□■ top > SFC DATA > □■

ソウルブレイダー

アクションRPG   1992年1月31日発売   エニックス
・『アクトレイザー』のスタッフが制作したアクションRPG。フィールでで敵を倒し、閉じ込められた魂を復活させると町が出来てくというシステムが楽しい。アクション自体は比較的易しいゲームになっているのだ。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

ソウルブレイダー Q&A

Q:
このゲームって力が上がる腕輪(指輪?)と防御力の上がる装備品がありましたよね?
その中で両方とも上がるものがあるらしいのですが取り方が分かりません。どなたか知ってる人がいたらお願いします。
たしか紫色でした。
A:
攻撃力と防御力が2倍になる「不死身の腕輪」は、マグリッド城の、王妃の部屋にあります。
(情報提供者:エイトさん)

レビュー
忍者さんのレビュー 投稿ありがとうございます

「天地創造」「ガイア幻想紀」と並びクインテット三部作と称されるのがこのゲーム「ソウルブレイダー」。

アクションRPGです。

マグリットの王様が、悪魔を呼び出す機械を作らせた。
王は「魂ひとつにつき金塊ひとつ」で悪魔と取引をし、人間や動物だけでなく植物までも存在しない世界になってしまった。
それを見た神が地上に神の使いを送り込む…

といった話です。

魔物を倒して生き物を復活させていくわけですが、アクションとして難易度はかなり低め。
「やくそう」があればどのボスもがむしゃらにつっこむだけで勝てたりするのはどうかと思います…
魔法も役に立たないものが多かったり。

ただ、武器に関しては、敵を斬って回復できる「リカバーソード」や、特殊装甲を斬る「斬鉄剣」、たまに一撃で仕留める「クリティカルソード」、倒せない敵の動きを止める「サイコソード」など、結構色んな効果を持つものがあるのはなかなか。

このゲームで良いのはやはり台詞ですね。
魂を救うと動物も家具も生き生きと喋り、面白い事や、ちょっと感動させてくれる事など、色んな話を聞かせてくれて楽しいです。
音楽も「アクトレイザー」同様いい感じですよ。

軽くプレイしてクリアできるし、それなりに楽しめるので、やってみて損は無いゲームだと思いますよ。

ところで2ステージの「グリーンウッド」の小鳥が、
「木と鳥とは支えあって生きている。
 鳥達は木の実を分けてもらう代わりに、
 動けない木に話を聞かせてあげている…」
みたいな台詞を言うんですが、こーゆーの、いいですねぇ。

それでは。

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■