□■ top > SFC DATA > □■

描いて・作って・遊べる デザエモン

シューティング作成   1994年9月20日発売   アテナ
・自機や敵機、ステージ構成、ボスキャラなどをプレイヤー自身が描いて作れるゲーム作成ツール。簡単な操作で、誰でもシューティングゲームが作れる。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

描いて・作って・遊べる デザエモン 情報

レビュー
忍者さんのレビュー 投稿ありがとうございます

シューティングゲームを作るゲーム、「デザエモン」のスーパーファミコンバージョンです。

タイトルのとおり、自機、タイトル、背景、敵キャラ、アイテムなどを全て自分で描くことが出来ます。
そして敵を配置し、音楽を作って遊ぶ…と、かなりオリジナルなゲームが作れます。

確かに背景を描いたりするのには時間がかかるし失敗したりもしますが、サンプルをそのまま使ってもいいし、慣れれば結構それなりのものが描けます。
敵キャラとして「逃げ惑う人」や「雲」を描いて配置して、効果として使ってみたり、グラフィックなしの敵をつくってアイテムを出すように設定すれば、「何も無いところを撃って隠しアイテム」なんてことも出来ます。
ただしその際、アタリ判定が無い様設定しないと何も無い所で時機がやられたりしますがね(笑)

そしてこのゲーム、音楽がすごく作りやすいです。
音楽に関する知識が無くても、アイコン表示で全てが分かりやすく、どの音をどこに配置するかを決めて、あとは「リズム君」「ニッコリ君」というのを操作して曲調を自由に変化させる、と、これだけでかなり本格的な音楽が作れます。
音符16個置ける小節が16個で一曲っていうのはかなり短いと思いますが、作るのはシューティングですからこんなもんです。
もちろん、サンプルも用意されています。

ゲームの仕様は縦シューティングで、敵が出すアイテムは順番が決まっており、変えられません。
(スピード→ボム→武器レベルアップアイテム…みたいな感じで)
どの敵がアイテムを出すかを決めるのです。
武器の種類はバルカン、レーザー、ミサイルの三種類、レベルは0〜3の4段階です。
1回当たるとやられますが、シールドアイテムで1回防げます。
…と、こんな感じです。

結構好きな事が出来る上、バックアップが強くデータ破損に強いゲームです。
完全オリジナルのシューティングゲームを目指してみたり、どうですか?

因みに64版で、「デザエモン3D」てのが出てます。

それでは!

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■