□■ top > SFC DATA > □■

ヘラクレスの栄光V 神々の沈黙

RPG   1992年4月24日発売   データイースト
・ギリシャ神話の世界を舞台にした、シリーズ第3弾。神々しか持てぬはずの不死の能力を持つ主人公が、失われた記憶を求めて、冥界、天界までをも旅する。パーティの入れ替わりが多い。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報
レビュー
かりうさんのレビュー 投稿ありがとうございます

とても好きなシリーズなので是非オススメしたいゲームの一つ。

[ストーリーについて]
ヘラクレスシリーズに言えるのは完成度の高いシナリオ、ストーリー。もちろん3もそれの内に含まれ、神話という話を舞台にしながらも決して難解すぎず、その旅の中で神話から離れた色々なドラマをも演出してくれている。
主人公は記憶をなくした青年で、宿屋などに泊まると時折見ることのできる謎の夢に現れる土地を目指して旅をすることになる。同じ夢を見る仲間、レイオンやステイアなどの仲間も個性的だ。夢に出てくる場所はかなり後半にならないと判明せず、それまでどんどんストーリーを追う事になりそれがまた楽しい。そして、最後の大どんでん返しは誰も予想できないほど。

[システムなどについて]
主人公や仲間には得意武器という項目があり、各地にいるそれぞれの師匠にそれを教わる事で追加されていく(最大3つ)。得意武器を装備しての攻撃のほうがもちろん威力も命中率もアップし、剣や槍などの中からプレイヤーの好きな武器を好きなキャラ専用装備として覚えさせて行くのがなかなか面白い。

[音楽などについて]
SFCの音源ではなかなか秀逸な出来栄えだと思う。神話の世界にぴったりとした曲が数多く、フィールド曲やギリシアの国々などの曲も味わい深い曲調が印象的。

[個人的感想]
重すぎず暗すぎず、時にはジョークも軽く織り交ぜてはあるが、特にストーリー重視な人にはとてもオススメなゲーム。神話はただの舞台設定に過ぎず、その上で展開されるシナリオ、ストーリーはまた別の面を見せてくれる。

90点(100点満点)


はむタロウさんのレビュー 投稿ありがとうございます

いわゆるフロントビュー形式(ドラクエタイプ)のRPGです。
T、Uはファミコンです。良い味出していて個人的には好きですが、名作とまでは言えませんでした。
Vは私の記憶が正しければ、ファイナルファンタジーZのストーリーを手掛けた人が物語りを作っていたと思います。
ストーリー展開は逸品です。序盤は目新しいものを感じないかもしれませんが、徐々に奥深さ、読めない展開に引き込まれるのではないかと思います。
味方のキャラもとても良い味出ています^^
Wも出ていますが、Vのインパクトが強すぎて…。

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■