□■ top > SFC DATA > □■

超兄貴 爆烈乱闘篇

アクション   1995年9月22日発売   メサイヤ
・PCエンジンで発売されユニークなキャラが話題となったゲームが、シューティングから格闘アクションにアレンジされて移植。登場キャラクタはそれぞれ独特の攻撃法を持っていて、空中に浮いたままの状態で戦う。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

超兄貴 爆烈乱闘篇 情報

レビュー
ミツヤさんのレビュー 投稿ありがとうございます

【超兄貴〜爆烈乱闘篇〜】
メサイヤの「超兄貴」シリーズの中の1本。男性専用?
『基本的に』
空中浮遊型対戦格闘ゲーム。
『ストーリー』
銀河中のビルダー達が、惑星NCS超メサイヤ人が主催する天下一武闘館で雌雄を決す。
『モード』
1人プレイ専用の「勝ち抜きモード」と、2人プレイ専用の「対戦モード」の2種類。
『格闘システム』
フワフワと浮いているので、キャラは8方向へ自由に移動できる。
パンチ・キック・投げ・ガード・ダッシュなど、基本的なアクションは揃っている。浮いてるからジャンプはない。
体力ゲージの他にピストンゲージなるものがあり、技を出したり攻撃をガードしたときに減少する。すばやく腰を回すことでゲージは回復する。
各キャラごとに必殺技があり、コマンド入力で必殺技を出す。また全員共通の特殊技として、超強力なぶっといビーム(かめはめ波)がある。
『アニマゲドン(超必殺連続技)』
技をタイミングよくつなげることによる連続攻撃。
組み合わせのパターンは無数にあるため、独自のアニマゲドンを編み出そう。
『特徴』
全て。
『長所』
ある意味SFC離れしている画質。エンディングのそれは圧巻。
各キャラの必殺技が非常に多い。小技から大技までいろいろ。
好きな人はとことん好きな世界観。「愛・筋肉・兄貴」がキーワード。
『短所』
嫌いな人はとことん嫌いな世界観。完全にユーザーを選んだつくり。
『感想』
相変わらずのぶっとんだ世界観、そのセンスは群を抜いている。
常識離れした設定の格ゲーをやりたい人にオススメ。

超兄貴です。はい、僕はメサイヤ信者です。前のレビュー2本もメサイヤ。
メサイヤは毎回のように奇抜なシステムに挑戦しているわりに完成度の高いゲームをつくってくれるので、安心してソフトを購入できます。
このゲームは基本的に馬鹿ですが、格ゲーとしてのレベルも高いと思います。
難易度も選べるし、キャラの数も丁度いい感じです。特に不満はないですね。
腰を回してゲージを溜めたら、必殺のかめはめ波で一閃!


そろいすさんのレビュー 投稿ありがとうございます

極太ビームはシリーズ通して『メンズビーム』です。
かめはめ波ではありません。

ストーリー
銀河一のビルダーは俺様だ!遥か宇宙のかなた、怪しくテカるビルダー星。夏の気温は50度を超えるというこの灼熱の星にも、毎年恒例の「ボディビルコンテスト」の開催が迫っている。今年で11回目を迎えるビルダー憧れの大イベントだ。
・・・この大会を目前に控えた第10回大会のチャンピオン「イダテン」は、肉々しいダンスで盛り上がる盆踊りには目もくれず、もくもくと体を鍛えていた。
そして大会当日−「おや? 第一回天下一武闘館だって?主催:惑星 NCS超メサイヤ人?」なんと、トレーニングに没頭していたイダテンは、ビルダー星が惑星NCSに支配されてしまっていたことを知らなかったのだ。「最近、新聞読んでなかったから知らなかっただス・・・」
しかしイダテン、ビルダーとしての意地がある。おまけに参加費も支払い済みだ。「どんな大会だろうと負けるわけにはいかないッス!」メラメラと燃えてきたイダテン。はたしてこの大会を制するのは誰なんだ?
(説明書より)

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■