□■ top > SFC DATA > □■

クロノ・トリガー

RPG   1995年3月11日発売   スクウェア

・鳥山明、堀井雄二、坂口博信という夢の豪華スタッフによるゲーム。主人公クロノが、仲間達と共に時空間を超えて大冒険を繰り広げる。戦闘では、各キャラ毎の必殺技や魔法のほかに、複数の人数で2人技、3人技を使用できる。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

クロノ・トリガー エンディング別クリアの時期一覧

クロノ・トリガー 「運命の時へ…」での各サブイベント

クロノ・トリガー 1人技

クロノ・トリガー 2人技

クロノ・トリガー 3人技

クロノ・トリガー 特殊3人技と必要な石

クロノ・トリガー 「いろじかけ」で入手できるアイテム

クロノ・トリガー イオカ村交換品

クロノ・トリガー 封印の宝箱

クロノ・トリガー その他情報・Q&A

レビュー
PONPONさんのレビュー 投稿ありがとうございます

RPGの王道的な作品。物語、アクションの操作性、音楽などのバランスも良く、かなり楽しめた記憶があります。スクウェアの作品らしく、アイテムなどでファイナルファンタジーとの共通性があるものの、ストーリーはまったくの独自、一話完結型。6人の登場人物(最終的には7人になる)それぞれに個人的なエピソードがあり、時空を越えた場面転換と交錯する物語が特徴。個人的には、ドラクエやファイナルファンタジーより評価が上です。戦闘シーンでは、徐々に覚えていく合体技がなかなか効果的でした。
 確か一度ゲームをクリアした後、最強状態の能力とお金を持ったまま、もう一度最初からゲームを行なうことができる裏技があり、ストーリーを確認しつつ、やり残したイベントや取りそこねたアイテムを探すことができたはず...


サイレントソードマン+さんのレビュー 投稿ありがとうございます

>絵とキャラクター動画
聖剣伝説2・3 > クロノ
特にキャラクター動画は無駄に立ち振る舞いが大きい

>ストーリー
たぶんFFの4と同等かそれ以上

>シナリオ
少ない
マップが、多く存在していても、その中身自体が希薄。世界を旅しているという感覚にならない
ほとんどが乗り物か、タイムジャンプで機械的過ぎる
ボリュームは少ない←これが、しっかりあれば名作

>イベント
子供じみた演出が多いのが良くない
ロボとかのイベントは取ってつけた様なのばかりで見るに値しない
カエルのストーリーは泣ける

>メロディー
くわしくは知らないが、この方の楽曲は素晴らしい
vジャンプの読者全員サービスの開発映像のビデオを持っていたが、原曲(スーファミ音源に合わせる前の制約の無い楽曲)を聴いたことがある。そっちの方が断然良かったのを覚えている
ハルバードのテーマや、随所で流れる、カエルの回想シーンのテーマなどは本当に心打たれる

>クリア後のお楽しみ
私はこういうものに否定的な立場だ
コンプは単純作業の繰り返しだし、めんどくさいし(途中でエンディングコンプを諦めた)、何よりその容量があるのなら、本編に回して欲しい


怪盗Qさんのレビュー 投稿ありがとうございます

かなりいいゲーム

画像
まあまあ

戦闘
とてもいい。本来なら画面が切り替わって戦うところをそのままの画面でたたかうのがよかった
戦略性もありゲームを進めていくと二人技、三人技というような強力な技も登場する。
装備、パーティーなどをどう組むかでも強さは大きく変わってくる。
ボスも戦いがいがあってとてもよかった

物語
時空を超えての戦いはとてもよかった。キャラの個性も出ていて、(主人公はしゃべらないがそっちの方が他のキャラの個性がより出ていいと思う)お気に入りのキャラなんかも出てくるだろう。ストーリーはかなり良いと思う。

クリア後
強くてニューゲーム というのがある。
前のデータの強さのまま初めからと言うものだ。
コレはまあまあ。
ラスボスをたおすとレベルを99まで上げたくなるところだが、そこまで上げることができない(そこらへんに出てくる敵が弱すぎ)のが少し残念。

*このゲームは今ならオークションか何かで安く売っているので、ぜひプレイしてみて下さい(スーファミがまだ作動するなら)

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■