か行

タイトル感想評価(5点満点)
カーズ車を擬人化したディズニーアニメ。
ラストは上手くまとめたけど、そこまでは結構退屈だった。
星2つ
カーズ2続編。
今度は相棒が主人公だね。映像の美しさは特筆モノ。日本の描写も面白かった。ま、車である必要性が無いんじゃないのって気はするけど。
星3つ
ガーディアン殺人現場を目撃した少女に証人保護プログラムが適用され…。
ドイツ版ボディガード。並。
星2つ
ガーディアンズ 伝説の勇者たち月夜の晩、少年は森で目を覚まし…。
まあ、楽しめた。
星3つ
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーピーター少年は今際の際にある母親を見舞い…。
お金をかけたSFモノが作られるのは嬉しいけど、これは埋もれそうだ…。続編作れるのかな…。
星2つ
ガーフィールドCGの猫が主役のコメディ。
唯一のペットとして、飼い主の愛情を一身に浴びていた猫のガーフィールド。しかし、新しく子犬がやってきて…。ジェニファー・ラヴ・ヒューイットは昔の方が可愛かった…。
星1つ
ガーフィールド 2続編。
ジェニファー・ラヴ・ヒューイットが老けちゃった…。ガッカリしたので途中で止めた。
星0つ
カールじいさんの空飛ぶ家立退きを強いられたカールじいさんは、家に風船を付け、妻の夢だったパラダイスの滝へ向けて出発する…。
個々のアイデアは面白いが、イマイチ焦点が定まらない印象。
星3つ
海角七号/君想う、国境の南ミュージシャンの夢破れ、地元で郵便配達をしている青年が主人公?
30分ほど我慢したけど、話があっちこっちに飛ぶし、とにかくバタ臭いのできつかった。リタイヤ。ここから良くなるのかもしれないけど…。
星0つ
カイジ 人生逆転ゲーム同名漫画を映画化。
漫画をきちんと読んでないので、比較はできません。テンポが良くて面白かった。音楽や効果音がかなり効果的。鉄橋のシーンは「お前ら、そんなに動いたら落ちるだろ」って思ったけど。
星4つ
カイジ2 人生奪回ゲーム第2弾。
終盤のヒロインの葛藤シーンが長くてダレる。しかも大声出してパチンコしてるだけの男を信じてみようとか、説得力皆無。あそこはもうちょっと何とかならんかったのか…。
星3つ
外事警察 その男に騙されるな人気ドラマの劇場版。
ドラマ版は見てません。面白かったね。「あの国」連呼で腰抜け感はあるけど(笑)。終盤もたついたけど、そこから再加速してくれた。映画向きの題材だし、また作って欲しいな。
星4つ
かいじゅうたちのいるところ姉さんもママも僕のことを構ってくれない!小学生のマックスは、ある晩突発的に家を飛び出し…。
もっとファンタジーっぽいかと思ったけど、「めんどくさい奴だなぁ」って感じ。怪獣の皮を被っているが、単にひねたおっさんだもんな。ま、彼らと接する事でマックスが自分を見つめ直し、最終的には観客もそうなるのはいい流れだと思う。
星3つ
怪盗グルーの月泥棒泥棒のグルーは月を盗む計画を立てるが、月まで行くロケットを作るお金が無い。銀行に融資を頼みに行くが…。
登場人物に癖がありすぎて、感情移入できなかったなぁ。物語も割と普通。グラフィックは凄い。
星2つ
怪盗グルーのミニオン危機一発第2弾。
基本的に前作のノリそのままって感じかな。
星3つ
海洋天堂自閉症の青年と父親の物語。
重くなりがちな題材を、上手いこと調理したんじゃないかな。ジェット・リーがいつも笑顔なので、見ている側もかなり見やすくなっている。で、なぜ突然ウミガメなんだ。アップで見ると結構怖いね。ウミガメ。
星3つ
カウボーイ&エイリアン荒野で目覚めた男。右手に奇妙な腕輪をはめ、記憶を失っていた…。
悪くはないけど、あまり登場人物に感情移入が出来なかったなぁ。
星3つ
カエル少年失踪殺人事件韓国で起こった、5人の少年が失踪した事件を映画化。
実在の事件を映画化すると、大体こういうモヤモヤした感じになるんだよな〜。スローモーションの演出が過剰で邪魔臭く感じる。
このタイトルも何とかならんのかね?
星3つ
カオス銀行強盗が発生。犯人の要求は、停職中の刑事に事件を担当させることだった。
話自体は悪くないが、カオス理論(ほんの些細な出来事でも、波紋のように伝わり、どこかの何かに影響を与えるという考え方)と結び付けるには無理がある様に感じる。それと、どうしても「バタフライエフェクト」と比べてしまうのでね。
星3つ
カオス・セオリー結婚式当日、不安に駆られて逃げ出そうとする花婿を花嫁の父が呼び止める。そして、自身の結婚体験を語り始め…。
コメディタッチの夫婦の物語。出だしはなかなか良かったけど、以降は極めて平凡。サスペンスっぽいタイトルだけど、そういう要素は一切ない。
星2つ
顔のないスパイ姿を消していた旧ソ連のスパイ、カシウスの手口で議員が暗殺される。彼を追っていた元CIAエージェントが招集され…。
話はなかなかだが、如何せん盛り上がりに欠ける。
星2つ
輝く夜明けに向かって1980年、アパルトヘイト施行下の南アフリカ。石油工場で働く黒人のパトリックは、妻と2人の娘に恵まれ、政治とは関わらずに平穏に暮らしていたが…。
いわゆるアフリカを舞台にした感動モノかと思っていたが、全く違っていた。サスペンスとして面白くて嬉しい驚き。両側を描いているのも良かった。
星4つ
輝ける女たちキャバレーのオーナーが逝去。久しぶりに家族が再会し…。
複雑な人間関係を把握するのに時間が掛かるけど、それが理解できるとなかなか良くなってくる。味のある映画って所でしょうか。
星3つ
鍵泥棒のメソッド自殺に失敗した男が銭湯に行き…。
先が読めなくて面白かった。キャラクタの性格付けなど細かい所も良く出来ている。
完成度が高い脚本なので原作モノだと思ったけど、オリジナルなのね。日本の映画界にここまでの脚本を書ける人がいるとは!
星5つ
隠された記憶ある男に、玄関先を長時間録画したビデオが投函される。不安を感じた彼は独自で調査を開始した。
良くある出だしではあるんだけど、謎を出しておきながら、回答がないまま終わる。途中で嫌な予感がしたんだけど、その通りだった…。そういう映画はよくあるけど、これはその謎こそ発端で、そこから全てが発生しているのに。これで”行間を読め”とかいうのは傲慢だ。
星1つ
隠し剣 鬼の爪幕末の津軽藩?を舞台にした、身分違いの恋や決闘などを盛り込んだエンターテインメント作品。
期待したほどではなかった。田中泯の殺陣技術が素晴らしい。修行シーンの殺陣が凄すぎた為、肝心の決闘がイマイチになってしまった。
星3つ
隠し砦の三悪人古い映画だから…と敬遠しているのは大きな損失。黙って見るのじゃ!
<追記>長文レビューはこちら
星5つ
隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS黒澤映画をリメイク。
面白く無い…。原作を見たこと無いけど、逆に気になるわ。
戦闘中にちょこまかと動いたり、スローモーションになったり、テンポが悪くてリアリティにも欠ける。姫様の葛藤とかいらんし。エンターテイメントに徹してくれよ。
星1つ
かぐや姫の物語「竹取物語」をアニメ映画化。
映像が美しく、表情が豊かで楽しめた。ただ、映画化する題材か?とも思う。
星3つ
崖っぷちの男高層ビルから男が飛び降りようとして…。
良く出来てるって感じではないけど、好きなタイプの映画。キャスティングも割と好み。
星3つ
崖の上のポニョ5歳の宗介は海で金魚を見つけ、ポニョと名づける…。
絵本みたい。大金をかけて作る内容なのかと思う。けど、それ以上に利益が出てるだろうから作って正解か。宮崎アニメだからといって何でもかんでも持ち上げるのはどうかと思うけど。
<追記>長文レビューはこちら
星3つ
かけひきは、恋のはじまりアメフトプロ創成期のスタープレイヤーとベテラン選手、女性記者の話。
タイトルほど恋愛メインの話ではない。スタープレイヤーとベテラン選手が魅力的で思ってたより面白かった。
星3つ
陰日向に咲くギャンブル依存症の観光バス運転手を軸にした群像劇。
30分ほど見たが、どうも合わないな。リタイア。
星0つ
影武者武田信玄の影武者を務めた男の物語。
会話などは面白かったけど、合戦シーンは物足りなかったな。
星3つ
カサノバ伝説のプレーボーイ、カサノバの恋をコミカルに描く。
テンポが良くて面白かった。
星3つ
華氏 911これを見ると、ああそうなのかって思うよね。報道のあり方とか、社会構造のこととか、色々考える機会を与えてくれる映画。星3つ
カジノ・ゾンビ BET OR DEAD世界平和の実現のため、核兵器を消滅させる装置を起動させたが…。
チープなのは間違いないが、意外と面白かった。
星3つ
風が強く吹いている箱根駅伝を目指す、弱小陸上部の奮闘。
スポ根って感じはしないけど、頑張っている姿がとても伝わってきて、爽やか。林遣都のバネの利いた走りが説得力を持たせている。
CMの印象が強いので、ダンテ・カーヴァーが映ると笑ってしまうけど…。
関係ないけど、大掛かりな撮影だったんだろうなぁ。
星4つ
風立ちぬ昭和初期、飛行機の設計に情熱を燃やした青年の物語。
思ったより面白かった。声も悪くなかったし(上手くもないけど)。「創作者の寿命は10年」宮崎監督の本音かもしれないね。もっと作って欲しい気もするけどね。
星4つ
かぞくのくに1997年。25年ぶりに日本への帰国を許された在日朝鮮人の男性と家族の日々。
台詞の一つひとつが心に響く。季節は夏なのに、常にどんよりとしているのもなんとも。
星5つ
かぞくはじめました親友の子供を育てる事になった男女の話。
定番の流れ。キャサリン・ハイグルの劣化が気になったが、中身は手堅い内容に仕上がっている。
星2つ
かぞくモメはじめました夫の授賞式に出席する為、1週間子供を祖父母に預ける事になり…。
定番の流れ。
星2つ
ガチ☆ボーイ是非とも予備知識ゼロで観て頂きたい映画。私は知識を入れてしまい、とても残念な思いをしました。星4つ
CUT借金を抱えた売れない映画監督。殴られ屋として借金返済を目指すが…。
監督が映画を愛している事は良く分かったが、この映画の題材が映画である必要性を感じない。
星3つ
河童のクゥと夏休み偶然河童を拾ってしまった小学生と河童の物語。
これを作ったのは小学生か!というくらい小学生の言動を捉えている。当時を思い出して恥ずかしくなったわ。
定番の話ではあるけど、思ってたよりずっと良かった。子供を変に美化していない所が特に良かったかな。
星4つ
カティンの森第二次大戦中、ポーランドで起きた「カティンの森事件」を描いた力作。
日本人には馴染みの薄い題材だけど、予備知識無しでも一応は理解できる。
星3つ
火天の城世界でも類を見ない巨大な城、安土城を建築した宮大工の物語。
<追記>長文レビューはこちら
星1つ
哀しき獣借金まみれのタクシー運転手。ある日、殺人の依頼を受け…。
面白かった!韓国映画らしい容赦無い描写に、ド派手でスピード感がある演出。カーチェイスは凄いね。中国人の社長が強すぎる(笑)。
星5つ
悲しみが乾くまで突然夫を亡くして現実を受け入れられない妻と、夫の親友でヤク中の男の再生物語。
悪くないと思うけど、男にとって都合よく行きすぎだろ。
星2つ
蟹工船小林多喜二の小説を映画化。
流行りに乗って作りましたって感じ。時代背景が中途半端な感じですっと入っていけない。
星2つ
カニング・キラー/殺戮の沼内戦下のアフリカ・ブルンジ共和国で国連職員が巨大ワニに襲われる事件が発生。アメリカのTVクルーが取材に向かうが…。
良くあるモンスターパニック映画。で、これが面白いのよね。テンポ良くサクサク進んで、適度な突っ込み所があって。良い意味で期待を裏切られて満足。
星4つ
彼女が消えた浜辺保育園の先生のエリは、同僚の友達との旅行に同行する…。
緊急事態で人はどう行動するのか。ちょっとした事で個性が分かる仕草があったりして、とても良く出来ていて面白い。あんまり面白いとかいう題材じゃないけど。
ただ、「婚約者が居るのは知らなかった」のに、「あなたが婚約者だと分かった」のは矛盾しとるな。婚約者がそこに気付かないのは混乱してるからかね。
星4つ
彼女はパートタイムトラベラー雑誌社のインターンとして働くダリウス。タイムトラベラー募集の新聞広告を取材することに…。
小粒だが夢があってなかなか良かった。登場人物が魅力的に描かれているのもいいね。
星3つ
彼女を信じないでください出所したばかりの女性詐欺師が、ひょんなことから青年薬剤師の婚約者に成りすます。でも、彼からしてみれば、めちゃくちゃな話。ちょっと、皆、なんで初めて会った彼女を信じるの?俺の話を聞いてよ!
ヒロインは野沢直子に似てて、美人じゃないし、可愛くもない。でも、表情がコロコロ変わって慣れてくるとかわいらしく感じる。気楽に見るにはもってこいの面白い作品。「金庫が無くなってどうするの?」とか、細かいことは気にすんな!
ただ、本命の彼女や、ムショ仲間がもっと入り混じって、めちゃくちゃにしてくれた方が良かった。収拾するの大変だけどね。
星5つ
ガフールの伝説ふくろうを主人公にしたCG映画。
ふくろうはどれがどれだか分かりづらい場面も。映像の美しさは特筆モノ。
星3つ
カフーを待ちわびて沖縄の離島で暮らす明青(あきお)。内地へ出かけた時に、神社に「嫁に来ないか」と絵馬に書いたら、ホントに「お嫁にして下さい」と若い女性が現れ…。
ギャグみたいな出だしだけど、本編は至って真面目。単純な田舎の「スローライフは良いなぁ」とかそんな内容じゃなく、期待していなかった分、思ったよりずっと良くて大満足。
星4つ
カポーティ「ティファニーで朝食を」で知られるトルーマン・カポーティが、農場の一家四人殺害事件を題材に執筆するまでを描く。
彼の喪失感が凄く出ていて、素晴らしいと思う。どうしても片側からの視点になってしまうけど、これは仕方が無いのかな。
星4つ
ガマの油役所広司初監督作品。三郎が少年院から出所する日、幼馴染で親友の拓也は彼を迎えに行く…。
悪くはないんだけどね。初監督作品らしく、思いついたものを全て入れちゃっている。長いし、自己満足の様なシーンが散見される。誰が見ても分かる部分だし、役所広司本人が気付かない訳が無いと思うんだけど。削る作業ってのは、勇気がいるって事なのかな?
星3つ
神さまの言うとおり突然、高校で命をかけた「だるまさんがころんだ」が始まり…。
思いついたアイデアで始めてみたは良いけど、どこにも着地出来ませんでしたって感じ。まあ、楽しめたけどさ…。
星3つ
神様のカルテ浮世離れした若手医師の物語。
ま、大体想像通りのお話ですな。この手の話は、末端医療に留まるのが正義みたいな描き方ばかりだが、能力のあるものは上に行くべきだろう。上に行って新たな道筋を示し、末端の悲しみを少しでも減らすのが、能力のあるものの務めなんじゃないかね?ま、院長の最後のセリフは良かったがね。
同居人のパートは不要でしょ。というか、家庭パートそのものが無意味。医療の現場と家庭とのギャップを見所と考えたんだろうが、家庭パートにあまりにリアリティがなくて萎える。あと、地方を舞台にした意味もない。
何だかね…。これだけのキャストを揃えて、この程度の中身でOKなんですかね?
星2つ
神様のカルテ2第2弾。
悪くないけど、後半のテンポがもう一つかな。
星3つ
神様のパズルすし屋で働くロッカーが天才少女と共に宇宙を創る!
「宇宙が出来るまで」を噛み砕いて説明してくれるけど、それでも理解できない…。
と同時に、終盤の超展開に呆然…。
星1つ
紙の月銀行のパートから契約社員になった女性が営業に向い…。
長い割にこれといった点は無いかな。最後はちょっと意外だったけど。
星3つ
髪結いの亭主「女の床屋と結婚する!」子供の頃の夢を叶えた男性の話。
おっさんのお伽話、ですかね。おっさんの眼力は凄いと思う。
星2つ
神弓-KAMIYUMI-韓国の歴史モノ。反逆者の子供として育った兄妹はひっそりと暮らしていたが…。
弓中心のアクションは新鮮味があって良かった。もうちょっと形見の弓についてエピソードがあっても良かった思うけど。
星2つ
カムバック!サルサに夢中になった少年。大会を席巻し、全国大会を残すのみとなり…。
『Shall we ダンス?』っぽくて楽しめた。駐車場でのダンス対決は凄かった。
星4つ
亀は意外と速く泳ぐイン・ザ・プールや時効警察の三木聡作品。
上記2つよりも更にゆるい。かなりスローと言うか、何と言うか…。上記2つが駄目だった人は全く駄目だと思う。
星3つ
カメレオン結婚詐欺を生業とする男たちが、偶然拉致の現場を目撃し…。
脚本に無理がありすぎだろ…。馬鹿らしくなって見るのを止めた。
星0つ
仮面の男ディカプリオの三銃士。オヤジたちがカッコイイ!ディカプリオのよさも十分出てるし、面白い。星4つ
仮面の真実舞台は14世紀イギリス。人妻との関係がばれ、村を逃げた神父。旅芸人一座に拾われて、ある村を訪れ…。
ジャンル的にはサスペンスでしょうか。イマイチ。
星2つ
鴨川ホルモー2浪して京大に入った安倍。女子目当てにごく普通のサークルに入るが…。
主人公が女々しくて全く魅力がない。話も面白くないし。
星2つ
かもめ食堂フィンランドでひま〜な食堂を営む日本人女性と、偶然出会った日本人女性、お客たちの日常。
なんか、こう書くとつまらなそう…。ま、実際、「面白い!」とか「心が洗われる!」などの形容とは無縁。でも、見てると不思議と安心感があって、年に一度は見たくなる。そんな映画。
星4つ
カラー・オブ・ハート特に無いですね。星2つ
カラスの親指 by rule of CROW's thumbコンビの詐欺師が若い女性と出会い…。
楽しめたけど、ちょっと淡々としてるのが惜しい。もうちょっとスピード感を出してくれれば、もっと良くなったと思う。
星3つ
カラフル輪廻転生を外れそうになった魂が、自殺を図った中学生に入り、人生を再チャレンジ。
母親への態度がひどいんじゃないの?もうちょっと、言葉でハッキリさせて欲しかったな。ま、それが出来ないお年頃なのかもしれないが。
星2つ
借りぐらしのアリエッティ体が弱い翔は、夏休みの1週間を母の育った家で過ごす事になり…。
良かった。話、キャラ共に典型的ではあるけど、アリエッティの魅力、小人暮らしの描写で押しきった感じかな。
服のデザインが相変わらず古臭いのがちょっと気になった。廊下に貼った切手や、窓の写真など、小物(?)のセンスは良いのに。服飾に気付いていない訳がないので、あえてそうしているんだろうなぁ。もっと監督が自分の色を出すべきだと思うな。
アリエッティは14歳の割に老けた声だな(笑)。ジブリの映画にしては、下手な声優がいないのも中身に集中できて良かった。
星4つ
ガリバー旅行記新聞社のメール係として働くガリバー。旅行記者のダーシーに好意を抱く彼は、つい、でまかせを口走ってしまい…。
無難に楽しめた。尺も短いし、お気楽に楽しむには十分。
星2つ
カリフォルニア・ゾンビ逃避行ゾンビもの。凡庸。星2つ
カリフォルニア・ドリーミングキャンピングカーを購入し、念願のカリフォルニアへ家族旅行!!のはずがトラブル続出で…。
トラブルを面白おかしく書いているつもりなんだろうけど、グダグダすぎだし見ていて痛いのでちっとも面白くない…。
星1つ
カルテット!人生のオペラハウス元音楽家が集う高級老人ホームのお話。
実際にこういった施設があるのかもしれないが、何かピンと来ない。30分位でリタイア。
星0つ
華麗なるアリバイアガサ・クリスティーの小説を映画化。
人間関係が複雑で、この先何が起こるのかと楽しみにしていたが、あまり面白くなかった…。
<追記>長文レビューはこちら
星2つ
華麗なるギャツビー1922年、憧れのNYで暮らし始めた若者。隣には立派な屋敷があり…。
序盤がモタモタしてたけど、それ以降はまずまず。いつも自信満々の彼が、彼女と会う前にオドオドしてたのが印象的。
星3つ
彼が二度愛したS孤独な会計士のジョナサンは、クライアント先で気さくな弁護士のワイアットと親しくなる。ところが、ある日お互いの携帯を取り違えて…。
色々と突っ込みどころがあって、サスペンスとしてはそれ程でもない。でも、好き。まあ、ミシェル・ウィリアムズが良かっただけなんだけど。
星3つ
彼とわたしの漂流日記橋から飛び込み自殺を試みた男。だが、気付くと都会のそばの無人島に漂着していて…。
なかなか良かった。アヒルを指で押したり、ETとか、どっかで見たことある演出だけどセンスがある。ま、女の年でET知らんだろ、とは思うけどね。
女性側に魅力があれば、もっと好きになったと思うけど、魅力的だったら説得力が無くなるよね。
<追記>長文レビューはこちら
星3つ
カレ・ブラン厳格に管理統制された世界での日常。
つまらない。
星1つ
カワイイ私の作り方 全米バター細工選手権!アイオワ州でのバター細工選手権の出場者をコミカルに描く。
邦題はあってない気がしたけど、ジェニファー・ガーナーは役にピッタリ。あんまり他人にオススメする感じじゃないけど、個人的には気に入った。
星3つ
渇き不治の病の人々を見送ることに無力感を感じた神父。「人の役に立ちたい」その一心で、不治のウイルス研究の検体となる事を決意する…。
1時間25分でリタイヤ。もうちょい、神父であることの葛藤を見せて欲しかった。欲望に忠実すぎる。まあ、今まで抑圧されたいたので、その反動なのかもしれないけど。
星0つ
川の底からこんにちは「しょうがない」が口癖の上京して五年になる派遣OL・佐和子。父が入院した知らせを無視して、日々過ごしていたが…。
日本映画らしい日本映画だなーって見ていたら、終盤から怒涛の展開で斜め上に行きまくり。
<追記>長文レビューはこちら
星3つ
眼下の敵第2次大戦中のアメリカ駆逐艦とドイツUボートの攻防。
面白かったね。正直、よく分からない部分も結構あったが、息詰まる空気が出ていて引き込まれる。紳士協定というか、敵へ敬意を払うとこも凄くイイね。
ドイツ軍も英語話してるのは流石ハリウッドって感じだけど。
星4つ
歓喜の歌とある町の文化会館で、よく似た名前のママさんコーラス隊・大晦日コンサートが、ダブルブッキングしている事が判明。文化会館の主任は何とか収拾を図るが…。
好きか嫌いかと聞かれれば胸を張って好きと言えるのに、出来が良いか悪いかと聞かれると悪いと答えるしかない、そんな極めて残念な映画。
<追記>長文レビューはこちら
星3つ
監視者たち地下鉄で若い女性が中年男性を見張り…。
出だしが最高に面白かった。最後は失速気味だけど、それでもアリでしょ。4点に近い3点。ヒロインもカワイイしね。
星3つ
ガンズ&ゴールド19歳の少年が刑務所に収監され…。
前半は面白かったけどね。だんだんといい加減になっていって残念。
星2つ
感染佐藤浩市ら結構な豪華キャストで送る、サスペンスホラー。病院内で未知のウイルスが蔓延し…。興味を引く出だしなのに、さっぱり面白くない。怖いというより気持ちが悪い。星1つ
完全なる報復証拠能力の欠如と司法取引によって正義を失われた男が、逆の立場で証拠の有効性、司法取引を利用する…。
この設定はかなり面白くなりそうだと期待したんだけど、やってることがメチャクチャになっていって残念。
<追記>長文レビューはこちら
星3つ
感染列島日本で謎の感染症が大流行。それぞれの立場で奮闘する人々を描く。
着眼点が面白いし、映画としても面白みがあり、考えさせられる場面もある。ただ、あまりに突っ込みどころが多すぎるだろ…。「惜しい」と言うのにも少し足りない感じだけど、それでもとりあえず「惜しい。」
星3つ
観相師 ―かんそうし―王朝の権力争いに巻き込まれた観相師の物語。
面白かった。いや〜良く出来ている。それにしても、ソン・ガンホは打率高いな。
星4つ
GANTZ同名漫画を映画化。
マンガはむか〜し読んだ記憶があって、出だしの部分は知ってた。面白かったね。続編が気になる。
『24』を見た直後だったので、チンタラしてないで早く撃てよっと思ったけど(笑)。
星4つ
GANTZ PERFECT ANSWER続編。
ん〜これはなぁ…。パーフェクトアンサーって、何一つ答えになってないような…。
いかにも映画的な終わらせ方なんだけど、原作もこんなんなの?ガッカリ。
あと、この映画でキャストを最初に表示するのはセンスが無い。無さすぎ。
星2つ
鑑定士と顔のない依頼人美術品の鑑定士が電話で依頼を受け…。
なかなか面白かった。終盤はモヤッとするが、WOWOWの解説を見て「なるほど」と思って採点アップ(笑)。
星4つ
カントリー・ストロングアルコール依存症の施設から出所した、カントリー界の大物歌手ケリー。早々にツアーの予定を組み…。
ケリーというより、前座の若い歌手たちの物語かな。まあ、良かったと思う。
星3つ
カンナさん大成功です!アイドルの口パク担当歌手の、デブでブスな女の子。失恋を期に、全身整形をする事に…。
文句なしに面白い。ヒロインがかわいくて、表情も豊か。文句なしに引き込まれる。これを見て「やっぱり見た目が一番大事じゃん」とか思うけど、細かい事は気にすんな!文句なしにお気に入り。サントラも買っちゃった。
<追記>長文レビューはこちら
星5つ
カンナさん大成功です!同名漫画を映画化。
先に映画化した韓国版とは全く違う内容。あちらはどちらかと言えば男向けだったが、こっちは完全に女の子向け。
序盤の流れにギブアップしそうになるが、耐えれば何とかなる。しずちゃんが出てくるまで耐えて。
整形美人ならもっと美人を使えと思うが、男と女では見方が違うかもね。確かに山田優はファッションショーのシーンでは映える。
星2つ
カンバセーションズ結婚式で会った男と女。全編2分割画面、2人の会話で進む。
腹の探り合いから本音の吐露まで、会話の応酬に見応えがある。味わい深いという表現がピッタリ。
星3つ
カンパニー・メン一流企業に勤めるボビー。だが、突然解雇を言い渡され…。解雇された男たちのその後を描く。
家族の支えが物凄く大切なんだな〜としみじみ。皆高給取りすぎるけど!
星2つ
がんばれ! ベアーズ飲んだくれの監督が、落ちこぼれ少年たちとリトルリーグに挑む!
直球路線ど真ん中で、安定して楽しめる。
星3つ
がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズンリメイク。元は物語に唐突なところもあったけど、今度は説明がしっかりしてる。ただ、全体的に薄味になっている。内容はほぼそのままなので、お好みで。星3つ
がんばれ!ベンチウォーマーズ子供の頃いじめられていた大人が、いじめられっ子に勇気と希望を与える為、リトルリーグで子供と野球勝負!
こう書くとまじめっぽいけど、大人気ないコメディ。ただ、上手く締めた。大人も子供もフォームが決まってるのがさすが。
星2つ
カンフー・ダンク!カンフーの達人である青年が大学バスケットに挑戦。
バスケの試合の締め方など意外性もあり、思ったより楽しかった。まあ、基本的には何でもありの映画なんだけどね。
星3つ
カンフーハッスルマフィアと貧民街の抗争という、まさにありえねー話。
色々やってるけど、チャウ・シンチーの登場シーンが一番笑えると言うのが寂しい。
星1つ
カンフー・パンダ感想は特になし。星2つ
カンフー・パンダ2第2弾。
ま、それなりに。
星2つ
きいてほしいの、あたしのこと片田舎へ引っ越してきたばかりで、友達もいない少女・オパール。そんな彼女が、犬を飼う事で周囲と打ち解けていくハートウォーミングな物語。
とにかく犬が可愛い。こういう系統のお話も好き。
星4つ
消えた天使性犯罪登録者の監視を行う、公共保安局の職員エロル。被害者や登録者を訪問する日々を過ごしているが、そんな折、少女が行方不明になる事件が起き…。
異常なまでに犯罪者を憎む姿勢など、彼に何があったのか興味を惹かせようとしているが、それほど引き込まれなかったね。
星3つ
記憶探偵と鍵のかかった少女女性の部屋に男が押し入り…。
面白い。面白いけど、粗が多い。飛ぶ時間を指定できるなら、事件の日時に移動すれば済む話だし、そもそも、記憶の改変が自由自在ならこの話が成り立たないのでは…。
星3つ
記憶の棘結婚を間近に控えたキャリアウーマンの前に小学生が現れ、「私は死別した前夫だ。彼と結婚しないで欲しい」とか言い出し…。
オチがなぁ…。それと、小学生についてほとんど描写が無いのはどうかと。あと、N・キッドマンみたいな美人系は、ショートは似合わんね。
星1つ
機関車先生離島に赴任した、話すことの出来ない教師と島民を描いた作品。昭和30年代の設定だと思う。
いろいろ詰め込んで、全てが中途半端に終わってしまった。2時間だし、エピソードを絞るべき。連続ドラマにしたほうが良かった。
星1つ
義兄弟〜SECRET REUNION〜国家情報員のイ・ハンギュは、脱北者暗殺の情報を受け現場に急行する…。
出だしはスピード感があって期待が膨らんだんだけど、中盤にだらけてしまった。最後もあっさりと影に従ったり、影がどういった指示形態で事に及んでいるのかとか、腑に落ちないまま終わってしまった。
星3つ
気狂いピエロの決闘なんだこりゃ…。50分過ぎまで見たけど、もういいや。星0つ
紀元前1万年紀元前1万年、集落で暮らしていたデレーは、思いを寄せるエバレットを他の部族にさらわれてしまい、救出へ立ち上がる。
突っ込みどころが多すぎて、見ているうちに突っ込むのがバカらしくなる。広い心で見れば楽しめるかも。
星2つ
危険なプロット文章力の無い生徒たちにうんざりしていた国語教師は、才能のある生徒に個別指導するようになり…。
なかなか他にないタイプの独特な面白さがあるね。
星4つ
危険なメソッド1904年。精神科に入院した女性と医師の物語。
何だかよく分からなくて35分程でリタイア。
星0つ
キサラギ売れないアイドル・如月ミキが自殺して1年。1周忌として、彼女のファンサイトの常連がオフ会を開く事に。ファン通しが思い出を語り合うはずが、意外な展開に…。
密室でのめまぐるしい展開に、三谷幸喜作品を思い起こさせる。最近の三谷作品よりはるかに面白い。オススメ。
星5つ
木更津キャッツアイ 日本シリーズ宮藤官九郎脚本。ドラマを見てなかったんだけど、面白い。内容てんこ盛りのごった煮状態って感じで。結局どういう話だって聞かれても困るけど。馬鹿な話、としか言い様が…。初めてユン・ソナをかわいいと思った。星4つ
木更津キャッツアイ ワールドシリーズシリーズ完結編。ドラマ版か前作「日本シリーズ」少なくとも、どちらか一方を見ていないと厳しい。
前作が良かったので期待してたけど、そこまででは。まあ、それなりに良かったけど。
星4つ
奇術師フーディーニ 〜妖しき幻想〜イカサマ霊能力者母娘は、奇術師フーディーニの「母の遺言を当てたら1万ドルの賞金」という話に目をつけ…。
面白くない。
星1つ
奇人たちの晩餐会USA昇進の掛かったティムは、社長の主催する奇人を笑い者にする晩餐会に出席する事になり…。
おなじみのメンバーの出演するコメディ。途中までは良かったが、終盤で一気に落ちてしまった。ミニチュアは凄く可愛い。
星2つ
キス&キルCIA所属の殺し屋が、フランスのニースで女性と恋に落ち…。
プロの殺し屋が現地で女を調達とか無いわ〜。その後の誰が敵か分からん状態は良かったけど。それにしても、なんちゅう傍迷惑な連中だ。キャサリン・ハイグルはアップで見ると結構キツイな…。
星2つ
キスキス、バンバンNYの泥棒が、ひょんなことからLAで俳優に?そして、殺人事件に巻き込まれ…。
良く分からないうちに話が進んでしまう印象(途中で追いつけるが)。ただ、一番の問題は、話自体がそれ程面白くないと言うこと。
星1つ
傷だらけの男たち恋人を失った元刑事が、殺人事件を調査する。そこに潜んでいたものとは…。
悪くないんだけど、あれは誰だったの?と引っ掛かる。
星2つ
奇跡両親が離婚して、福岡と鹿児島に離れ離れになった兄弟の物語。
キッズムービーだが、大人が見てはっとする場面もあって、大人も子供もダレることなく見られると思う。最後は子供の強さか、大人の都合のよい解釈か。
星3つ
奇跡の輝きいわゆる死後の世界、死した者と残された者、映像美に彩られて感動の物語が展開する…はずなんだけど、正直言ってかなり退屈。役者は頑張ってるんだけどね…。星1つ
奇跡のシンフォニー施設で暮らすエヴァンは、両親を探すためにNYに…。
20分ちょいでリタイア。フレディ・ハイモアは悪ガキの方が合う。
星0つ
奇跡のリンゴ無農薬に挑戦したリンゴ農家の物語。
なんか自己満足でやってるような…。東京から帰ってくるのもやけにあっさりだし。
星2つ
キック・アス軽いノリのヒーロー物。…と思って見始めたら度肝を抜かれた。
<追記>長文レビューはこちら
星4つ
キック・アス ジャスティス・フォーエバー第2弾。
悪くないが、前作が良すぎた分、ハードルが高くなってしまったか…。最後のメッセージは良かったね。
星3つ
キック・オーバー2人組がメキシコ国境付近で警官に追われ…。
並ですかね。
星2つ
キッズ・オールライトレズのカップルの子供の姉弟が、母たちに内緒で精子提供者と出会い…。
設定が面白いが中身もそれなり。人物描写が細かくていいと思う。
星3つ
キツツキと雨林業を営む岸はひょんなことから映画撮影を手伝う事になり…。
なかなか良かったね。岸さんが映画に夢中になっていく様や、クルーと打ち解けていく感じなんかが良かった。
星4つ
キッドブルース・ウィリス主演。よくまとまっていて楽しめました。ただ、アナウンサーが重要な役割を果たすってのはどうかな。相手役がキュートだったので、星3つ星3つ
きっと、うまくいく大学時代の同級生が10年ぶりに親友に会いに行き…。
面白かったね。「長いし、無駄なシーンが多いな」と思いつつ、それが意外な繋がりになっていたりして、実に上手く出来ている。10年間の見た目の違いも凄く自然。
星4つ
きつねと私の12か月山奥に暮らす10歳の少女リラは、ある日きつねと初めて出会う。その瞬間にきつねの魅力に取りつかれた彼女は、きつねをなつかせる挑戦を始める…。
風景の美しさに目を奪われる。きつねもとても愛らしい。
終盤、急展開の連続にビックリ。まあ、あれくらいショッキングじゃないと、少女が決心するのに説得力がなくなるから仕方ないかな。
星2つ
機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-劇場版の最終話。
TV版は見ましたが、劇場版1、2は見てません。TV版を見てないと訳が分からんかと。ジェリドの「カミーユ、貴様は俺の…」がカットされててガッカリ。
星2つ
ギフト夫を亡くしたアニーは、占いで子供3人との生計を立てていたが…。
まあまあかな。ケイティ・ホームズが脱いでくれたのは良かった。
星3つ
希望の国原発の町・長島県で地震が起き…。
製作者の感情がなだれ込んでくる。たった2年で風化していって、当時を忘れつつあるけど、そうじゃないんだよな。
星5つ
ギミー・ザ・ルート〜NYグラフィティ〜メッツの本拠地に落書きする!まずは球場に進入する為にお金が必要になり…。
いやあ、底辺っすなぁ…。こういう生活をしてる人、いるんだろうなぁ。こういう環境で生まれると、どうしようもないような…。
星3つ
きみがくれた未来高校卒業直後に事故にあい、九死に一生を得たチャーリー。それから5年、彼は墓地の管理人として住み込みで働いていたが…。
主人公と弟の絆が強くて感情移入できる。彼が消えるときのシーンは思わずグッと来る。
星4つ
きみがぼくを見つけた日幼いヘンリーは母の運転する車に乗っている時に事故に合う。まさに車がぶつかるという次の瞬間、何故か素っ裸で2週間前の自分を眺めていた。何が何だか分からずにいると、今度は事故現場に戻り、中年オヤジが「私は未来から来た君だ」
レイチェル・マクアダムスのお尻が見られたのでプラス1点。<追記>長文レビューはこちら
星2つ
君に捧げる初恋幼馴染みと結婚したい!!
その一身で、彼女の父親からのめちゃくちゃな条件に挑む、駄目青年の奮闘。
コメディというより、むしろギャグ映画。韓国映画らしい展開もあり。ただ、そのせいで終盤は重く展開する。序盤があまりにも軽かっただけにそのギャップが凄い。それも含めて韓国映画らしいんだけどね。なじみのある役者が多かったのが、個人的には良かった。
星3つ
きみにしか聞こえない内気で友達がいない、女子高生のリョウ。携帯を持っていない彼女がおもちゃの携帯を拾った事から始まるファンタジー。
アイデアが面白いし、話もいい。ただ、惜しい。何が惜しいといわれても困るが、とにかく惜しい。
一つ言いたいのは、この映画に限らず、こうした方向に持っていかなくても、人の心を揺さぶる事は出来るはずだ。
星3つ
きみに微笑む雨四川へ出張した韓国のビジネスマン。そこで学生時代の同級生の女性と再会し…。
上手い。
最後のシーンは無い方が良かったかなぁ…。あっても良いけど。…とまあ、余韻が残りまくり。良いわぁ。
星4つ
キミに逢えたら!元カノのトリスに振られても自作のCDを送り続けるニック。トリスが捨てたCDを聞いていたノラは次第にニックの事が気になり始めていた…。
まあまあ良かったんだけど、終盤がダレる。短いわりにね。ヒロインが可愛いので、それで途切れずに行けた感じ。どっかで見たことあるんだよなぁ。
星2つ
きみに読む物語1940年代の恋物語を、現代で読み聞かせる形で進むラブストーリー。材木置き場で働く田舎者のノアと、夏期休暇で街を訪れた裕福な家のアリーの恋物語。
お約束通り、家柄や時代背景ですんなりと行かない王道路線。王道だけに安定した仕上がり。
星3つ
君のためなら千回でも米国で作家として生活するアミールの元へ一本の電話が。20年前を回想する形で映画の幕が開ける。
何と言っていいのか…。持つもの、持たざるもの。破壊と絶望。そして贖罪。
長くて途中にだらけるけど、見終えると全てが必要である事がわかる。
ホント、何と言っていいのか…。
星5つ
きみの友だちフリースクールで働く若い女性。彼女の小中学生時代を中心に。
良いね、これ。主人公がいい奴って程じゃなかったり、人とのつながり方が現実的ですんなりと入っていける。劇中の曲も非常にいい。個々のエピソードで登場するキャラをもう少し絡めても良かったと思う。
星4つ
君への誓いラブラブの夫婦が交通事故に遭い…。
事故のシチュエーションがバカすぎる…。ま、それはともかく、夫が気の毒で妻にイライラしちゃうな。まあ、妻は妻で仕方ないんだろうけど。
星3つ
君を想って海をゆくフランスに滞在する、イラク出身の不法入国者のビラル。恋人の居るイギリスまで何とか辿り着こうとするが…。
いや〜、良かったね。あまり登場人物が語らないんだけど、心の動きを丹念に描いていて、とても分かりやすい。
命がけで渡ろうとする者がいれば、簡単に日帰り出来る者もいる。何とも不条理を感じますなぁ。チープな恋愛物を連想させる邦題は何とかならなかったのかね。原題の「Welcome」で良かったんじゃないかと。いろんな意味を考えさせられるしね。
星4つ
逆転裁判同名ゲームを映画化。
ん〜、妙なコスプレって印象ばっかり残るな。尺は長いけど駆け足で、ゲーム版をやってないと厳しいでしょうね。
星2つ
キャスト・アウェイトム・ハンクスの漂流ムービー。事故の迫力が凄い。トム・ハンクスの変化っぷりもまた凄い。漂流先で荷物の仕分けをする仕事人間っぷりに哀愁漂いますな。星4つ
キャタピラー出征した夫が四肢を失い帰国。妻が世話をする事になり…。
予想していたより分り易く、見やすかった。もっとどんよりとしているかと思った。寺島しのぶの演技はさすが。引っ張りだこの理由が少し分かった気がする。
星3つ
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャントム・ハンクス、ディカプリオの豪華共演。二人の駆け引きがもっとあっても良かったけど、軽いノリで楽しめた。星3つ
キャッツ&ドッグスキャッツ&ドッグスと言うより、キャッツVSドッグスだな。猫が悪役で、猫好きとしては嬉しくない展開なので15分程で止めた。星0つ
キャットウーマン昼は内気な女性だが、夜は勝気なキャットウーマンとして不正を退治する!
キャットウーマンになりきるハル・ベリーは凄い。娯楽作として楽しむにはいいと思う。個人的には髪を切る前のほうが良かったかな。切った後は"磨きすぎ"みたいな感じで。まあ、キャットウーマンなんで、派手さが必要なんですけどね。シリーズ化も出来そうな終わり方だけど、どうなんでしょうね…。
星2つ
キャデラック・レコード1940〜50年代の実在のレコード会社を支えた経営者、ミュージシャンの成功と影。
この手の映画の定番の展開。影の部分が強く描かれていないので、気楽に見られる。
星3つ
キャピタリズム〜マネーは踊るマイケル・ムーアが資本主義社会を題材にした映画。
余程ブッシュが嫌いなんだな(笑)。経済の仕組みは難しすぎて説明できなかったんだろうなぁ。それが説明できたら、スカウトされるね。
星3つ
キャビン若者5人が山奥の別荘に遊びに行き…。
悪趣味だな…。ショウ的に進んでたのに、いきなり人類存亡とか「は?」って感じ。
星2つ
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー舞台は第2次大戦下のアメリカ。兵士を志願するロジャース。だが、あまりの貧弱さに何度も選考を落ち続けていて…。
まあ、面白かったかな。もうちょい高いレベルを期待していたので、そこそこな感じは否めないけど。あと、いかにも「アベンジャーズ」の前フリ的な扱いが気の毒だなぁ。
星3つ
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー第2弾。
「アベンジャーズ」では地味だったけど、第2弾でこの先に期待が膨らんで、かなり良くなっている。これ単体でももちろん面白い。ナイフを使った素早いアクションなんて、どうやって撮っているんだろうか?
キャスティングも非常にいいね。
星4つ
キャプテン・ウルフ海軍の特殊部隊で数々の任務を遂行してきた優秀な兵士。だが、あるミッションで始めて失敗を犯し、一線を退く。そんな彼が新たについた任務は、親の留守中に、5人の子供のボディガードをすることだった。
B級感漂いまくりのコメディ。そのチープさが良い感じ。尺も短く飽きさせない。
星4つ
キャプテンハーロック同名人気漫画をCGアニメ化。
日本のCGアニメもやるじゃん!ただ、やっぱりCGアニメはリアル系よりデフォルメの方が良いな、と再認識。リアルになればなるほど、人間との違いが目立っちゃうんだよね。仕方ないけど。
内容的には、主人公の家族の話を上手く絡めているのは良いけど、詰め込みすぎな感じ。消滅した人物が復活するのも「?」だし。
星2つ
キャプテン・フィリップスアメリカの貨物船がソマリア沖で海賊に襲われ…。
あまり無いタイプのジャンルなので楽しめた。現実の事件なのでドラマチックな展開がある訳じゃないけどね。
星4つ
キャラメルレバノンの首都・ベイルートの美容院で働く女性たちの物語。
ちょっとしたお国柄の違いが感じられたのは良かった。
星2つ
ギャラリー欲望渦巻くロンドンの画廊での人間関係を描く。
退屈なので19分でリタイア。
星0つ
キャリー内気な少女がからかわれるが、彼女には超能力が…。
こんな母親じゃ大変だよな。あんまり面白くなかった。
星2つ
ギャング・オブ・ニューヨークディカプリオとC・ディアス共演。あまりにつまらないので、途中で止めちゃった。星0つ
ギャングスターズ 明日へのタッチダウン少年院の若者を更生させようと、刑務官のショーンはアメフトチームを作ることを決意する。
スクールウォーズのアメフト版。こちらも実話に基づいた話。定番の作り。
星2つ
ギャングバスターズ無法者の3兄弟が美女から依頼を受け…。
何も考えずに見るには十分。
星2つ
キャンディヤク中の男女の転落人生と、その先にあるもの。
中盤までは特にこれと言った要素はなく、最後まで見て、ようやく「良かったかな」と思える感じ。ただ、役者の演技は総じて良い。また、アビー・コーニッシュが惜しげもなく脱いでくれているので、満足度は高い(笑)。
星4つ
CUBE2低予算ながら話題を呼んだ作品の第2弾。前作は説明なしのある意味不条理ムービーだったが、今回は背景を描いて分かりやすくなった。だけど、逆に持ち味が薄れた感は否めず、難しいところ。でも、最後のシーンはいらないな。星3つ
CUBE ZEROシリーズ完結編。
0だけに、1につながってる感じだけど、2の複線はなんだったの??後から付け加えるからこうなっちゃうのよね。素直に1で止めとけば良かったのに。
星1つ
キューティーハニー同名漫画を佐藤江梨子主演で映画化。漫画は見ていないので分かりません。とりあえず見るに耐えないので、途中でやめた星0つ
休暇結婚を控えたある刑務官の職務と日常。
で、何が言いたいのか。
星2つ
96時間今はその日暮らしをしている、元CIA凄腕エージェントのブライアン。17歳の一人娘がパリ旅行中に誘拐され、クスリ漬けの娼婦にされるまでの準備期間(タイムリミット)は96時間。救出のため、自らパリに飛ぶ!
面白かった。情報収集の仕方が細かったり、娘へのアドバイスで「お前は捕まる」とか冷静で的確に分析するところが本物っぽくてのめり込めた。携帯と無線の使い方もなるほど〜って感じ。
娘の為なら、他の事は全く眼中に無いのも凄いね。
でも、プレゼントのカラオケマシンを買うのに、機能をとことんまで調べ上げるとか、細かすぎる性格で普段は息が詰まりそうだ(苦笑)
終盤は勢いが落ちたのが残念。娘があんまり可愛くなくてイマイチ説得力がないのと、走り方がどんくさそうなのも気になってしまった。
星3つ
96時間/リベンジ続編。
楽しめたけど、迷惑な家族だなぁ。町中で手榴弾ぶん投げて…。こういうのは外国じゃなくて国内でやれよ、とはよく思う。
星3つ
96時間/レクイエム第3弾。
可もなく不可もなく。
星3つ
救命士ニコラス・ケイジが救命士に扮する。ニコラス・ケイジのやさぐれ方がさすがって感じ。正直難しい映画。ある意味写実的で、見ているあなたはどう思うの?って。難しい。星2つ
凶悪死刑囚から新たな殺人の告白を受けた記者が、取材を開始する…。
面白かったけどエグいよ。最後ダラけ気味なのが残念。
星3つ
今日子と修一の場合恋人が事故死した直後に、生保レディーの日々を思い出すって変でしょ。面白くなる感じがしなかったので、見るのをやめた。星0つ
恐怖チープな作りのホラー映画。
50分まで見たけど、疲れたので見るのを止めた。話の怖さは全くない。開頭手術の気持ち悪さで怖がらせるのはセコイ。
星0つ
恐怖ノ黒電話夫と別れて引っ越しをしたメアリー。新居のアパートに前の住民宛の電話が掛かってきて…。
ふざけた邦題とは裏腹に面白かった。途中で警察に知らせろよと思うけど、通報しないことに意味があるのね。抑圧されるシーンが多いので、もっとスカッとしたかったってのはあるけどね。
星4つ
共謀者密輸を行う運び屋が大きな仕事を受け…。
先が読めない展開で楽しめたけど、色々と無理があるような…。誰目線で見たらいいのか分かりづらいのも難。
星3つ
今日も僕は殺される得体の知れない怪物に殺された!と思ったら夢か、びっくりさせやがって…。え、また怪物が襲ってくる!!
面白かったけど、終盤の展開がイマイチ。この手の映画は、「なぜそうなったか」「どうやって解決するか」が肝だからね。
星3つ
清須会議織田家の跡目を決める清州会議を描く。
普通、本能寺の変からしっかり描きたいと思うんだけど、バッサリ切った事で濃密になった。織田家があの肖像画に似た感じだったり、メイクの良さも際立った。中身も面白い。
星5つ
キラー・インサイド・ミー保安官助手として働くルー。好青年と評判の彼だったが…。
主人公がなぜこんな事をするのかが理解出来ないので、どうしても違和感が残る。いきなりタバコの火を押し付けたりするので、そういう衝動がずっとくすぶっていたんだろうけど。無表情で何を考えているのか分からなくて、ケイシー・アフレックは役にぴったり。
星2つ
キラー・ヴァージンロード結婚式前日に大家を死なせてしまったひろ子が、自殺願望の小林と繰り広げる逃亡劇。
下らない…。最後のモタつきがなければスッキリと出来ただろうに。オープニングのどうしようもなさを乗り越えればそれなりに見られる。
星2つ
キラー・エリート1980年代、ある殺し屋が人質に取られた仲間を助ける見返りに、SAS隊員暗殺を引き受ける…。
アクションシーンに見応えがあって、結構面白かった。クライブ・オーウェンが良かったね。
薬を入れるのに気が付かないのはどうかと思うけど(笑)。
星3つ
キラータトゥータイ発のギャング(ヒットマン)映画。
序盤はかなりギャグっぽく展開するけど、後半はドンパチやらかします。途中で物語が良く分からなくなったけど、そこは勢いで。最後は上手いことまとめてると思う。
星2つ
嫌われ松子の一生ひとつの失敗で転落人生を転がり落ちた川尻松子の生涯を描く。
TV版も見たけど、大分印象が違う。いかにも不幸な女の物語って感じだったけど、こっちはエラくポップで映像の見せ方が全然違う。同じ原作でもこうも違うものかと。監督の存在って作品の出来にメチャメチャ左右しまくりなんだね。やっぱり。
話自体は並だったけど、最後の一言でやられた。
星4つ
桐島、部活やめるってよ高校生たちの日常を切り取って描く。
想像してたのと違ったけど、面白かった。多角的に見せるのはいい感じ。まあ、もうちょっとハッキリと何かを描いて欲しかったってのはあるけどね。
星4つ
キリマンジャロの雪整理解雇になった男性。妻とキリマンジャロに旅行に行くことになるが…。
主人公夫婦の様に寛大にはとてもなれないな。1時間20分程でリタイア。
星0つ
キリング・ショット3人の女が深夜のダイナーに押し入り…。
時系列を混ぜこぜにして先が気になるように作ってはいるが、繋がっても全く面白くない。ビックリするほど面白く無い。
星1つ
キリング・フィールズ 失踪地帯テキサス州の田舎町で起こる少女の失踪・殺人事件を2人組の刑事が追う…。
なんともやりきれない感じがよく出てる。それにしても、南部の町ってこんな描き方ばっかりだけど、良いのかね??
星3つ
麒麟の翼〜劇場版・新参者〜刑事の加賀恭一郎が日本橋で起こった殺人事件を捜査する…。
面白かったけど、映画でやるほどの話じゃないな。
星3つ
キル・ザ・ギャング何度も命を狙われながら、奇跡的に生き延びてきた実在のギャングを描く。
普通、ですかね。
星3つ
キルショット不動産屋の恐喝現場に居合わせた夫婦が、犯人から追跡される…。
マフィアの殺し屋が、何であんなチンピラと組むんだよ…。いくら弟に似ているとはいえ。
まあ、確かにこいつと組まないことには成り立たない映画なんだが、完璧を求める殺し屋と、行き当たりばったりのこいつじゃ、どう考えてもおかしい。いい加減なこいつを生かして、上手いこと作ってあるんだけどね。いかんせん、このコンビはあり得ない。そればっかりが気になっちゃうなぁ。
って言うか、そもそも弟をきっちり教育しとけよ。
星3つ
キル・ビル Vol.1結婚式に襲撃され、伴侶・友人・お腹の子を失い、自身も意識不明になった殺し屋。が、4年後に覚醒し、復讐を始める…。流血描写があまりにも多く、引くしかない。ストーリーもかなり単純。外国人同士の日本語台詞の応酬や千葉真一など、小ネタを楽しむ映画。星1つ
キル・ビル Vol.21の続きで、いろんな意味で1よりはまし。1とは趣が異なる。この辺の変化のつけ方が非凡なところなのか。1・2通して言えるのは、タランティーノが好きな映画をまとめて、趣味で作りましたって感じ。星2つ
疑惑の影チャーリーは2人組の男に追われ…。
話が動くのが遅いかな。後半はそれなりに楽しめた。
星3つ
銀河ヒッチハイク・ガイド"宇宙のバイパス工事"の為に、地球が"取り壊し"に。平凡な青年アーサーは、実は宇宙人ヒッチハイカーだった友人と、何とか地球を脱出したことから始まるアドベンチャーコメディ。
出だしからぶっ飛んだ設定だけど、その後もぶっ飛びまくり。序盤は興味を惹かせるし、ところどころに「おっ」と思わせるポイントもあるんだけどね。
星1つ
キンキーブーツ4代続く靴工場を引き継いだ若社長。が、工場は在庫の山で倒産寸前だった。何とか引き取ってもらおうと、ロンドンの得意先まで頭を下げに行くが、そこで出会ったのは…。
逆境をアイデアで乗り切る姿をユーモラスに描く、いかにもイギリス映画らしい映画。上手く行き過ぎな感もあるけど、この手の映画は観客を乗せてナンボ。これで良いと思う。歌も良い。
星4つ
近距離恋愛10年来の女友達と6週間会えなかったことで自分の気持ちに気付いた男性。だが…。
今までミシェル・モナハンをかわいいとか美人とか思ったことは無かったが、この映画では凄くかわいい。恋愛映画って凄いな…。
よくある話だし、心変わりに説得力が無かったりするけど、そんな事は関係なく主人公を応援したくなる。
恋愛映画ってホントに凄いわ。
星4つ
キング・アーサーいわゆる、アーサー王と円卓の騎士たちの話。ランスロットやトリスタンなど、一部ゲームファンにはおなじみの名前が登場、個人的には、それだけで興奮した。ローマ帝国の支配下にあった小国の騎士たち。15年の徴兵期間最後の日に、もっとも過酷な作戦を言い渡される…。
エピソードを広く詰めているので、それぞれが散漫な印象。知っている人がキーラ・ナイトレイだけだったというのもあるけど、男どもに魅力が薄かった。特に、アーサーは彼の為に騎士たちが命を張るくらいなのに、ランスロットよりはるかに地味。DVDのパッケージも、彼女が中央に配される様では…。
星3つ
キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け-投資会社を経営しているミラー。一見大成功しているように見えていたが…。
イマイチだなぁ。不倫相手の歯並びが悪いのが気になった。
星2つ
キング・コングP・ジャクソンが、往年の超有名作品をリメイク。舞台は世界恐慌時のニューヨーク。資金難で制作に行き詰った映画監督は、強引に地図にない「幻の島」で撮影を行おうとするが、そこは…。
3時間長の超大作だけど、中身もぎっしり。「ジュラシック・パーク」を見た時と似た感覚を味わった。正直言って、ラストよりも中盤までの方が魅力的だったけどね。最後のシーンでコングの目に暖かさを感じた。
星5つ
キングダム・オブ・ヘブン十字軍の時代、とある鍛冶屋の男が騎士の息子だった分かり、その跡を継ぐことに。そんな彼の騎士としての歩みを描く。鍛冶屋と言えば、オーランド・ブルーム主演。
前半はとんとん拍子で進みすぎな感もあるけど、じっくりやると、2時間25分の映画がさらに長くなるから、これでいいのかな。戦いのシーンが多いんだけど、素人にも分かりやすく描かれているのが良い。全体的にも、最近見たこの手の歴史モノでは、一番良かったかな。
星3つ
キングダム/見えざる敵サウジアラビアでテロが発生し、FBI捜査官も犠牲に。米国の同僚たちが現地で捜査を開始する。
捜査といっても、無理やり押し入る強引なもので、周囲を巻き込むというパターン。戦闘シーンに迫力があって楽しめた。
星4つ
グーグーだって猫である猫好きの女性漫画家の話。
意味の無いカットやシーンが少なくないし、話も面白くなかった。
星1つ
グーニーズ悪ガキグループ、グーニーズが宝の地図?を見つけた!折りしも、彼らの住む地域一体は地上げ屋に立ち退きを迫られていた。お宝をゲットして、街を守れ!
テンポがよくて面白い。太っちょが良い味出してる。登場人物が多いので、ちょっとうるさいけどね。
星3つ
クールマネー良くある泥棒モノ。小物の泥棒が、一発どでかいヤマを狙う。泥棒の妻や、警察官のいことを絡めて描く。
劇中では「鮮やかな犯行」と評されるけど、どう見てもずさんで、成功するとは到底思えない。クライムサスペンスの肝がコレでは…。
星1つ
クイール盲導犬クイールの一生。
時間の関係で、ドラマ版に比べて駆け足なのは仕方がない。それでも、まあ、良かったと思う。ただ、オススメするならドラマ版。
星3つ
クィーンダイアナが交通事故死した当時の英国王室、就任したばかりのブレア首相らの対応を描く。
王室のあり方とか、固いことを抜きにエンターテイメントとして面白い。ブレア首相がかっこ良すぎだろ(笑)。ま、政治の世界ではもっと優先順位が上のものがあるだろ、という突っ込みは無しで。
星4つ
空気人形一体のダッチワイフが心を持ち、人の様に動き始めた。彼女にはこの社会はどう映るのか…。
登場人物が極端すぎるだろ…。いろんな人物が出てくるけど、どれもこれも表面的でさらっと描いただけで終わり残念。
星2つ
偶然の恋人航空機のチケットを譲ったら、その機が墜落。俺の替わりにあの人が…。責任を感じた主人公は、遺された未亡人にそれとなく会いに行く。
何と言うか、チケットを譲っただけで、あそこまで責任を感じるこたぁ無いと思うんだけど…。
星2つ
苦役列車中卒で日雇い労働者の北町は同い年の日下部と出会い…。
序盤は面白かったが…。主人公に全く共感できないし、どうなんかね。
星2つ
ククーシュカ ラップランドの妖精第2次大戦下、敵味方の兵士と、現地女性の共同生活を描く。
何が言いたいのか分からん。
星1つ
くじけないで92歳で詩集を自費出版した女性と息子を中心とした物語。
ちょいちょい挟まる回想シーンがテンポを悪くしている。物語そのものは悪く無いと思うけど。武田鉄矢はこういうダメ男がピッタリ。
息子が来たと思って一生懸命ドアまで行く姿は身につまされる。
星2つ
唇を閉ざせ湖でのバカンス中に襲われ、妻を失った夫。8年の歳月が流れ…。
久しぶりにしっかりしたミステリーを見た気がする。ちょっと話が大きくなりすぎな感もあるけど、とても楽しめた。
星4つ
グッド・ドクター 禁断のカルテ研修医のマーティンは入院患者の女性に好意を寄せるようになり…。
なんかザルだな。そこを見る映画じゃないけど。ん〜、まあ、何とも。
星1つ
グッド・シェパードCIA創設期の諜報員を描く大作。
とにかく長い。そして淡々としてるのでだれる。劇中で年代が変わっても登場人物に変化が無いので、一体いつの時代なのか分かり辛い。
星2つ
グッドナイト&グッドラック1950年代アメリカ。上からの圧力に負けずに、報道を続けたキャスターたちの物語。
背景を全く知らないけど楽しめた。背景を知ればもっと深く感じることが出来たと思う。ラストの演説は、現在の日本のテレビ業界の人にも見てもらいたい。
星4つ
グッド・バッド・ウィアード日本軍占領時代の満州を舞台に、コソ泥と賞金稼ぎと大物ギャングが宝の地図をめぐって争奪戦を繰り広げる西部劇。
舞台は満州なのに、なぜか朝鮮人が争い、日本軍も悪役で登場。もっと気楽に楽しめるかと思ったら、意外とメンドクセー。
で、賞金稼ぎがやたらとカッコいい。動きや姿がカッコ良すぎだろ。イ・ビョンホンがかわいそうになってきた。
星2つ
グッドモーニング・プレジデント韓国大統領の日常を描く。
コメディタッチで「くだらねー」と思いつつ、風刺を織り込んだ展開を楽しんでいたが、途中で面倒くさい展開に。こういう要素を入れない時が済まないのかね…。日本じゃ絶対こんなの作れないな(苦笑)。ま、作らんでいいけど。
星2つ
グッバイ、レーニン!ベルリンの壁崩壊、東西ドイツ統一の激動の時代。その激流の真っ只中ある、一家族を描いた作品。
当時の背景だけを描くのではなく、家族愛など普遍的な要素をちりばめ、深いテーマを扱っていながら重たくなく、ある意味シチュエーションコメディと言えなくもない?
今まで見てきた中で、間違いなく1・2の座に位置する映画。見終えた直後の今なら、1と言い切れる。
「映画」の持つ力を実感した。
星5つ
グッモーエビアン!自分には合わなかった。20分くらいでリタイア。星0つ
クヒオ大佐米国空軍のパイロット・クヒオ大佐を名乗る日本人結婚詐欺師の物語。
基本的にコメディ映画。「こんなバレバレの奴に引っ掛かる馬鹿な女の話なんだろうな」と思っていたら、「女って怖えー」って流れになって面白かった。女の怖さとクヒオ大佐の小物っぷりが上手く絡んで1時間20分過ぎまでは面白かったんだけど、締めがな〜。森のシーンで一気に冷めた。ありきたりな締めにしたくなかったんだろうし、確かにそれじゃ物足りない流れだけど、この締め方は失敗だろう。残念。
星3つ
グムエル 漢江の怪物漢江(韓国の河川)から、突如怪物が出現!多数の犠牲者が出る中、怪物に中学生の娘をさらわれた父親一家が、救出に立ち上がる。
出だしと終わりに、「突っ込んで欲しくて、わざとしている」って所もあるけど、トータルでは良い感じ。
怪獣映画というより、家族賛歌。きっとハリウッド作品だったら、普段はぐうたらでも、決めるときは決める父親を描くんだろうけど、これはひたすらに駄目で無力。家族みんなが必死にもがいて悲哀感が痛いほど伝わってくる。期待されたほど興行を得られなかった様だけど、埋もれてしまうにはもったいない映画。
星4つ
雲のむこう、約束の場所中高生の恋愛モノ…?のアニメーション。
設定は面白い。
星2つ
くもりときどきミートボール「イワシ缶が基幹産業の寂れた町を救いたい」
その一心で発明を続けるフリント。だが、失敗ばかりで周囲はそんな彼に冷たい。
たった一人の肉親である父親からも発明を辞めるよう諭されたその日に、彼は食べ物を降らせる機械を発明する…。
<追記>長文レビューはこちら
星3つ
クライシス・オブ・アメリカクウェートから帰還したマルコ少佐。当時の戦闘の記憶と夢で見る様子に食い違いがあり、部下も同じ夢を見ている事を知る…。
トンデモ設定に途中で止めようかと思ったが、結局最後まで見た。リーヴ・シュレイバーの演技が良かったね。特に最後の壇上のシーンはグッと来るものがある。
星2つ
クライマーズ・ハイ日航機事故を地元記者が追う。
緊迫感があって面白かった。が、エピソードを詰め込みすぎ。家族や友人の話は要らなかった。惜しい。
星3つ
クライムダウン男女3人が山登りを楽しんでいると…。
こういうジャンルとは思わなかったので、楽しめた。民家の人は気の毒過ぎ。
星3つ
クライモリ デッド・リターン若者4人組が森で川下りを楽しんでいたが…。
続編みたいだけど、これだけで楽しめた。
お約束とはいえ「いきなりかよ」と突っ込むスピードで展開。対立の構図、人間関係が一通りだけじゃないのが良かった。チープだけど面白いのでオッケー。結構グロイので注意。
星4つ
クライング・ゲームIRAが英国軍人を誘拐し、英国政府に同士の釈放を求めた。IRAの一員である主人公は、人質の兵士と親しくなり…。意外性に溢れたラブサスペンス。
中盤、少しだらけるけど、話としては悪くない。…だけど、なぜかイマイチ入り込めなかった。キャラクタにあまり魅力を感じられなかったからかな…。とりあえず、主人公の彼はスパイに向いてない。他のメンバーもあんまりスパイらしくないかも。ヒロイン?がとても強い、強く振舞っているというのが正しいかな。その姿がなんとも切ない。で、最後の最後に「おおっ」ときた。すっかり忘れていただけに。
星2つ
クラウド アトラスいくつもの時代の物語を同時進行で描くSF。
最初は訳が分からないが、途中から怒涛の展開で一気に引き込まれる。まあ、やっぱり良く分からん部分はあるんだが。それぞれの物語の関連性が薄くて、きれいにまとまっているとは思わないが、かなり独特で印象に残る映画。
エンドロールの曲が素晴らしい。
星4つ
グラスハウス交通事故で両親を失ったルビーと弟。両親の友人に引き取られる事になるが…。
特に面白くはなかった。
星2つ
グラスハウス2両親を失った幼い姉弟は、過去に息子を失って経験のある若夫婦に里子に出され…。
サスペンス。地味ながらもスリリングで楽しめた。「2」と付いているけど、前作を知らなくても全く問題なかった。主役の子が、エマ・ワトソンに似ていてかわいらしい。
星4つ
クラッシュ人種の坩堝と呼ばれるアメリカで、人々の衝突を描いた群像劇。
深いテーマなんだけど、人物が映画的な極端さで描かれていることもあって、娯楽作としても楽しめる。ま、そう感じるのは、対岸の火事という意識しかないって事なのかな。
星4つ
グラディエーター古代ローマ時代が舞台。とにかく、「ローマ時代」を造りだした映像がすごい。戦闘も生々しいまでの迫力がある。役者も良い感じ。星3つ
クラバート 闇の魔法学校物乞いのクラバートは、ある日不思議な声に導かれて石臼小屋へたどり着く…。
仲間を見捨てて一人で行くところからアレだったけど、結局最後まで面白くないままだった。
星1つ
グランド・イリュージョン4人のマジシャンがアパートに呼び出され…。
強引な所はあるけど、勢いがあって楽しめた。まあ、ホントに勢いでやりきっちゃってるけどね。
星4つ
グランド・ジョー森林伐採業を生業とするジョーは、職を求める15歳の少年に出会い…。
悪くないけど、それ以上でもない。
星3つ
グランドピアノ 〜狙われた黒鍵〜5年ぶりに復帰した若きピアニストが難曲に挑むが…。
途中までは面白かったんだが、最後が呆気無くて残念。
星3つ
グランド・ブダペスト・ホテルホテルの支配人が巻き込まれた事件をコミカルかつスピーディに描く。
面白い!やり取りが軽妙でテンポも良くて、あっという間に引き込まれる。何気に豪華キャスト。
星5つ
グラン・トリノ頑固者の老人が隣人であるアジア系家族との交流を深め…。
期待値が高かったけど、全く裏切らない出来栄え。素晴らしい。
<追記>長文レビューはこちら
星5つ
クリーン落ちぶれたミュージシャンの妻で、自身も歌手でヤク中のエミリー。ある日、夫と喧嘩をして家を飛び出し…。
彼女の再生物語だが、人のつてに頼り、悪態ばかりつく姿にイライラする。努力しているとは感じられず、彼女にとって都合の良い様に廻っているだけ。でも、「私は頑張ってるわ」って感じなのが余計にイライラさせてくれる。
星1つ
クリーンスキン〜許されざる敵〜強奪された爆薬がテロに使われ…。
犯人の過去を挿入することでテンポが悪くなっている。
星3つ
グリーン・ゾーンイラク戦争終盤、ミラー率いる小隊はイラクが隠し持つ大量破壊兵器探しに奔走。しかし、一向に発見できず…。
実際に見つからなかった訳で、その裏で何があったのか…を描くフィクション。記憶に近い所なのですんなりと入っていけた。展開がスピーディで、ドンドン引きこまれて行く。振り返ってみるとご都合主義な部分もあるんだけど、見ている最中は全くそんな感じはない。
協力者のイラク人がいるんだけど、彼の言葉が重く突き刺さる。結局はアメリカ内部での主導権争いで、現地の人間を全く考えていないんじゃないか。だからこそ、これだけ泥沼になってしまったんじゃないか、と。
ハートロッカーみたいな映画があれば、こうした映画も作られる。ハリウッドの懐の深さを感じさせる。判で押したような戦争映画しか作れない日本映画とはエライ違いだ。…って、日本映画と比べるのはあまりに失礼ですね。
星5つ
グリーン・デスティニー武侠映画。アクションに重さが無く、最初のアクションシーンを見たときには、どうしようかと思った。あんなのは最初だけだったけど。で、ストーリーが面白くない…。星2つ
グリーン・ホーネット新聞社の社長を引き継いだボンボン(おっさん)が主人公のヒーロー物。
相棒が万能すぎ!まあ、主人公がダメダメなので、ここまで万能じゃないとヒーローになれないんだけど(苦笑)。爆破や破壊シーンの迫力はかなりのもの。
星4つ
グリーン・ランタンアメコミの映画化。無鉄砲な戦闘機パイロットがヒーローの後継者に選ばれ…。
楽しめたけど、数多あるアメコミ映画の中で、突出した部分は無い気がする。
星3つ
クリミナル・アフェア 魔警強盗が発生し…。
ワルガキって範疇を超えとるがな…。
星3つ
クリムゾン・リバージャン・レノ、ヴァンサン・カッセル主演のサスペンス。猟奇殺人もの。カッセルは良いが、ジャン・レノのキャラに魅力が無い。犯人探しも意外性に乏しい。星2つ
クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち第2弾。引き継いでいるのはジャン・レノのキャラだけなので、前作を知らなくても大丈夫。前作よりは面白いけど、ラストはやや拍子抜け。ヒロインがかわいいんだけど、イマイチ見せ場が無いのよね。星2つ
クリムト19〜20世紀に活躍した、ウィーンの画家・クリムトを描く。
この人や背景を知らないと理解するのは難しい。私もその一人。頻繁に出てくるヌードにしか興味が…。
星1つ
クルードさんちのはじめての冒険原始人の一家を描いたCGアニメ。
序盤は結構イライラさせられたね。話はそれ程でもないが、動きや映像の美しさは素晴らしい。動物の可愛さも。採点は甘め。
星4つ
狂っちゃいないぜ管制官として働くニック。自他ともに認めるエース的存在だったが、新任のラッセルがその座を脅かし…。
色々な要素がごちゃまぜで、まあまあ楽しめた。管制官がこんなだったら嫌だけど(苦笑)。アンジーが若いのう。
星2つ
くるみ割り人形くるみ割り人形と少女が不思議な世界を体験するファンタジー。
おじさんが出てるあたりは良かったんだけどね。それ以降がイマイチに感じて30分程度でリタイア。
星0つ
クレールの刺繍望まない妊娠をした少女。誰にも相談できず、故郷の友人に打ち明け…。
主人公の再生物語。全てに投げやりな彼女が、好きな刺繍を通して前向きさを取り戻していく。感想は特になし。
星1つ
クレイジーズ小さな町で銃を持った男が球場に乱入する事件が発生。その時既に、この町で何かが始まっていた…。
特に目新しさは無かったけど楽しめた。
星3つ
クレイジー・ハート落ち目のカントリー歌手が地方紙の記者と恋に落ち、再生していく物語。
感想は特に無し。
星2つ
クレイマー、クレイマー突然妻に出て行かれた、仕事人間のテッド。息子と2人での生活を始めるが…。
些細な日常の仕草が、2人での生活の流れを感じさせて上手い。妻が情緒不安定にしか見えないのがアレだけど。30年前の映画だけど、古さを感じさせないのは凄い。
この邦題は何だか違う気がする。
星3つ
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲古き良き時代を追体験出来る「20世紀博」がオープンし、大人たちは夢中になる。そしてある日、すべての大人が20世紀博へと向かい、町には子供だけが取り残され…。
クレしん版20世紀少年だが、比較するのはあまりに気の毒。
しかし、クレヨンしんちゃんでこれをやろうとして、よくゴーサインが出たな。
ひろしが半生を振り返るシーンにグッと来た。特に最初と最後のシーンは反則。その後もしんちゃんに促されるとかじゃなく、ひろし自身が自発的に未来に向けて行動する所が良かった。もっとしんちゃんが美味しいところを独り占めかと思ったけどね。
まあ、そうは言っても、しんちゃんの疾走シーンの盛り上がりは異常。
大人向けであっても、しっかりと90分にまとめる手腕も見事。
星4つ
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦しんちゃん一家が戦国時代にタイムスリップ!
この唐突感が許されるのはクレヨンしんちゃんならでは。ま、それはさておき、とても良かった。しんちゃんが啖呵を切るシーンは凄みを感じた。他の台詞もいちいちグサッと来ちゃうんだよな(苦笑)
時代考証がしっかりしているのにも驚いた。
この手の話にありがちな説教じみた展開にならなかったのも良かった。
淡々と、現代に生きる者としては達観しているかの様に映ってしまう感もあるが、だからこそ心に染みる。
星4つ
クローサーロンドンを舞台にした、男女4人の恋愛モノ。感想は特になし。星1つ
クローズド・ノートあるアパートに越してきた香恵は、前の住人の日記を見つける…。
沢尻エリカの記者会見での「別に…」発言ばかり注目され、中身は見事にスルーされた悲しい作品。
まあ、内容的には「別に…」って感じ。ただ、作品内での彼女はとても魅力的で、これでフェードアウトしてしまうにはあまりに惜しい。バッシングするなら、中身を評価してからにして欲しいなぁ。マスコミ対応も、女優の仕事の一つなのはわかるけど…。
星3つ
クローゼン桟橋のさざ波学生時代からの恋人と倦怠期にあった女性。友人たちとピクニックに行くが、そこで思わぬ出来事が…。
単なる恋愛劇ではなく、人間ドラマとしてしっかりとしている。掘り出し物を見つけた感じ。
星4つ
クローバーフィールド/HAKAISHA会社の副社長に就任し、ニューヨークから東京に転勤する事になったロブ。そんな彼の送別会であるサプライズパーティーの最中、突如強い揺れが襲う。テレビのニュース速報では、信じがたい光景が…。
パーティを撮影している家庭用カメラで撮った設定で、臨場感が半端じゃない。いわゆる「ブレアウィッチ」方式だけど、加えて映像そのもののクオリティも凄い。尺も短いけど、ホントにあっという間に感じた。
<追記>長文レビューはこちら
星4つ
グローリー・ロード差別が色濃く残る1960年代アメリカ。弱小チームのを請け負った大学バスケコーチが、黒人主体のチーム作りに奮闘する、実話を基にした物語。
イマイチ、チームメイトに個性が感じられないのと、壁を乗り越える様がもうひとつな気がするけど、スポ根モノとして楽しめた。
星3つ
黒い家(1999年日本)保険会社の社員がある自殺案件を調査し…。
怖すぎるわ!
面白いけど、2度と見たいと思わんわ!大竹しのぶが怖すぎるわ!夢に出てきたらどうすんねん!慰謝料払え!払うまで毎日会社に押しかけるで!!
<追記>長文レビューはこちら
星5つ
黒い家(2007年韓国)韓国でリメイク。
所々違うけど、これはこれで良いと思う。初めての人はこっちを先に見た方が良いのでは。
星3つ
黒いスーツを着た男交通事故の加害者、被害者、目撃者の物語。
「ねーよ」と思いつつ先が気になる作り。答えなんかないよな〜。
星3つ
クロエ夫の不倫を疑うキャサリンは、娼婦のクロエと出会い…。
全ての男が「ええい、ジュリアン・ムーアはいい、アマンダ・サイフリッドを映せ!」と思うだろう。凄く消化不良だわ…。
星2つ
黒く濁る村面白かった。俳優がいい演技をしてるよね。皆二面性がありそうで。長いけどだらけずに一気に見られた。星4つ
クロッシング北朝鮮で炭鉱夫として暮らすヨンス。親子三人、貧しいながらも幸せに暮らしていたが、妻が結核にかかり、薬を求めて中国へ渡ることを決意する…。
容赦無いな…。一つひとつの細かな描写が「本当なんだろうなぁ」と思わせる。言葉が出てこないな。
星4つ
クロニクル冴えない高校生が生活をビデオに撮り始め…。
楽しめたけど、もうちょっと夢のある方向に進んで欲しかったなぁ…。
星3つ
くろねこルーシー売れない占い師の家に黒猫がいつくようになり…。
猫の魅力を前面に出した映画じゃないが、レトロな雰囲気で楽しめた。塚地と安めぐみが夫婦ってアンバランスなキャスティングだよね。
星3つ
クロムウェル〜英国王への挑戦〜17世紀英国。圧政を敷く王を打倒する為に戦った、クロムウェルとフェアファクスを描く。
面白かった。歴史に疎くても十分楽しめる。「タクティクスオウガ」が好きな人はかなりゾクゾクするんじゃないかな。SRPGでゲーム化して欲しいわ。こういうゲームに飢えてンだッ!
それぞれ弱点・欠点があって、「理想の主人公」じゃない所がいいね。まあ、だからこそ、人間は知恵を出しあって、協力して生きていくって事なんだろうね。一人が支配するんじゃなくてさ。
2人の嫁に差がありすぎるのは意図的なの??
星4つ
クロワッサンで朝食を母を亡くしたアンヌは、パリで家政婦として働く決意をし…。
前半のわがままっぷりがかなりイラっとくるな。そこからの落差が急すぎな感じがするけど、まあこれはこれで。
星2つ
クワイエットルームにようこそ睡眠薬の過剰摂取で昏睡状態に陥った明日香。精神科の隔離病棟に入院する事になり…。
退屈させないで引き込む力はある。良いんだけど、お笑い業界?の下地がなじめなかった。
星3つ
ケース39児童福祉士のエミリーは、担当の少女が育児放棄をされていると感じ…。
オカルトっぽい内容で拍子抜け。
星1つ
K-20 怪人二十面相・伝怪人20面相にはめられた男が、無実を晴らすために本物を追う…。
と思いきや、追うというよりひょっこり出てくる感じ。良くある流れだけど、楽しめた。
星3つ
KT金大中誘拐を独自の解釈で描いた作品。いかにも映画って感じですね。役者の演技もいいし、彼らが映画に特別な感情を抱くのが少しだけ判った様な気が。星3つ
ケープタウン南アフリカが舞台の刑事モノ。
南アフリカらしいな…と思ってしまう。ホントかは知らんけど。
星3つ
GAMER-ゲーマー生身の人間をキャラクターとして扱う戦争ゲームが大流行。死刑囚のケーブルは、あと3回勝ち抜けば自由の身となれるのだが…。
全てが典型的すぎる。今更こんな企画が良く通ったな。画面の移り変わりが激しくて、見ていて疲れる。
星1つ
g@me.広告代理店に勤める佐久間はクライアントの令嬢と知り合い、狂言誘拐を持ちかけられ…。
メールで誘拐を通知とか、どう考えても足が付くだろ…。他にも都合の良い点が散見され、ミステリとしてどうなのかね。最後も強引と言うか無理やりだし。
星2つ
ゲーム・オブ・デス元CIA工作員が、神父に昨日の出来事を語る…。
突っ込みどころ満載だが、気にしていたら、この映画は楽しめない。まあ、どっちにしろ質は良くない。
星1つ
ゲーム・プラン独身生活を謳歌するスタークォーターバックの元に、突然娘が転がり込んで…のコメディ。
良くあるパターン。ちょっとだらけるのでもう少しコンパクトにして欲しかった。ザ・ロックはコメディが合うことが分かったので、今後も頑張って欲しい。
星2つ
CAGED-監禁-紛争地域で働く3人の医師。次の派遣先へと移動中に拉致され…。
並。
星2つ
刑事ベラミー休暇中の刑事の元に、一人の男が訪ねてきて…。
つまらない。
星1つ
汚れた心終戦直後のブラジル。現地の日本人移民は日本の勝利を信じて疑わない者と、真実を知る者とに分かれていて…。
直視するのが辛い。戦争は罪深いな。
星1つ
汚れなき祈り修道女のヴォイキツァの元に同じ孤児院で育ったアリーナが訪ね…。
見ていてイライラするな。
星1つ
劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。人気アニメの劇場版。
TV版を見ていないけど、ダイジェスト+αっぽい内容で問題なかった。駆け足だけど、涙腺を刺激しまくりですな。初めて見て感動したけど、追加部分?が大したことないので、TV版を見ていた人は物足りないかもね。
星4つ
劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス人気TVアニメを映画化。
TV版は見ていないけど、理解は出来た。ただ、面白くもなかった。
星2つ
劇場版 SPEC〜天〜人気テレビドラマを映画化。
TV版を見ていないが、一応内容は把握できた。ただ、全てが薄っぺらくて楽しいとは思えなかった。
星1つ
劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ人気ゲーム、アニメのその後を描く。
本編を知ってることが大前提の作り。終盤の盛り上がりがイマイチかな。
星3つ
劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル第3弾。
最近のTVシリーズを含めても面白い方だった。本人役のパロディがあると楽しめて良いね。
ただ、仲間由紀恵の美貌に陰りが…。そんなっ!認めん!認めんぞー!!
星3つ
劇場版ペルソナ3 #1 Spring of Birth人気ゲームを映画化。その第1弾。
ゲームをやっていないとポカーンなんじゃ。序盤をもっと説明に充てないと。
星2つ
劇場版ペルソナ3 #2Midsummer Kinght's Dream第2弾。
前作より面白い。ゲームでもこんなだったなぁ、と懐かしかった。エンドロールの曲が良いね。
星3つ
劇場版ペルソナ3 #3 Falling Down第3弾。
キーとなるシーンが多いが、全体的に駆け足で勿体無く感じる。もう少し尺をとっても良かったのでは。
星3つ
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]人気アニメの劇場版。
TV版を繋げた形だけど、これだけを見ても理解できる仕上がり。TV版も全部見たけど、やっぱりこの終わり方はゾクゾクするね。
星4つ
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]後編。
ウルッと来てしまった…。良いね。実に良い。赤い髪の子はTV版より格段に演技が良くなってるね。
星5つ
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語TV版のその後を描く。
わけがわからないよ。
星2つ
ゲゲゲの鬼太郎なんでアメコミモノは原作を知らない外国人でさえ楽しめるのに、日本のはこんなのばっかりなんだろうか??ガッカリと言うより、やっぱり。途中で止めた。星0つ
ゲスト母親を火事で亡くしたショックで入院したアナ。無事に退院したが、父親には新たな恋人が出来ており…。
面白くない…。終盤に意外な展開があるけど、そこまでがひたすらに面白くない。
星1つ
ゲス・フー 招かれざる恋人恋人の父親に気に入られようと奮闘する彼氏と、娘の恋人が気に入らない父親。人種も絡めてライトに仕上げたコメディ。
娘の恋人(アシュトン・カッチャー)が健気で応援したくなる。見ている側が、父親(バーニー・マック)へのイライラに、げんなりする寸前に展開が変わるのも上手い。良かった。
星3つ
消されたヘッドラインヤク中の若者の射殺と議員秘書の転落死。無関係と思われた2つの事件が交差し…。
惜しいなぁ。中盤までは面白いんだけど、そこから良くある展開か…となって、最後にもうひと山。中盤を上手く乗り切れば傑作になっていたかも。あと、新聞を美化しすぎじゃない?
星3つ
ゲッタウェイ スーパースネーク妻を誘拐された男が、犯人の要求通り車で街を疾走する…。
序盤はイマイチだけど、後半は持ち直した。カーアクションは迫力があるね。
星3つ
ゲット スマート40にしてエージェントに昇格した男が主人公のスパイコメディ。
スパイものとコメディのバランスが良くて面白い。
星4つ
ゲットバック強盗モノ。
悪くないけど良くもない。
星3つ
ゲド戦記国王である父を殺害した王子。砂漠を放浪中に魔法使いに助けられる…。
出だしの龍の目の描写は良かった。
星1つ
ゲノムハザード ある天才科学者の5日間新婚の石神が家に帰ると真っ暗で…。
良く出来ていると思うんだけど、こんがらがるなぁ。良く出来ているんだけど、惜しい感じ。
星3つ
ゲロッパ!あの井筒監督のドタバタコメディ。序盤はつまらなくてどうしようかと思った。徐々にましになってくるが、キャストや小ネタ(ラサールの「道路これくらい分」がお気に入り)に救われた部分が大きい。ラストは出来すぎだけど、まあ、大団円でスカッと楽しめたのでいいか!星3つ
幻影師 アイゼンハイム19世紀末のウィーン。奇術師のアイゼンハイムは身分違いの初恋の相手、ソフィと出会い…。
なるほど。面白いし、全てが繋がるラストは上手い。ただ、ちょっとガッカリかな。話の流れ的に。
星3つ
ケンタとジュンとカヨちゃんの国施設出身のケンタとジュンは閉塞感を抱えた毎日を過ごしていた…。
言いたいことは何となく分かるけど…。終盤の展開がポカーンだな。
星1つ
県庁おもてなし課高知県に発足した「おもてなし課」の若手職員たちの奮闘記。
…かと思いきや、恋愛成分がかなり強いのね。しかも何か古臭いと言うか子供っぽいと言うか…。まあ、楽しめたからいいけど。
星3つ
県庁の星民間交流の一環として、スーパーで研修を行うエリート県職員の野村。彼の教育担当は、パートの若い女性で…。
エリートが庶民と接して、だんだんと感化されていく…というステレオタイプだと思ったら、そこまでそのまんまでもなかった。途中「?」な展開もあるけど、良かったと思う。柴咲コウは、ツンデレをやらせたら天下一品ですな。
星4つ
ゴースト・エージェント R.I.P.D.この世に居座る悪霊を逮捕する、ゴーストエージェントの活躍を描く。
まあ楽しめたが、最後はどうよ?変わっちゃうと、決め台詞の場面が台無しじゃん。
星3つ
ゴースト・オブ・マーズ人類が火星に移住を始めた未来。囚人の護送列車には、一人の警察官以外誰も乗っていなかった。彼女は何が起こったのか証言し始め…。
サバイバル・アクション。期待してなかったんだけど面白かった。B級っぽさが漂いまくりの割には、出演者が豪華。N・ヘンストリッジが、こんなにもカッコいい役がぴったり来るとは。
星4つ
ゴーストたちの恋愛指南!売れっ子カメラマンでプレイボーイのコナーは、弟の結婚式の為に帰郷。そこで亡くなった叔父のゴーストと会い…。
マシュー・マコノヒーってこんな役ばっかりだな(笑)。話の流れは良くあるんだけど、車で追いかけて説得するシーンはなかなか感動的。掘り出し物。
どうでもいいけど、洋画の日本人役って、中国人ばっかりだな。
星3つ
ゴースト・ライト事故で息子を亡くした女性作家。傷心の彼女は都会を離れ、海辺の一軒家で執筆を始める…。
デミ・ムーア主演だからって、邦題に「ゴースト」を付けるのは安易すぎる。まあ、中身が無いので、他にアピールしようが無かったんだろうけど。で、あの男は一体何者??
星1つ
ゴーストライター元首相の自叙伝を執筆するため、ゴーストライターが彼の元へ…。
雰囲気が良くて面白かったけど、謎がイマイチかな。ふーんって感じで。
星2つ
ゴーストライダーアメコミの映画化。父を救うために悪魔と契約したスタントマンが「ゴーストライダー」となって、悪と戦う!
ちょっとしたコメディっぽい部分が楽しい。戦闘はしょぼい。
星2つ
ゴーストライダー2第2弾。
平凡かな。
星2つ
コーチ・カーター新任の高校バスケコーチが、学業・練習・生活態度に厳格な指導をし、駄目チームを鍛えるスポ根モノ。
楽しめた。
星3つ
コードネーム:プリンス父親が音信不通になった娘を探しに行く…。
出演者は豪華だけど内容は並。
星2つ
コーヒーをめぐる冒険一人の若者の一日を描く。
悪くはないかな。
星3つ
ゴー・ファースト 潜入捜査官フランス産の潜入捜査官モノ。
気軽に楽しめた。女性キャストのレベルが高いのも高ポイント。
星3つ
コーリャ 愛のプラハ舞台は社会主義崩壊直前のチェコスロバキア。金の為に偽装結婚した55歳の男。しかし事情が変わって妻の連れ子(5歳)の面倒を見る羽目に…。
この手の話に弱いんで、分かっててもジーンと来ちゃう。希望の持てる終わり方も良かった。
星4つ
コール営利目的誘拐映画。よくこれで今まで4人も誘拐できたねって感じ。後半のストーリーもどうかと思うし、シャーリーズ・セロンが美人なだけの映画。「メリーに首ったけ」の頃のC・ディアスみたいな感じ。星2つ
ゴールデンスランバー首相暗殺犯にでっち上げられた男の逃走劇。
いや〜、面白かったね。皆協力しすぎ、と思ったけど、これくらい協力してくれないと逃げるの難しいでしょうし。尺は長いけど無駄なシーンがないのも素晴らしい。
星5つ
コールド・ウォー 香港警察 二つの正義香港の繁華街で爆弾が爆発。同じ時刻に警官の一部隊が失踪し…。
面白くなりそうなんだけど、結果はそうでもなかった。最初の船への突入でそんな感じはしてたけど。
星3つ
コールド・バレット 凍てついた七月夫婦が眠っていると、下の階から物音がして…。
意外な展開で興味を引くけど、とっ散らかった印象は否めないか。結局最初の男は誰だったのよ。
星3つ
コールドマウンテンジュード・ロウ、二コール・キッドマン主演。時は南北戦争時代、開戦によって翻弄された男女の物語。南軍に徴兵されたインマンは、軍隊を脱走し恋人のいる故郷を目指すが…。
重めの話で、きつい描写もあるので、気軽に見る映画じゃない。レニー・ゼルウィガーが良い味出しすぎ。
星2つ
ゴーン・ガール結婚5年目、夫は気だるい朝を迎えていた…。
面白いけど、胃がキリキリするし、怖いよ。モヤモヤするし。楽しめたけど、人に勧めるのを憚られる映画。
星4つ
ゴーン・ベイビー・ゴーンとある小さな町で少女の失踪事件が発生。探偵のパトリックは依頼を受け、調査を開始する…。
途中、登場人物の行動に疑問符がつく場面があるが、最後まで見ると納得。普通のサスペンスと思いきや、予想外に良くてビックリ。
星4つ
小悪魔はなぜモテる?!ちょっとした嘘で軽い女との噂が広まってしまった、女子高生のオリーヴ。噂を利用して頼みを聞いていると、予想外の展開になり…。
軽快なノリで楽しめた。最後のダンスシーンは良かったね。エマ・ストーンは女子高生には見えないけど。
この邦題は中身にマッチしてないね。
星2つ
恋する宇宙父親を亡くし、NYで一人暮らしをするアダム。彼が住むアパートに若い女性のベスが越してくる…。
「オーウェン・ウィルソンはこういう役も合うな。でも29歳って無理があるだろ。」と思って見ていたら、クレジットでヒュー・ダンシーって事に気づいた。確かに鼻は普通だったけど、オーウェン・ウィルソンだと思い込んでいたのでビックリしまくり。ま、勝手に思い込んでいただけなんだけど。
現実的な落とし所で妙に納得してしまった。
星3つ
恋する履歴書大学を卒業して就職活動中の女性が主人公のラブコメ?
やる事なすこと、全て滑っていて見ていて薄ら寒い。ヒロインが可愛かったので43分間我慢したけど…。
星0つ
恋する輪廻 オーム・シャンティ・オームスターを夢見る脇役俳優が憧れのアイドル女優と出会い…。
1時間見たけど、どうにも退屈でリタイア。
星0つ
恋空有名ケータイ小説を映画化。
いくらなんでも、突っ込みどころが多すぎだろ…。素人ならではの作品だね。プロじゃこれは書けない。恥ずかしくて。
30分でリタイア。
星0つ
恋とニュースのつくり方朝のニュース番組スタッフのベッキー。昇進かと思いきや、クビになり…。
ドタバタのテンポが楽しめた。視聴率を上げる秘策が、体を張った突撃レポってのは万国共通なのかね?安易な感じがするけど、それが真理なのか。レイチェル・マクアダムスが好きだし、パトリック・ウィルソンも割りと好きなので、採点は甘め。
星4つ
恋のクリスマス大作戦成功を収めたリッチなビジネスマン。だが恋人に振られ、クリスマスを一人で過ごす羽目に。一人は絶対嫌!…ってことで、子供のころに住んでいた家の今の住人に金を払い、擬似家族とクリスマスを過ごす事に…。
主人公の行動が理解できないのが一番のネック。ただ、中盤以降はドタバタ劇が楽しくなってくる。
星2つ
恋のベビーカー大作戦突然赤ん坊を預かる事になったトマ。子供好きの元カノとよりを戻そうと考え…。
気楽に見るには。
星2つ
恋のロンドン狂騒曲ある一家2世代の恋物語。
ウディ・アレンらしい映画って感じ。
星2つ
恋は命がけ若手マジシャンがある女性と組む事で人気者になり…。
ヒロインの酔った姿がカワイイね。設定が面白いし楽しめた。ホラーシーンは結構怖い。
星4つ
恋人はゴーストリース・ウィザースプーン主演の、タイトル通りのラブコメ。楽しめた。星3つ
公共の敵悪徳警官が殺人事件を追う。
いろんな意味で、描写が直接的。パワフルで面白かった。細かいことは気にしない。犯人役がスンヨプにクリソツ。班長は頭の具合が長谷川滋利に似てる。
星4つ
交渉人ここまで面白い映画を見たのはいつ以来だろう。何十本に1本でも、こうした映画に出会うために、映画を見つづけている。今ははっきりとそう言える。星5つ
交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10,000mの頭脳戦TVドラマの映画版。
ドラマは観たことないけど、特に問題なかった。結構な豪華キャストでビックリ。
で、全然交渉してないのね(笑)現場レベルの攻防はスリリングで、展開が早くて面白い。ただ、黒幕級の思惑が何なのかさっぱり分からない。御堂は何故立てこもりをしたのか?一体何がしたかったのか?モヤモヤしながら見ていると、現場での突っ込みポイントもスルーしづらくなってくるのがもったいない。
ん〜、惜しいな〜。
星3つ
交渉人 真下正義「踊る」シリーズの真下(ユースケ・サンタマリア)が主役。特にシリーズを知っている必要はない。
テンポが良くて面白い。真下と犯人の一対一ではなく、各所で様々な人が動いている事を描いたのが正解。ただね、あの決着のつけ方では、誰も納得できないのでは?
星4つ
強奪のトライアングルバーで切羽詰まった男たちが強盗の計画を話していると…。
雑だがまあ楽しめた。
星3つ
皇帝ペンギン南極大陸で暮らす皇帝ペンギンの子育てを追ったドキュメント。
今更ながら、大自然の厳しさを感じた。と、同時に、日本で暮らす私の何と恵まれたことか。
星3つ
荒野はつらいよ〜アリゾナより愛をこめて〜西部劇コメディ。
無駄に豪華キャストだね。シャーリーズ・セロンが普通な感じの役って久しぶりな感じ。
星3つ
氷の微笑2冒頭のS・ストーンの劣化ぶりに萎えて、速攻で観るのを止めた。え、だって、そういう映画でしょ?星0つ
故郷よチェルノブイリ事故と10年後を描く。
ちょっと中途半端な感はあるが、個々の台詞や心情は伝わってくるものがあった。
星2つ
虚空の鎮魂歌警察官の父娘の物語。
面白くない。
星1つ
極道めし刑務所の監房で、受刑者たちが今まで一番美味かった食事について語り合う…。
もっとコメディ色を強くしても良かったんじゃないかな。最後の流れは良かったと思う。
星3つ
告白中学1年3学期の終業式後のホームルーム。教師を辞める担任が、生徒たちにある告白を始める…。
自分が中学生の時は、何も考えずに単純だったな〜。今の子は大変なんかな?とか思いながら見ていたが、単純だから残酷な事も平気で出来るのかも。
<追記>長文レビューはこちら
星5つ
告発のときイラクから休暇で帰還した息子が、基地から抜け出したと連絡を受けた元軍人の父親。独自に息子を探し始め…。
いわゆる戦争反省モノ。父親の細かな描写が人となりを表していて、ここまで人物像を確立した作品も珍しいのでは。
良い映画だけど、何度も観るのはヘビーだね。
星4つ
極秘指令ドッグ×ドッグ諜報員として初日を迎えた青年だったが…。
面白くない。
星1つ
子熊物語親を亡くした子熊と、負傷した大人熊の交流を、ハンターを交えつつ描く。子熊がかわいいです。大人になると怖いけど。星4つ
孤高のメス平成元年当時の地方都市での医療現場を描いたドラマ。
ストレートな内容だけど、ブレずにきっちりとやってくれたので、見ていて気持ちよかった。変化球ばっかりじゃ、見ている方もひねくれちゃうもんね。
星4つ
凍える牙なかなか出世できない刑事が新人の女性刑事と組む事になり…。
なかなか面白かった。女性刑事が美人だし!最後の方はちょっとダレたのが残念。
星3つ
ココシリ密猟によって激減してたチベットカモシカを守る、山岳パトロール隊の姿を追う。実話を基にした映画。
何と言うか、過酷ですな。彼らが何故パトロールをしているのか、それを盛り込んでくれればもっと良かった。
星3つ
ゴシカハル・ベリー主演のサスペンス。ペネロペが地味に出演。刑務所の精神病棟で分析医として働く医師。ある日事故に遭い、気がつくと自分が精神病棟に。いったい何が…。で、ご都合主義で面白くない…。星1つ
ゴシップサイト 危険な噂芸能事務所をクビになったマネージャーが、見出した新人女優とともに独立し…。
楽しめた。
星3つ
50回目のファースト・キス事故で新たな記憶が1日しか持たない女性と、ナンパな男性の恋。
アイデアは悪くないと思うが、色々と無理があってすんなりと入っていけない。ギャグ要素が強すぎるのもマイナス方向に働いている。
星2つ
GODZILLA ゴジラハリウッド版ゴジラ第2弾。
面白かったね。メッセージ性もあるし、なかなかゴジラが登場しなくて、もったいぶっていて良い感じ。突っ込みどころはスルーして楽しむのが吉。
星4つ
GOTH公園で変死体が発見され、高校生の神山樹は野次馬の一人として現場にいた。彼は明るく友人が多く、女子からもあこがれの存在。だが、人に言えない興味があった。それは死体に興味がある事で…。
生理的、倫理的に受け付けなかったので40分ほどで止めた。意図的に暗いトーンにしており、誰が見ても嫌な気分になるだけだと思うんだけど。
星0つ
ゴッド・オブ・バイオレンス/シベリアの狼たち旧ソ連崩壊前後の時代にギャングとして生きた男たちの物語。
色々と中途半端で薄い。
星2つ
ゴッドファーザーイタリア系マフィアとそのファミリーの物語。
面白かったけど、長いな…。アル・パチーノが若すぎて、気付くのに時間が掛かった(笑)。
星3つ
ゴッドファーザー PART IIその2。2代目の物語と、初代の若き日の物語を並行して描く。
初代の話はいらなかった気がする。その方がコンパクトで集中して見られたのに。
デ・ニーロが若すぎて、気付くのに時間が掛かった(笑)。
星3つ
ゴッドファーザー PART IIIその3。2代目とその子の世代の物語。
時間が経った設定で、トムが居なくなったのが残念。終盤の展開は一番スリリングだけど、やっぱり長いな…。「1」で完結していたし、無理に続けなくても良かった気がする。
星3つ
コップ・アウト軽いノリの刑事ものバディ・ムービー。
話自体は良くあるパターンで、ブルース・ウィリスもいつもの感じだが、相棒が天然で笑える。画面に映っているだけで、ゲイっぽくてちょいキモな感じで笑ってしまう。お喋りな泥棒もいいキャラをしてて、最後のシーンで復活してホントに良かった。あのままフェードアウトじゃ、かなり後味が悪かったからね。
星3つ
コッホ先生と僕らの革命ドイツでサッカーを授業に取り入れた先生と生徒の物語。
途中までは良くある学校ものって感じでぼーっと見てた。先生が単に生徒を開放するだけでなく、きっちりと諭す所は良かったんじゃないかな。抑圧される部分が長いのも特徴的。
星3つ
孤独な嘘イギリス田舎街の別荘地で、使用人の夫がひき逃げされる事件が発生。主人公の弁護士は、「ある男性が犯人では」と目星を付けるが…。
ぐだぐだと言っているが、皆が保身に走るので、見ていて非常にイライラする。
星1つ
言の葉の庭高校1年生のタカオは、雨の日に授業をサボって公園に行くと…。
新海監督っぽいな、と思ったらその通りだった。いやいや、でもここまで自身の作品と似ているはどうかと思いますよ、はい。
不良がテンプレなとこも残念な感じ。
星3つ
コネクテッドハリウッド映画『セルラー』を香港でリメイク。誘拐された女性ロボット工学博士が、壊れた電話機を何とか直して、見ず知らずの男性に助けを求める…。
元が面白いので、やはり面白い。今回は脳天気な大学生が息子と約束をしている父親に変更。息子との約束に遅れそう…、でも、電話の主も助けたい…のジレンマに陥る。
設定は良いんだけど、そこまで有効に機能していないのが残念。ま、十分面白いんだけど。
元を見ていない人の方が、純粋に楽しめると思う。携帯電話の進歩に従って、演出の幅が広がっているので、違いを見るのも楽しいんだけどね。
犯人役が怖すぎるわ。
星4つ
この道は母へとつづくイタリアの富豪の養子になる事が決まったワーニャ。だが、本当の母親に会いたくなり…。
思ったより良かった。
星4つ
この胸いっぱいの愛を子供の頃住んでた北九州に出張かぁ。ついでだから、昔住んでた家でも見てくか。あ、全然変わってないなぁ。懐かしい…。お、あそこにいるのは20年前の俺じゃないかぁ…。……って、え、20年前の俺!??
予備知識ゼロで見たので、意外な出だしに驚いた。こういう嬉しいサプライズがあるから、映画って良いのよね。中盤までいい感じで展開して、次第に序盤からあった粗が無視できなくなってきちゃうんだけど、まあ、全体的には良かった…。ええ、良かったですよ。
星4つ
この森で、天使はバスを降りた優しくて、そして悲しいお話です。心に余韻が響きます。映画だからできる事、映画で伝えたい事、と言うと大げさですけど。なかなか上手く表現できないのが残念です。星3つ
(500)日のサマー会社員のトムは新入社員のサマーに一目惚れ。トムが彼女と出会ってからの500日を描く。
演出が面白くて楽しめた。ストーリーもリアルっぽくて良かったと思う。
星3つ
小森生活向上クラブ迷惑行為をする人を処刑する「正義」に目覚めてしまった小森課長だが…。
良くあるゆるい感じのコメディかと思ったら、いきなりの展開に驚いた。小森課長の精神状態の変化が伝わってくるのは良いけど、部下たちが意外と話に絡んでこなかったなぁ。彼らに違う思惑をもたせたりして、ドロドロと出来たと思うんだけど。
星2つ
コラテラル殺し屋の客に"仕事場"をはしごさせられる破目になった、タクシー運転手の運命。トム・クルーズが白髪になってダンディに。
ご都合主義もあるけど、途中、FBIや市警も入り混じって、思ったより面白かった。
星4つ
コララインとボタンの魔女築150年の家に越してきたコララインと両親。その家で彼女は、封印された小さなドアを見つける…。
出だしのテンションに面食らうけど、そこを過ぎれば独特な味わいに感じてくる。映像がいい感じ。
星3つ
コルシカン・ファイル探偵モノのコメディ。
なんだけど、ドタバタしすぎでついていけない。途中で止めた。
星0つ
コレクター変質者の誘拐映画。思ったよりも面白かった。まあ、突っ込みどころはあるけど。星3つ
コレクター(2012年版)娼婦の失踪事件を操作する刑事。だが、犯人を特定できずに操作が打ち切りになり…。
なるほど、振り返ってみると上手く出来ているな、と感じる。最後まで見て評価が上がるタイプの映画かな。邦題はちょっとあってないけど。
星3つ
殺しのナンバー政府機関に所属する男が暗殺の暗号を受け取り…。
面白くなかったなぁ。
星2つ
コロニー5氷に覆われた世界でのサバイバル。
平凡。
星2つ
コロンビアーナ女暗殺者の物語。
少女時代と成長後のどちらも動きに切れがあって楽しめた。
星2つ
こわれゆく世界の中で自分たちは上手く行っている。そう思っていたけど、いつの間にか距離が出来ていた。そんな男女にある事件が降りかかり…。
なかなかだね。純粋な恋愛物とは違うので、苦手な人でも大丈夫。終盤の展開には賛否両論ありそうだけど。
星3つ
コンシェンス/裏切りの炎妻を殺害された刑事が主人公の刑事モノ。
あんまり妻の事件が絡んでこないのね…。相手の刑事が裏切った理由がしょぼいというか何と言うか…。それでもまあ、楽しめたけど。
星3つ
コンスタンティンキアヌ・リーブス主演。天使や悪魔の介入から人間界を守る男、ジョン・コンスタンティン。本来、天使や悪魔は直接人間界に侵入できないはずだが、悪魔の侵入が見られるようになり…。
面白くない。途中まで何を相手に戦っているのか分かりづらい。と言うか、そもそも、話が分かりづらい。
星1つ
婚前特急OLのチエは親友の結婚を機に、付き合っている5人の彼氏を査定。最下位の男に別れを切り出すが…。
意外と面白かった。5人を上手く操っていると思いきや、振り返ってみるとロクな男がいないことに気付くってのも笑えた。
星3つ
コンテイジョン未知のウイルスで女性が死亡。徐々に感染者が増えていき…。
未知のウイルスが発生したとき、世界はどうなるのか。ヒーローがいる訳でもなく、淡々と描いていて面白かった。
星3つ
今度は愛妻家亭主関白なカメラマンと妻の物語。
熟年夫婦向けの内容。「これからは大事にするよ」的な。
登場人物に癖がありすぎだろ。ま、面白いからいいけど、リアリティを感じないな。後半の複合的な修羅場は面白い見せ方だと思う。ただ、その後の流れはイマイチだったけど。
怪しいなーと思いながら見ていたが、「お、そっちだったか」と意表をつかれたのは良かった。
星3つ
コンフィデンスいわゆる詐欺師モノ。騙し、騙され2転3転、と。中盤まで割りと普通で、後半は楽しめる。星3つ
コンフィデンスマン/ある詐欺師の男25年の服役を終えた男の元に、元相棒の息子が現れ…。
イマイチ。
星2つ
コンフェッション盗作した小説を発表して財を成した元弁護士。だが、小説と全く同じ事件が過去に発生しており…。
感想は特になし。
星2つ
コンプライアンス -服従の心理-忙しいバーガー店に警察から電話が入り…。
いやいや、ありえないだろ。あらかじめ店長に能力がないって描写してたけどさ。すっごく胸糞悪くなる。一番ダメそうな人が一番まともってのは良かった。
星2つ
今夜、列車は走る1990年代アルゼンチン。鉄道が廃線となり、失業した鉄道員たちを描く。
良い映画だけど憂鬱になる。まあ、それが現実なんだけど…。
星2つ

トップに戻る。