□■ top > SFC DATA > □■

ファーランドストーリー2

シミュレーション   1995年12月22日発売    バンプレスト
・パソコンの人気シリーズをオリジナルシナリオで移植。世界設定はスーパーファミコン版の前作から20年後の世界。シナリオに沿って1つ1つのステージをクリアし、仲間を増やしていく。また、キャラは経験値によってレベルアップする。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報
レビュー
AKMachineさんのレビュー 投稿ありがとうございます

もともと「1」がPC98の作品で、そういえばセガサターンやプレステでもシリーズが発売されていたんだから、結構人気なシリーズだったと思われる・・・が、

明らかに1よりクオリティが低い。

ステージ数は同じ。
「破亡の舞」と呼ばれる舞の踊り手であるヒロインとその恋人(主人公)が、踊りの力を利用しようと企む悪の手先から逃げる、というオープニング。
間もなく知り合いの獣人が仲間になる。どんな関係だ。

前作同様敵に血縁がいるのは勿論、今回の主人公は記憶喪失にもなる。

システムもそれほど変わりは無いが、前作よりもフォントが大きくなった。
大きくなったのはありがたいが、ウィンドウが小さくなった。
セリフが多くなるとテンポが悪い。

舞台が「1」の20年後なので、引き継いで登場するキャラもいる。
一部は飛びぬけて強いキャラとして戦ってくれるのだが、女性キャラ含め全員40歳手前になるのが、なんとも切ない。
なかには囚われの身になっていて、主人公達に救出されるだけのキャラもいる。

メガネっ娘が関西弁をしゃべるのは、もう、なんていうか、このジャンルでは珍しいあざとさである。
彼女と男性キャラの一人が、エンディングで脈絡無くくっつくのは、続編への軌跡だったんだろうか。

キャラグラフィックは悪くは無いものの、一人だけ口の形が▽なのが気になる。
もう少し緊張感を持っていただきたい。

音楽は・・・「1」の方が雰囲気の良い曲が多かったかな・・・。

難易度がけっこう上がっているので、前作からやりましょう。


ああああさんのレビュー 投稿ありがとうございます

AKMachineさんのレビューに補足させてもらう形で具体的な1からの劣化点を

まず一番気になったのはキャラにカーソルを合わせてもHPが表示されなくなり、ステータス画面を一人ずつ見る必要があるようになったこと。1ではカーソルを合わせただけで下にHPが表示されていた。
続編で余計な要素を付けるのはよくある話だが、何故1にあった機能を削除したのか疑問。

敵が変に強い(味方が弱い?)。レベル10の味方がレベル5の敵に一撃で殺されたりする。結構レベル上げたつもりの主人公でも2.3発連続で攻撃されるとすぐ死ぬ。
また回避がやたら多く、いわゆる斧使いの鈍足キャラの攻撃などはまじんのオノでも使ってるのかと思うほど外れる。
中盤で主人公の兄弟子である剣士が出てくるが、こいつの回避率が異常で、主人公を含む物理攻撃系キャラの攻撃がほとんど当たらない。しかしこいつ自身は遠距離攻撃ができず、また移動もしないため、逆に遠距離から魔法で攻撃できるキャラには何もできずにフルボッコにされる。挙句そうやって倒されたあとに吐く台詞が「腕を挙げたな・・・リアド(主人公)」。正直失笑もの。
ゲーム全体のやりたかったことに対して敵のステータス等の設定がガバガバなのは火を見るより明らか。
こういった敵の強さ・味方の弱さに対するストレスは1にはなかった。かといって1の難易度が低くてつまらなかったわけではない。

戦闘シーンも若干3DCGっぽくなっており、造形に違和感のあるキャラも。1のデフォルメされたアニメチックな可愛さがあまりなくなっている。また敵味方含め攻撃する前に無駄なモーションが多く、テンポもやけに悪い。テンポの良かった1をプレイした後だと尚のこと「いいから早く攻撃しろよ」と思うこと請け合い。

AKMachineさんも言ってるが、口の形が▽で常に笑っている顔グラの女性キャラが出てくるが、その女の初登場台詞が敵に襲われて「キャーたすけてー」。表示されている顔グラが笑顔なので最初見たときはそういうふざけたキャラなのかと思った。
また男勝りで少々乱暴な口調の女の子が出てくるが、その顔グラもあまり男勝りっぽくなく、むしろクールで落ち着いた印象。

前作からのキャラである「おゆきちゃん」という雪の精霊が登場したとき、同じく前作からのキャラであるカイが「おゆきちゃんじゃないか」「20年前ともに戦ったのです」と懐かしむ台詞を言うのだが、1のストーリー上カイとおゆきちゃんはパーティ加入脱退時期の関係ですれ違っており、ともに戦うどころか会ったこともない。雪の精霊という設定から考えてその後知り合ったという解釈にも無理がある。
ドカティが言うなら辻褄が合ったのに・・・。

1に出てきたランティアの息子であるケイリナスの弱さにイラついていたが、よく考えると1でもランティアの弱さにイラついていたので、これはある意味前作を踏襲したうなずける設定と言えなくもない。

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■