□■ top > SFC DATA > □■

第4次スーパーロボット大戦

シミュレーションRPG   1995年3月17日発売    バンプレスト
・なつかしのロボットたちが登場するシリーズ5作目。今回は新たにエルガイム、ザンボット3、ダンクーガ、ダイモスが登場する。更にプレイヤー自身が設定可能な主人公も登場。主人公の乗る2体のオリジナルロボも登場する。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

第4次スーパーロボット大戦 情報

レビュー
オールドゲーマーさんのレビュー 投稿ありがとうございます

 名作。第2次から続くスーパーロボット大戦のストーリーを完成させた本作だが、システムも完成されている。反撃行動の個別マニュアル化など非常にプレイしやすくなった。

 難易度は初心者には少し難しいかと言ったレベル。便利な強化アイテムは埋まっているので精神コマンド(最初はその精神を持っているパイロットがいない)か攻略本が無ければ、まずすべて入手することは不可能。また後半のステージでは敵の移動距離を見定め、うまくマップ兵器を使わなければ、敵の二回行動・攻撃もあいまって厳しいときもある。しかし慣れればほとんどマップ兵器だけでクリアすることも可能(補給のタイミングしだい)。

 また本作は主人公を自分で作ることが出来る。顔・性別などあるが、重要なのは誕生日・血液型・ロボットのタイプである。おすすめは9月2日のO型リアルロボットタイプである。これならば初心者でも存分に主人公の強さを実感できるはず。またこのロボットのタイプでステージも変わってくる。このステージの難易度もそうだが、リアルロボットのほうのステージで得られるものがスーパーロボットタイプより明らかにいいので、さらに初心者にはリアルロボットがお勧め。ただマジンガーZやライディーンのアニメーションが見たいと思う人ならばスーパーロボットタイプをお勧めする。

 もしゲームオーバーになってもコンティニューで資金と経験値は持ち越せるので、これを利用して資金集めなどの邪道なことも出来る。おこないやすいのは全滅以外が敗北条件のステージ。例えば『キリマンジャロの嵐』で防衛ターゲットをマップ兵器でドカン、とか(応用として、その周りもしくは直線上に他の味方を並べてまとめて)。

 長くなったが、確実に面白いのでぜひプレイしてみるのをお勧めする。音声などは入っていないが必ず満足できるはず。

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■