□■ top > SFC DATA > □■

重装機兵ヴァルケン

アクション   1992年12月18日発売   メサイヤ
・アサルトスーツといわれる戦闘ロボットを操って進む、SF世界を舞台にしたハードな横スクロールアクション。パンチやバルカンなど4種類の武器を使用でき、またロボットの動きもロケット噴射や地上を滑るような高速移動、徒歩などいろいろ。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

重装機兵ヴァルケン 情報

レビュー
ミツヤさんのレビュー 投稿ありがとうございます

【重装機兵ヴァルケン】
メサイヤの「重装機兵」シリーズの中の1本。
『基本的に』
ヴァルケンなるロボットを操縦してミッションをクリアしていく、横スクロールロボットアクション。
『ストーリー』
主人公が所属する軍に対して反乱を起こした反乱軍と戦う、ガンダムっぽい話。
『アクション』
PSの「アーマードコア」を2D横スクロールでやってる感覚。
武器の発射角度などを細かく調整でき、重力のあるステージで空を飛んだりスライドダッシュをするにはブーストを使う。
『特徴』
雰囲気がよく出てると思う。
戦闘中にリアルタイムでオペレーターから指示が出る。忙しいときにはちゃんと聞けてない。
いきなり戦友の死とかを聞かされることもある。その後の指示がいやに冷静。
『難易度』
全体的に難易度は高め。
複雑な動きができるぶん、操作に慣れるまでは苦しい。
ボスが地味に強い。ラスボスは無慈悲に強い。アクションが苦手な人には厳しい。
『長所』
多彩な武器を使い分ける楽しみがある。
生身の人間も出てくる。もちろん可哀想なくらいに弱いが、そいつらを踏み潰すのもまた楽s…
『短所』
充実したシステムや設定を考えれば無理もないが、ややステージ数が少ない。
メサイヤなのに兄貴が出てこない。せっかくの雰囲気壊れるからだろうけど…。
『感想』
各所に独特のシステムが採用してある。細かい設定にもこだわりも感じられる。
シリーズをやってればストーリーの重厚さも楽しめる。ホントに奥が深い。

『重装機兵』は『ラングリッサー』『超兄貴』に並ぶメサイヤの三本柱の1つです。たぶん。
相変わらず完成度は高く、ボス戦の難易度が尋常でないこと以外は非常にバランスのいい出来です。
「SFCのロボットアクションならこれ!」な1本です。


KISYOさんのレビュー 投稿ありがとうございます

ロボットアクションとして大変良くできていると思います。
壁をバルカンで打つと傷がついたりとわりと細かく作ってあって楽しいです。
最初のうちは操作が難しいのですが、なれてくるとすごくたのしいゲームです。
ヴァルケンをいかにうまく操縦できるかが楽しめるポイントだと思います。

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■