□■ top > SFC DATA > □■

プリンセスメーカー〜Legend of Another World〜

育成シミュレーション   1995年12月15日発売    タカラ
・パソコンで大人気の育成シミュレーションの移植版。10歳の少女に、18歳になるまでに語学や料理などの各種教育をして、立派に育て上げることが目的。女の子のグラフィックはオリジナルのものに変更されている。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報

プリンセスメーカー〜Legend of Another World〜 情報

レビュー
アスファルト太郎さんのレビュー 投稿ありがとうございます

このゲームは主人公がある一人の訳ありの少女の父親(プリメ5では母親も選択できる)となって、立派なプリンセスになるために10〜18才の8年間に渡り鍛え上げ、自分の娘として育てていくものです。
基本として、1ヶ月間のスケジュールを月の頭に、習い事やアルバイト、休息などのコマンドの中から選んで決めるのですが、様々な能力を上げるための習い事にはお金が掛かります。なので、そのための費用として娘にバイトをさせなければなりません。
しかし、心配はご無用。8年間という長い期間なので地道に育てればうまくいきます。そして19才の誕生日、運命の日が…
エンディングは職業・その後の功績・結婚の3つの要素からできています。

●「職業」
 何種類かあります。全部見るのは大変かもしれませんが、中には頑張って全部見たという方もいます。画家、戦士、女王、魔族の王?などがあります。

●「功績」
 職業での働きぶりです。ただ単に良いか悪いかだけです。

●「結婚」
 誰と結婚するか、ということです。王子や一般人との結婚が普通ですが、中には執事との結婚も。(結婚すらできないというか、しない場合もあり)

 しかし、「今まで大事に育ててきた少女が誰かの嫁として嫁いでいくのは、何か物寂しい…。」と思うのは僕だけでしょうか。たかがゲーム上の話とは言っても、「お父さん、今までありがとう。」だけではあまりにもそっけない感じがして嫌なのですが。
 コレ、実は、少女と一緒にバカンスに行ったり、なるべく多く話し掛けたりすると何らかの変化が起きます。すると、隠しパラメーターが上昇し、なんとエンディングで「主人公と少女」の結婚もできます。

まあ、長々と色々書いてしまいましたが(稚拙な文章でスミマセン)結論を言うと、グラフィックが比較的綺麗なので、一回くらいやってみては、ということです。

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■