□■ top > SFC DATA > □■

晦-つきこもり-

アドベンチャー   1996年3月1日発売   バンプレスト
・絵で読ませる「テキストアドベンチャー」の第2弾。七回忌の夜に集まった親戚たち6人が、主人公に怖い話を聞かせる、というストーリー。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

晦-つきこもり- 情報

風間のシナリオ

  1. 1〜6話目を、真田康明、山崎哲夫、前田良夫、藤村正美、前田和子、鈴木由香里の順に聞く。
  2. この順番に聞くと、風間という人物の話が聞ける。
  3. 1話目の真田の話では、最初の選択肢で2、3、5、6のどれかを、6話目の鈴木の話では、最初の選択肢で2か3の選択肢を選ぶ必要がある。
  4. ゲームオーバーにならないように話を進め、6話目に現れる選択肢で「3、宇宙人」を選んでから終了すると、7話目に風間本人が登場する隠しシナリオが始まる。
レビュー
かりうさんのレビュー 投稿ありがとうございます

学校の怪談に連なるサウンドノベルゲームで、続編とも言い切れないが非常に良く似たシステムとして短編の怖い話を六人分聞いて行き、最後に隠された七話目が語られるという感じ。

主人公は親戚の家に七回忌としてやってきた中学三年生の女の子で、七回忌の日の夜に怖い話を七話分語ると何かが起きる、という話を聞き、ならばやってみようと言い出す親戚六人に押されて離れの客間で怖い話が始まる。学校の怪談同様実写取り込みが採用されているが、学校の怪談では登場人物は全員高校生だったにもかかわらず撮影人物は高校生以外の人も混ざっていたりすることによる違和感もなくなり、子供から大人まで幅広い年齢層の人物の実写が取り込まれている。

ゲームの流れとしては基本的に学校の怪談と変わらない。集まった六人のうち誰でも好きな順番で怖い話を聞いていく事になり、その順番や話中の選択肢などでどんどん分岐していき、最後に隠された七話目が話される。ただ怖い話を分岐しながらも聞いていくだけならば学校の怪談とあまり大差ないが(話の内容は学校関連以外が主体であるが)、語り部の中に主人公が好意的に思っている人物がいてみたり、また七回忌に来ると言いつつも夜中まで連絡なく来ないままの親戚など怖い話以外にも主人公に実際に降りかかりそうな事件の伏線が最初から引かれているのも怖さを倍増させている。


ソノリンさんのレビュー 投稿ありがとうございます

かなり久々の投稿になります・・・SFCではなくエミュでやったのですが、初プレイだったので、今までにやった事がないゲームでした。
ちょっと怖そうかも・・・?と思いプレイするのをためらってしまったのですが、全部はやらなかったのですが最初の方だけをプレイしました。
想像通りとても怖いような感じで、さすがに最後までやる勇気はなかったのです・・・。
学校であった怖い話と大体同じような感じで、一人ずつ順番に怖い話をしていく・・・という感じなのですが、とても雰囲気的には怖いような感じです。
最後には誰か殺されてしまうのでしょうか・・・?とても最後までプレイする勇気はありません・・・。

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■