□■ top > SFC DATA > □■

がんばれゴエモン きらきら道中

アクション   1995年12月22日発売   コナミ
・ゴエモンシリーズ第4弾。惑星インパクトを救うため、宇宙を舞台にゴエモンと仲間が大暴れする。登場する4人のキャラは武器や特殊能力が違い、各自の技を駆使してステージを進んでいく。キャラの掛け声には声優を起用。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

がんばれゴエモン きらきら道中 情報、Q&A

レビュー
いまさらSFCにハマってますさんのレビュー 投稿ありがとうございます

ゴエモンは大好きなのですが、これはプレイした事なかったので購入。
本当難しいですよね・・・、やはりSFC特有なのか2Pモードでは処理落ち
激しいです。サッカーに乗って飛ばされていく面があるのですが、一人が画面外に落ちてしまうと、一人がちゃんとプレイしていても何故か一緒に落ちます。

私はアクションが下手なのでもう少しレベル低くしてほしかったな。


懐古ゲーマーさんのレビュー 投稿ありがとうございます

SFCゴエモンの4作目。
通常のアクションステージや町の仕様は”2”に近いが、4人、別々の惑星を攻略していき全員クリアすると最終ステージである惑星インパクトへ向かうオムニバス形式なのが特徴。
今までのシリーズの様に、一本道のシナリオではなく、好きな順番で攻略して行ける点は初の試み。

総合的に見て難易度はやや高い。
穴や即死するポイントが多く、敵もいやらしい位置に配置されている事が多い。
同時プレイ時に強制スクロールで片方のプレイヤーが落ちると、そのままスクロールに釣られて落ちる事もある。
こういう状況対策のため(?)ひょうたん化を3から削除しなかった点は大きい。

もう一つ難易度を上げている要因として、ボス戦が全てミニゲームなのだが、このミニゲームが曲者。
ほとんどがAボタンとBボタンを交互に素早く連打できるかが大きなポイントになっているので、連打が苦手な方には結構、厳しいかも…。

前作シリーズと比較するとステージ数が少なく、ボス戦がミニゲームで”敵と殴りあうバトルシーン”が少ないためボリューム不足感は否めない。
(最も、敵はスポーツをモチーフにした集団なので殴り合うのも可笑しいがw)
しかしグラフィック、BGM、ボイス有りとクオリティ事態は十分高い。
エンディングは必見!

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■