福ムードの中、家族はどこかギクシャクしており…。
感想は特に無し。
星1つ
レイヤー・ケーキ欲張らず、危ない橋を渡らずに、コツコツと麻薬ビジネスを営んできた男が巻き込まれた災難。
二転三転のギャング物…だと思うけど、退屈だったので途中で止めた。シエナ・ミラーは美人だね〜。
星0つ
レイルウェイ 運命の旅路退役軍人のエリックは列車で出会った女性に恋をして…。
「随分都合よく再会するんだな」と思ったが、そこは話しの流れとは関係無かった。今を生きる我々は、こうした過去から学ばないといけないよね。
星3つ
RAYLWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語のんびり見るには良いと思うが、感動要素を詰め込みすぎて、それぞれが薄く感じてしまうし、お腹いっぱいになっちゃうかな。気楽に見るには良いと思うけどね。星3つ
レインディア・ゲーム騙し騙され犯罪サスペンス物。仮出所を間近に控えた2人の囚人。内一人は文通をしている女性との対面を心待ちにしていたが…。自業自得のベン・アフレックは常にピンチな訳だが、相手が間抜けなのもあって、それを回避していく様がなかなか。みんな悪人なんで2転3転あり。C・セロンが脱いでくれているので、+1点。星4つ
レインメーカーマット・デイモンが新人弁護士に扮する。予想していたより面白い。さわやか?な感じで分かりやすくていい。星3つ
レオポルド・ブルームへの手紙出所したばかりの男とある夫婦。2つの物語が同時進行する。2つが交差したとき…。
う〜ん、まあ、特には。
星2つ
レギオン人間に失望した神が、天使に人類滅亡の指示を出す。天使ミカエルは命令に背いて人類を守ろうとする…。
こういう物だと思わなかったので、いい意味で期待を裏切られて楽しめたが、後半はイマイチだったね。
星2つ
レクイエム1975年、北アイルランド紛争の組織に入ったばかりのアリスターは、最初の任務を実行に移し…。
TV局の企画の所は「どうなるんだろう」ってかなりグイグイ来たんだけど、肩透かしな結果でガッカリ。その後も続くけど、下がったテンションは元には戻らなかったな。話としては無難にまとめた印象。
星3つ
レクイエム ー最後の銃弾ー潜入捜査モノ。
途中までは面白かったけど、そこからの展開がなぁ…。銃撃戦は迫力あったけど。
星2つ
LEGO(R)ムービーレゴブロックの世界を映画化。
クレイアニメっぽさもあって、ブロックの独特の動きが面白いね。途中で眠くなったけど、終盤の流れが好みで満足。
星3つ
レジェンド・オブ・ゾロバンデラスのゾロの2作目。
ゾロが家庭問題で悩んだりして、コミカルな部分とアクションのメリハリが効いていて楽しい。ただ、前半はかなり良かったんだけど、後半は少しだらけるのが惜しい。
星3つ
レスラーかつて国民的人気を博したが、今は落ちぶれた老レスラーの生きざまを描く。
切ない…。最後のマイクパフォーマンスは逃げだよなぁ。本人も分かってるんだろうけど、そう言うしかない状況になってしまったと。まあ、全て自分のまいた種なんだが…。
<追記>長文レビューはこちら
星5つ
Let's町長選挙!前大統領が田舎町の町長選に出馬し、金物屋と一騎打ち!
設定が面白い。大統領のブレーンたちが、町長選に右往左往するのも楽しい。
星3つ
レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラードバンデラスのガンアクションの続編。前作は見ていなくても大丈夫(全く覚えてなかったし)。中盤まではかなり退屈。後半の派手さが売りだけど、理不尽さが漂い好きになれず。星2つ
REC/レック消防署にTV局が密着取材。出動の要請に同行し…。
スピード感があって楽しめた。
星4つ
REC/レック 2続編。封鎖された建物に機動隊が突入し…。
2作目でグダグダになるのを覚悟していたが、そんなことはなかった。飽きさせない工夫もあるし良く出来ている。
星4つ
REC/レック3 ジェネシス第3弾。
外伝的な位置づけだね。悪くはないが、平凡とも言える。
星3つ
REC/レック4 ワールドエンド第4弾。
完結?悪魔的な部分も面白さだったんだが、それが無くなってしまい平凡な感じになってしまった。悪くはないが。劇中では1作目から時間が経っていないが、主演の子は老けたな…。
星3つ
RED/レッド仕事を引退したフランクは、毎日、年金係のサラとの電話を楽しみに過ごしていたが…。
「次はこうしよう!」とハッキリ教えてくれて見やすくて良いね。昔ながらの感じで気楽に楽しめた。
星3つ
REDリターンズ第2弾。
無関係な人を巻き込みすぎでしょ。
星2つ
レッドクリフ Part I三国志の赤壁の戦いを描く。前編。
面白い。三国志を全く知らないけど問題なかった。長いけどエピソードの一つ一つが面白く、スケールがあって退屈させない。これを見ると三国無双がやりたくなるな…。
星4つ
レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-完結編。悪くないけど、前作ほどではなくて残念。敵側がただのバカにしか見えないのが、盛り上がらない要因の一つかな。星2つ
レッド・ステイトやりたい盛りの高校生3人組が「やらせてくれる女」の元を訪れるが…。
こういう展開とは知らなかったし、意外性もあって楽しめた。ちょっと説教のシーンが長すぎるけどね。
星3つ
レッド・ダストアパルトヘイトの後処理の恩赦をめぐるひとつの物語。
ヒラリー・スワンクをはじめて美人だと思った。いつも変な役ばっかりだったからなぁ。主人公の師匠の言葉は重いが、なかなかそうは思えないだろうなぁ。上の立場だからこそ言える言葉って気がする。
星3つ
レッド・ドーンシアトルが北朝鮮に占拠され…。
設定は面白いが、色々と粗が目につく。クライマックスの戦闘シーンも暗くてカメラがブレて見づらいし。
星2つ
レッド・ドラゴン「羊〜」第3弾。「ハンニバル」より更に前の話(もはや何でもありですな)。面白い。やはりレクター博士が動き回るよりも、捜査官が犯人を追い詰める形のほうがいい。エドワード・ノートンもカッコイイ。限りなく星4つに近い星3つ星3つ
レッド・バロン第1次大戦中のドイツでの戦闘機乗りたちを描く。
ドイツ製のアイドル映画なん?29分ほどで止めた。
星0つ
レッド・ファミリー家族連れが国境沿いで写真を撮っていると…。
音楽が全く無くて物足りなく感じたが、中盤以降はプラスに働いている様に思えた。シリアスに寄り過ぎず、独特な味わいで印象に残る映画。
星4つ
レッド・ライト超常現象を研究している教授と超能力者のバトル。
最後は良かったが、全般的に退屈。
星2つ
レディ・イン・ザ・ウォーターアパートの管理人の主人公は、ある夜、プールで泳いでいる少女を見つけ…。
意味分からん。「シックス・センス」以降は色々と批判もあるけど、個人的にはこの人の映画は好きだった。ただ、これは…。
星1つ
レディ・キラーズ現金強奪モノなのに、いくらなんでもずさん過ぎるわ。そのギャップを笑うのかもしれないが、笑えない。37分でリタイア。星0つ
レニングラード 900日の大包囲戦第2次大戦中、レニングラードに取材に来たイギリス人女性記者と現地の女性警察官の物語。
戦争ものでソ連市民を描いたものはあまり見ていないので新鮮。端役も見た事がある人が多くて、結構な豪華キャストだと思う。ガブリエル・バーンは流石に年をとったなぁ。
2人を中心にしつつ、周りのキャラも描けていて良かった。
星4つ
レバノン新人砲撃手が戦車に配属される。総指揮官いわくちょろい任務だが、照準を通して見た戦場とは…。
戦車の中と照準を通して見える風景に特化した映像で、臨場感が凄い。見えるものも生々しい。こういう状況下じゃ、何を信じて良いのか、さっぱり分からなくなるよね…。ドラマチックな展開があるわけじゃなく、これが戦場なのかな…。
星4つ
レポゼッション・メン舞台は近未来、人工の臓器が実用化された世界。だが、料金を滞納すれば、容赦なく回収が行われていた…。
中高生が書いた様な脚本だな…。50分程度で見るのをやめた。
星0つ
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで結婚7年目で日々の生活に虚しさを感じている夫婦。心機一転、パリに移住することを決め…。
面白いな、これ。
主演の2人が見事。タイタニックが好きだった人にはちょっとショックかもしれないけど。
こういう気持ちは誰しも抱えているけど、皆、現実と折り合いをつけて生きている訳で。欲求に忠実な人物を精神病患者としているのも現実っぽいな…。面白くて怖い映画。
星4つ
レミーのおいしいレストラン天才的な味覚を持つネズミが、素人シェフを導くディズニーアニメ。
最後の料理評論家のコメントが全て。それまでの話は全て前振りに過ぎない。ネズミが料理をする事に、生理的な拒否感が無ければオススメ。
吹き替え版で見たけど、佐藤隆太の声に最後まで違和感が。こうした起用はマイナスにしかならない。お互いにとって良くないと思うのだが。
星5つ
レ・ミゼラブル超有名ミュージカルを映画化。
長いよ。さすがにダレる。
星2つ
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語裕福な屋敷に住む3人姉弟。だが、家が火事になり両親を失ってしまう。失意の姉弟に追い討ちをかけるように、彼らの後見人は、遺産目当てのとんでもない男だった。また、事故と思われた火事の秘密も徐々に明らかになり…。
こう書くとシリアスだけど、コメディです。謎解きの部分が、何かありそうで何もない…。お話もイマイチ。
星2つ
恋愛戯曲 私と恋におちてください。女性脚本家の谷川真由美は締切間近にもかかわらず、全く仕事が進んでいない。自分が恋愛していないと本が書けないので、担当プロデューサーに「私と恋におちてください。」と頼み…。
凡作ですな。好きだけど。
<追記>長文レビューはこちら
星3つ
恋愛上手になるために恋人と倦怠期のゲリー。そんな中、美女と過ごす夢を見る様になり…。
意外と良かった。ただ、この邦題は合っていない。
星3つ
恋愛睡眠のすすめ意味不明。星0つ
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-第2次大戦間近、緊迫する世界情勢の中、山本五十六は開戦を回避しようと働くが…。
思ったより面白かった。チョイ役まで豪華キャストでビックリ。
ホントかどうか知らんけど、あんなにバラバラじゃ勝つものも勝てんわな。
星3つ
レントミュージカルは嫌いじゃないけど、私には合わなかった様で、途中でやめた。ただ、歌は良かったのでサントラを買いました。星0つ
ローグ アサシン相棒を殺されたFBI捜査官が暗殺者を追う。日本のヤクザと中国マフィアの抗争の話なので、日本人俳優も出演。微妙な日本語もアリ。途中でだらけても、とりあえず最後まで見とくのが良いかな。星2つ
ローズ・イン・タイドランド40分我慢して見たけど限界。止めた。星0つ
ローズマリーの赤ちゃん若夫婦がマンションへ引越し。住人の老夫婦と親しくするが…。
もっとオカルト色の強い話かと思ってたけど、そうじゃなかったのね。細かいところまで良く出来ていて面白かった。
星3つ
ロード・オブ・ウォー紛争地域などで暗躍する武器商人を描く。
面白かった。大統領親子が亀田親子に見えた(笑)
星4つ
ロード・オブ・クエスト 〜ドラゴンとユニコーンの剣〜ギャグテイストの中世風ファンタジー。
これぞ無駄に豪華キャスト!ナタリー・ポートマンはこんなのまで出てたのか…。いかにギャグとはいえ、主人公がクズすぎて、中盤までかなりイライラする。下ネタ度もかなり高く、人を選ぶのは間違いないな。
RPGみたいで雰囲気は良いけど。
星3つ
ロード・オブ・ザ・リングRPGの原点と呼ばれる「指輪物語」を映画化。長い。そして面白くなるのが残り15分から。しかも全然話が完結してないし。導入部とはいえ…星2つ
ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔第二部。面白い。見せ場の連続で長さを感じさせない。でも、面白さを体験するには、退屈な第一部を見ないと駄目…星4つ
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還3部作の完結編。壮大なスケールで、時間も長い。サムがいい。星3つ
ロード・キラー マッドチェイスラスベガスへの途中、車がエンストして砂漠に放り出され、途方に暮れる男女4人。やっとの思いで1軒の民家を見つけるが…。
主人公の女が見ていてイライラする。残酷描写も恐怖よりも引くだけで嫌だわ。
それと、もうちょっと美人をキャスティングして欲しいよな…。ホラーは美女が命!
星1つ
ロード・トゥ・パーディションギャングの父子の交流を描く。トム・ハンクス主演。空しい映画。戦場のピアニストを見た直後だけになおさら。星2つ
ロード・トリップ パパは誰にも止められない!娘離れ出来ない父親が主人公のコメディ。
45分まで見たけど、リタイヤ。
星0つ
ローマでアモーレウディ・アレンがローマで暮らす人々を描いた群像劇。
なかなか設定が面白かったね。
星3つ
ローマ法王の休日ローマ法王が亡くなり、時期法王を決めるコンクラーベが開催されるが…。
裏側を覗く楽しさ(実際はどうか知らんけど)はあるが、意味のないシーンが多い。最後ああしてしまうと、それまでが無意味になるんじゃないの?
星2つ
ローラーガールズ・ダイアリー娘をミスコンに出場させることに執念を燃やす母の元、窮屈な毎日を過ごしていたブリス。ある日、ローラーゲームを観戦し…。
ドリュー・バリモア初監督作品って事で、自身が投影されている感じがある。監督が出演していた映画の延長線上にあり、それなりに楽しめた。
星2つ
ローレライ舞台は広島への原爆投下直後。第二の原爆を阻止する為、生き残りの寄せ集め部隊が「新兵器ローレライ」を積んだ潜水艦で強襲作戦を展開する。そして、それとは別にある陰謀も動き始めていた…。
こんなものを大々的に公開してしまうんだから、日本映画界って楽な仕事だよな。転職したいわ。
星1つ
ローン・サバイバーアフガンで特殊部隊4人が作戦行動を開始し…。
落下やRPG被弾など、迫力がある。
エンドロールはなかなか考えさせられる物がある。村人が無事そうなのも良かった。敵が早すぎるって台詞は見ている側も思うよね(笑)
星3つ
ローン・レンジャー先住民と法律家が悪党を追う!
ポップなノリで楽しめた。
星3つ
ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮18世紀、一人の女性がイギリスからデンマーク王の元へ嫁ぎ…。
なかなか面白かった。もうちょい自制せいよ、とは思うけど。
星3つ
牢獄処刑人囚人が暗殺の仕事を請け負い…。
状況を把握するまでに手間取ったけど、そこからは面白かったね。展開的には目新しい流れじゃないんだけど、人物描写が良く出来ている。フィリピン映画で俳優を知らないのもプラスに作用したかな。
星4つ
蝋人形の館若者ご一行が偶然立ち寄った町で巻き込まれる、スプラッタホラー。
スプラッタ色強めなので、苦手な人はご注意。突っ込みどころは色々とあるけど、そんなことをぶっ飛ばす勢いがある。面白かった。
星5つ
六月燈の三姉妹離婚を決意した女性が鹿児島の実家に戻り…。
意外と楽しめた。説明しすぎない所が良かった。最後はキープするってことなん?
星3つ
6才のボクが、大人になるまで。10年以上の撮影期間を経て、少年の成長を描く。
この企画を実現した事に敬意を表したい。が、退屈。2時間10分でリタイア。ここまで見たら最後まで見ろよって感じだけど。
星0つ
ロシアン・ルーレット電気技師のヴィンスは、一家揃って家を立ち退かねばならない事態に。そんなある日、仕事先で一攫千金の話を聞きつけ…。
無駄に豪華キャスト。この言葉がここまで当てはまる映画も珍しい。淡々としていて、盛り上がりが無いまま終わってしまった。
星2つ
路上のソリストLAタイムズのスティーブは名門音楽学校を中退し、路上生活者となったナサニエルと出会い…。
感想は特に無し。
星1つ
ロスト・アイズ全盲の女性が自殺。双子の姉フリアは彼女の自殺に疑問を感じ、独自に調査を開始する…。
非常によく練られた脚本。それだけに、所々の「あれ?」って点がどうしても気になってしまう。物凄く惜しいなぁ。それと、脚本が良く出来ているのに、あまり面白みを感じなかったのも気になった。リメイクするとしたら、こういった作品だと思う。
星3つ
ロストIDコンサルタントのマイケルは息子の誕生会に出ていたが…。
楽しめていたが、最後はあんまりじゃないの?
星2つ
ロスト・イン・トランスレーションCM撮影で東京を訪れたかつての映画スターと、夫の東京出張についてきた若妻。共に異国の地で時間をもてあまし、孤独なときを過ごしていた。
静かな映画。S・ヨハンソンはやっぱりかわいいなぁ〜。この映画では演技力の高さも目に付いた。
星2つ
ロストクライム-閃光-都内でラーメン屋店主の死体が発見された。定年間近の滝口はあの「三億円事件」が絡んでいるとにらみ…。
タイトルロゴを見て嫌な予感がしたが、大体その通りだった。いかにも古いが、それなりに楽しめた。
星3つ
ロスト・ボディ森の中で警備員が何かから逃げていて…。
脚本は良く出来ていると思うんだけど、なぜだかあんまり面白くなかった。
星2つ
ROCKER 40歳のロック☆デビューメジャーデビュー直前にバンドから追い出されたフィッシュ。そして20年後…。
コメディロックンロール映画。お気軽に見るには。
星2つ
ロッキー・ザ・ファイナルシリーズ完結。とっくに引退してレストランのオーナーになったロッキー。
「なぜ俺は戦うのか…」前5作を見てないけど全く問題なかった。フラッシュバックが入るので、見ていた人はさらに興奮するはず。
これは人間ドラマだ。
シリーズが愛される理由が少しだけわかった気がする。ロッキーと息子との会話にぐっと来た。シリーズ未経験者も、格闘モノが好きじゃない人にも見て欲しい。
<追記>長文レビューはこちら
星5つ
ロックアウト2079年を舞台にしたSFアクション。
なかなか面白かったね。何も考えずにお気楽に楽しめていい。
星4つ
ロック・オブ・エイジズ1987年、歌手を夢見てLAに出てきた少女と、ロック歌手を目指す若者を主人公にしたミュージカル。
ん〜、何だか歌と映像に一体感が無いように感じられるんだよね。そこが残念。
星2つ
ロック・ミー・ハムレット!学校の演劇クラスが資金難で廃止の危機に。役者くずれの講師が、勝手にハムレットの続編を作って乗り切ろうとするが…。
大して期待してなかったんだけど、中盤まではかなり面白くてビックリした。ただ、終盤はパワーダウンしたね。惜しい。
ハムレットを知っていれば評価が違うのかもしれないけど。
星3つ
ロック・ユー!中世の馬上槍試合に出場する平民の男の物語。
普通に楽しめる。
星2つ
ロックンローラロンドンを舞台に色んな悪党が入り乱れるギャングもの。
いかにもガイ・リッチーって映画。上手い作りになっていると思うけど、面白いとは思わない。
星2つ
ロビン・フッド有名なロビン・フッドをリドリー・スコット監督が映画化。
ケビン・コスナー版も見たけど、ほとんど覚えていないなぁ。で、途中までは良かったんだけどね。終盤失速した感じ。
星3つ
LOFTプチスランプ中の女流作家。引っ越して心機一転!、のはずが…。
中谷美紀は可愛いけど、あまりに退屈で30分でリタイヤ。
星0つ
ロフト.ベルギー映画。男5人が共有する秘密の一室。そこに女の死体が。いったい何が?5人の中に犯人はいるのか?
最後まで目が離せなくて面白かった。サスペンスなのに、大人の生き方みたいなラストに痺れるわ。カジノのシーンは「女ってこえー」って感じでめちゃめちゃ緊迫感がある。
星4つ
LOFT〜完全なる嘘(トリック)〜同名のベルギー映画をオランダでリメイク。
5年くらいでリメイクしちゃうって節操が無いと言うか何と言うか…。あんまし覚えてなかったけど、大体同じような流れだったと思う。脱いでくれる女優がかなり好みで嬉しかった。
星3つ
ロボコップ大ヒット映画をリメイク。
元のは見ていないくて、もっと単純なドンパチものかと思ってたけど、いい意味で予想を裏切られた。なかなか面白かった。
星4つ
ロボコンロボコンにかける青春。
長澤まさみがかわい過ぎるだろ。その魅力だけでオッケーな映画。
星3つ
ロボジー中小の電機メーカーの木村電器。社長の鶴の一声でロボット展覧会にロボットを展示することになったが、期日に間に合わず…。
よく出来ているとか、素晴らしいとか、そんな印象は全くないが、何だか気に入ってしまった。バカバカしくて面白かった。
星4つ
ロボッツ舞台はロボットだけが暮らす世界。一人の少年ロボットの成長物語。
それにしても、近年のCG技術の進歩は素晴らしいですね。
星3つ
ロラックスおじさんの秘密の種木が一本もない街で生まれ育った少年が、木を見つけようと奮闘するCGアニメ。
アメリカでこういうのは珍しいのかも。
星2つ
ロルナの祈り国籍取得の為、ヤク中と偽装結婚したロルナ。彼の事を道具としてしか見ていなかったが…。
もう一息。まあ、わざと「もう一息」を描いていないんだろうけど。
星2つ
ロング・エンゲージメント第一次大戦で、婚約者を失った女性。しかし、彼の死亡が信じられない彼女は、独自に調査を開始する。
謎解きは面白いが、オドレイ・トトゥのすっとぼけた雰囲気が、良い意味でも悪い意味でも、重さ、緊迫感を削ぐ。登場人物が多いので、1回では分かりづらい。妙な願掛けが「あるある〜」って感じ。フランスでも一緒なのね。
星4つ
ロンゲスト・ヤード八百長で追われた元NFLのMVPプレイヤー率いる囚人チームが、看守チームとアメフト対決!
よくある落ちこぼれ軍団の奮闘記だけど、面白かった。お約束どおりのきっちりした流れが結構好きなんで。
アメフトは攻守で選手が入れ替わるので、最後の攻防がライバル通しにならないのが惜しいところ。
星4つ
ロンドンゾンビ紀行ロンドンの建設現場で遺跡が発見され…。
普通。
星2つ
ロンドン・ヒート警察の特殊部隊モノ。
隊長のおっさんがムカついて15分でリタイア。
星0つ
ロンドン・ブルバード ラスト・ボディガード刑務所から出所したミッチェルは、スター女優のボディガードとして働くことに…。
普通、身元のしっかりした奴を雇うだろ…。何だか薄っぺらく感じた。
星2つ
ロンドン・リバーロンドンで爆破テロが発生。娘を心配した母親がだが、一向に連絡が取れず…。
登場人物の気持ちがよく分かるし、映画としても面白かった。
星4つ
ロンリーハート1940年代後半。結婚詐欺を追う刑事の物語。
手堅くまとまっている感じでしょうか。
星3つ

トップに戻る。