□■ top > SFC DATA > □■

G.O.D〜目覚めよと呼ぶ声が聴こえ〜

RPG   1996年12月20日発売   イマジニア

・劇団「第三舞台」の主催者である鴻上尚史が製作総指揮を務めている、近未来を舞台にしたRPG。突然襲来したエイリアンの侵攻を食い止めるために、主人公が多彩な能力を使って戦いを繰り広げていく。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

G・O・D〜目覚めよと呼ぶ声が聞こえ〜 Q&A

レビュー
AKMachineさんのレビュー 投稿ありがとうございます

鴻上尚史が文を書き、江川達也がキャラデザし、デーモン小暮が音楽を作るという、スタッフのチョイスがよくわからない豪華なRPG。

1999年7の月に恐怖の大王によってダメージを負った世界と、その直前に 「30%しか使われていない人間の脳の、残り70%を目覚めさせる手がかり」 に触れてしまった少年が、ゲームの根幹。

10年後に記憶を取り戻した少年が、世界を巡り、ピラミッドやストーンヘンジなど世界の遺跡で秘められた脳の力を得ていくという少々重めのストーリーである。

しかしお遊び要素も大量にある。
コレクターズアイテムが各地の名物まんじゅうだったり、ギャグシーンでは加藤茶を模したハゲオヤジが活躍したり、「FのつくRPGと、DのつくRPGどっちが好きだ」 と聞かれたりするなど・・・
プレイヤー自身はあまり重くならずにプレイできる。

デーモン小暮の音楽は、意外と場面に合っている。
それどころか、よく聞くとスーファミ史上に残る名曲ではと思えるものも幾つか・・・
長いゲームだが、是非最後までやり遂げてほしい。


S+さんのレビュー 投稿ありがとうございます

気がつくと10年が過ぎ、世界はエイリアンの手によって壊滅の危機に・・
という、序盤から驚くような展開で始まる。
もちろん戦うべく敵はエイリアンなのだが、ストーリーはそれほどSFに偏らず、心打たれる展開も多く含まれている。
主人公は日記という形でセーブしていくのだが、過去の日記や感想、独り言などを読むことも出来、なかなか面白いシステム。
長いゲームなので中盤になってくると敵のエンカウントの多さが若干憂鬱になってくるが、Lv上げが必要な場面も多いので地道にやっていくのがお勧め。
終盤は迷路のように入り組んでいるダンジョンや、謎解きやクイズなども出てくるため、攻略本があると進めやすいかも、と思いました。
意外な展開や、衝撃的なラストなど、なかなかやり応えのある作品なので、ぜひ最後までめげずにプレイしてほしい作品です。

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■