□■ top > SFC DATA > □■

大爆笑人生劇場 ドキドキ青春編

ボードゲーム   1993年7月30日発売    タイトー
・ファミコンから続くシリーズ第5弾。今回は中学、高校が舞台で、新しい試みが付け加えられている。スタートやゴールといったものはなく、6年間で競うものになり、経験を多くするのが目的になっている。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報
レビュー
くまねこさんのレビュー 投稿ありがとうございます

中学〜高校卒業までの6年間(6*6=36ターン)を経験するボードゲーム。
複数人数向けのパーティゲームであることは言うまでもない。

最初に名前や血液型、性別など入力し性格(能力値が若干上下する)を決め開始する。
プレーヤーは4人参加が強制で足りない分はNPC(恋人候補)から選ばれるので嫌な人は適当にキャラを作ってCOMに委任させると良い。

後はルーレットを回しながら、マスに止まりイベントやミニゲームをこなし能力やお金、愛情度を高め最終ターンに恋人に告白するのが目的になるだろう。

ルーレットは慣れると100%目押しできるし、一回で大金が入るミニゲームがあったりと微妙な部分も存在はするが、不良化(モラルが低い)や肥満化(運動回数-食事回数で食事が上)など能力次第で起こるイベントも多く飽きない要因になっている。

最終的に能力やお金、愛情、友好度などが人生経験に変換され、人生経験の低い順番からEDが見れる仕組み。

人生経験を競うより、成りたい職業や好みの恋愛相手と結ばれる言った楽しみ方もお勧めです、人生経験はEDには影響しないので。

2〜4時間程度で1ゲーム終了する程度です。
セーブ機能がないのが難点ですが・・・電源つけたまま放置してました(苦笑)

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■