□■ top > SFC DATA > □■

ライブ・ア・ライブ

RPG   1994年9月2日発売   スクウェア

・小林よしのり、田村由美などの人気漫画家7人がキャラクタをデザインしたRPG。現代編、幕末編、西部編など7つのシナリオが用意されており、全てのストーリーをクリアすると最後のシナリオが出てくる。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

ライブアライブ 原始編アイテム合成表

ライブアライブ 最強装備

ライブアライブ Q&A

レビュー
ゴンズさんのレビュー 投稿ありがとうございます

スーファミの数あるRPGの中でも、かなり優秀な出来だと思います。
ビジュアル面は美しいとはいえませんが、システムとストーリーが絶対ハマります!
何度やっても新しい発見のある、小粋な作品だと思います。


オールドゲーマーさんのレビュー 投稿ありがとうございます

自分に最も影響を与えたゲーム。これなくしては自分は完全勧善懲悪の偽善者になっていたかもしれない。敵側にも『心』があると考えさせられたゲーム。
最近は違うのだろうが、スーファミ時代までのRPGといったら敵役には何も背景が無かった(FF6は微妙だが)。ドラクエにしてもFFにしても敵は既に悪として存在しており、それを倒すことに何の疑問も持たなかった。
例を上げればスーファミでないが特にネタばれにならない有名な、ドラクエ3のバラモスはなぜ人間に敵していたか?答えは魔族の王だから。と「彼」の内面には触れずにただ存在としていかにも倒すべき対象となっていた。
しかしこのゲームをプレイしたあとは敵役のことも考えてみるようになった。その理由はこのゲームを最後までプレイした人なら分かるだろう。


さとさんのレビュー 投稿ありがとうございます

正確な数わかりませんが50本は軽くプレイした自分の
「SFCの最高傑作」
ですね

最も秀逸なのはストーリー
システム・グラフィック・音楽・操作性、そんなものでこのゲームより優れているものはいくらでもあるでしょう
しかしこのゲームより優れたストーリーを持ったゲームはありません
具体的に述べるかどうか迷いましたが、ストーリーでイチオシ!
というだけに留めました。ぜひプレイしてみてください
絶対忘れられないゲームになります


クスィーさんのレビュー 投稿ありがとうございます

自分の中ではスーパーファミコン史上最高傑作のソフト。7つの全く別々の時代の主人公を操作し物語は最終章で核心へいきます。
特に、中世編はRPGの歴史に残る傑作だと思います。既出ですが、敵にも心がある事が分かる数少ないゲームだと思います。


Y・Yさんのレビュー 投稿ありがとうございます

 このゲームは人間の「人生」や「生きることのすばらしさ」、そして「人間の醜さ」、「憎しみ」などテーマにした作品です。このゲームは大きな感動と、そして今あなたの心にない「何か」をくれるでしょう・・・。
 ストーリー、音楽、演出は神の領域。グラフィックやシステムもかなりいいです。詳しく言うと・・・

ストーリー…どれもいいですがSF編やクンフー編の涙をさそうかんじや、現代編や近未来編の熱い展開、そしてなんといっても中世編、最終編の「あれ」が・・・。

音楽…下村陽子=神作曲家です。このゲームの音楽で微妙なやつをさがせすほうが困難でしょう。特に「LIVE A LIVE」や「MEGAROMANIA」は最高、名曲?否、神曲です。

演出…各編のOPやボス戦への入りが素晴らしいです。音楽の入れ方やキャラの動きなどの演出が、ストーリーをより引き立てています。

グラフィック…戦闘時の敵、味方のグラフィックや背景などがよく書き込まれています。

システム…戦闘はチェッカーバトルといわれるシュミレーションRPGのような形式になっており、低レベルでも頭をつかえば強い敵にも勝てるようになっていますさらに、逃亡がかならず成功したり、技を使うのにコストがいらなかったり、戦闘が終わるとHPが全回復したりとストレスのたまらない工夫がされています。
他に特徴的なのがオムニバス形式のストーリーで、ストーリーごとにシステムに工夫がされています。たとえば原始編は大昔なので言葉がなく、コミュニケーションはすべてボディランゲージでとられています。他にもストーリーがほとんど無く、マップの代わりにストUやロックマンのように敵を選択して進める現代編や、逆に戦闘がミニゲームやボス戦しかなく、アドベンチャーのようにストーリーがメインのSF編などがあります。そしてその各編の主人公たちがせいぞろいして一緒に戦うのが最終編です。各主人公達には、それぞれ性格や性能に個性があり、特に戦闘時の性能は一見使いづらいキャラでも使い方しだいで活躍したりできるので、最強の組み合わせというのがなく、自分のお気に入りの主人公達でパーティを編成することができます。

 このゲームで良いのはなんといってもストーリー、そしてそれを引き立てる演出と音楽です。特に各編、中でも最終編のボス戦前後の流れ、そしてそこからのエンディングがいいです。

 なかでもラストバトルの後に流れる真のエンディングが最高です、・・・各編のメインテーマのメドレーが流れる中で主人公達は別々の場所、別々の時代にいる、だけどみんな朝日を見つめているんです・・・・・・、そしてそこから!!・・・・・・・・・・・・この先は自分の目で見てください。
 生きる時代は違くても、彼らが見ているのは同じ太陽なんですよね・・・。

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■